トラベルライター・旅行関連広告主様募集中

留学のお供にクレジットカードは必須|選び方と注意点を解説

海外に行く時は、できるかぎり荷物は軽くしていきたいものです。特に留学のように滞在が長期間に及ぶ場合、現金だけで過ごそうとすると大金が必要になって持ち運びが大変です。もちろん、防犯上も心配でしょう。

そこで活躍するのがクレジットカードです。海外では通用度も高く、特に留学においては「なくてはならない必須アイテム」ということができます。

今回は、「留学に持っていくクレジットカードの選び方」「使う時の注意点」にスポットをあてて紹介します。

留学中のお金の管理|クレジットカード以外にも選択肢はある

留学中にお金を管理する方法としては、「現金」や「クレジットカード」が考えられます。しかし、それだけではありません。お金の管理方法の全体像を把握していると、効率よく管理を行うことができます。

ここでは、留学における「お金を管理する手段」を見ていきましょう。

現金

もっともポピュラーな方法です。日本国内、あるいは現地に着いてから日本円を現地通貨に両替をします。

大切なことは、「必要最小限より多い現金はもたない」ということです。理由としては「両替手数料がかかって損をする」「盗難の危険がある」などが挙げられます。

現金が全て盗難に遭うと留学が続けられない場合があるため、特に注意が必要です。複数の場所に分散して保管することでリスクを回避しましょう。

日本からの送金

現地の銀行に口座を開設し、日本の銀行口座から送金してもらう方法です。

口座間の移動のため防犯上のリスクもなく、足りなくなったら補充できるため留学に安心感が加わります。

ただし、海外送金の手数料は高額になることが一般的です。何回も頻繁に行うと財産が目減りするため、「イザという時」の切り札として使うのが良いでしょう。

プリペイドカード

あらかじめカードに入金した金額だけ使うことができる方法です。カード決済だけでなく、ATMで現金を下ろすこともできます。

使いすぎる心配がないため、「クレジットカードだと支払いすぎないか心配」という方にはメリットがあります。盗難に遭ったとしても入金された金額しか被害に遭わないことからリスク軽減にもつながります。

ただし、クレジットカードのようなキャッシング機能や海外旅行保険はありません。補助としての使い方がメインになるでしょう。

デビットカード

使った分の金額を、銀行口座から即座に引き落とす方法です。クレジットカードのように後日の引き落としにならないため、口座にある金額までしか使うことができません。

使いすぎることがないメリットから、愛好する方も多い方法です。

ただし、即時決済のみに対応するため「分割払いには対応できない」点には注意が必要です。

クレジットカード

キャッシュレス決済における代表的な方法です。

VISAやマスターカードといった国際的なブランドの他、JCBなど日本発のブランドなど様々なカードがあります。

サイン1つで気軽に買い物ができるほか、口座の残高に左右されずに支払いができるために非常に重宝します。

「どうしても支払いが必要」という万が一の事態のために、持っておくことをおすすめします。

留学で現金よりもクレジットカードをおすすめする理由

紹介したように、お金を管理する方法は現金以外にもさまざまな手段があります。

デビットカードも有効な方法ですが、もっともおすすめできるのは「クレジットカード」です。

なぜ留学にクレジットカードをおすすめするのか、その理由を解説します。

キャッシングで現金を用意できる

「キャッシング」とは、あらかじめ設定した金額を限度に現金を用意(借りる)できる仕組みのことです。

カードを作った当初に設定をしていなくても、あとから申込んでキャッシング枠を設定することもできます。

現金が底をついたとしても現金を用意できるため、「万が一のための最終手段」として設定しておくと安心できます。

支払いの選択肢が増える

現金だけを持ち歩くより、現金とクレジットカードに分けたほうが支払いの選択肢が増えます。高額の支払いをクレジットカードに一本化することで、持ち運ぶ現金を少なくすることも可能です。

ポイントがたまってお得

クレジットカードには、現金と違って「支払った金額に応じてポイントが貯まる」という仕組みがあります。

カードによってポイントの種類はさまざまですが、インターネットの通販サイトで使えるポイントや、中には「マイル」が貯まるカードもあります。

長期で滞在する海外留学の場合、支払いをカードにすることで数千~数万ポイント貯めることも不可能ではありません。

お金がない時の支払いに使える

クレジットカードは、銀行口座の残高がなくても支払うことができます。例えば、うっかり現金を切らした時にレストランを利用した時でも、クレジットカードであれば支払いが可能です。

海外ではカード払いが一般的

特にアメリカやヨーロッパなどでは、現金よりもカードでの支払いが一般的です。クレジットカードなら支払いも一瞬であり、店舗側としても現金を受け渡す手間がないためよく利用されます。

国や地域によっては「現金で支払うと嫌な顔をされる」という経験をすることさえあるでしょう。

留学におけるクレジットカードの選び方

クレジットカードは非常に種類が多く、1枚を選ぶのは大変な作業です。ここでは、効率的にクレジットカード選びをするためのポイントを紹介します。

国際的なブランドを選ぶ

クレジットカードの世界において国際的な2大ブランドと言えば「VISA」と「マスターカード」です。この2つのどちらかを持っていれば、世界のどこに行っても支払いに困ることはありません。

一方、それ以外のブランドの場合は未対応の場合があるため、留学においてはおすすめしません。

年会費が安いものを選ぶ

クレジットカードのサービスは千差万別であり、中には年会費が必要な場合もあります。

年間で数千円だとしても長く持つほど金額が大きくなります。できるだけ年会費が小さいもの、できれば無料のクレジットカードを持つことをおすすめします。

手数料が安いものを選ぶ

一括払いだけでクレジットカードを利用する分には、手数料がかかることはありません。ただし、分割払いやリボ払いをした時はかかることがあります。

「一括払いしか使わない」という人には関係ありませんが、万が一のために手数料を確認し、納得した上で利用すると良いでしょう。

ポイント還元率が高いものを選ぶ

クレジットカードによってポイント還元率はさまざまです。100円につき1ポイント付くのと2ポイント付くのでは、2倍の開きがあります。

なるべくポイントを貯めたいのであれば、もちろん2ポイントが付いた方が有利です。

ただし、貯まったポイントを使う場所が少ないと不便です。ポイントの高さだけでなく、ポイントの通用度も加味して検討します。

キャッシング機能が付いたものを選ぶ

現金を用意することができるキャッシング機能ですが、付いていないクレジットカードも多くあります。

万が一のために利用する可能性がある場合は、キャッシング機能ありのクレジットカードを用意しましょう。

留学中にクレジットカードを使う時の注意点

クレジットカードを利用する時も、いくつかの注意点があります。快適に留学生活を満喫するために、これから解説することを覚えておきましょう。

最低でも2枚は作る

2大ブランドであるVISAとマスターカードですが、実は「VISAしか取り扱わない」「マスターカードしか取り扱わない」という店舗も存在します。

支払いが確実にできるように、両方のカードを持っていくと安心です。

海外旅行保険の内容を確認する

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯するものがあります。万が一事故に巻き込まれた時に、クレジットカードにがあれば保険を利用することが可能です。

ただし、補償の内容はクレジットカードによってさまざまです。渡航前に補償内容を確認し、過不足がない事を確認したうえで留学に臨みましょう。

留学中にクレジットカードを紛失した時の手続き方法

万が一、クレジットカードを紛失した場合は、すぐに「カード会社に連絡」してください。そこでカードの停止・再発行の手続きを進めることになります。

海外には、専用の受付デスクが用意されていることもあるため、留学前の確認が必須です。

まとめ

今回は、海外留学にクレジットカードをおすすめする理由と、使う際の注意点を紹介しました。

盗難リスクがある一方、正しく使えば快適な留学ライフが実現します。

ご自身に合ったクレジットカードを選んで、海外留学をエンジョイしてください。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー