海外赴任の準備はOK?出発するまでにするべきことをまとめました

海外赴任の辞令を突然命じられてしまったら、どのような準備していけばいいのでしょうか。予期せぬ辞令を自分が受けてしまったら、仕事のこと以外にどんな準備をして何を揃えたらいいのか分からなくなってしまうものです。国内の転勤とは違い、何か足りないものがあったり手続き不足だったりするとすぐには解決できないこともたくさん出てくるのが海外赴任です。そこで海外赴任を命じられてから出発までにするべきことをリストアップしていきます。参考にしてみてください。

海外赴任の準備チェックリスト生活編

海外赴任が決まったら、海外での生活になるわけですから、赴任先の国についての情報はもちろんのこと、生活するために必要なことを準備していく必要があります。できるだけ早く始めておくことで、安心して出発できますし、仕事にも集中できます。ここでは、海外赴任の準備として日本にいる間にチェックしておきたいことについて必要なリストを挙げていきます。参考にしてみてください。

海外赴任の準備に必要な引っ越しの計画

最初に取り掛かっておいた方がいい事柄が、海外赴任に伴う引っ越しの準備です。海外に引越しとなると、どの荷物を赴任先に持っていくのかも慎重に見極めなければなりません。まず引越し業者を決めて、計画を立てていくといいでしょう。送る荷物を航空便にするか、船便にするかを決めたり、それに合わせてパッキングを始めていき荷物を仕分けしていきます。また、荷物を輸送する際に必要な税関に関する書類を集めたりする必要もあります。引越し業者とも相談しながら進めていきましょう。そして、海外の引っ越し先に荷物を送ってから実際に移動する日までの生活方法も考慮しておきます。

これらのことを出発前の短い間に行うことになるので、計画をしっかり立てて順を追って進めていくことが大切です。引っ越しのメドが立つ事で気持ち的にも安心できるでしょう。また、車の処分についても準備を進めていきます。車を置いておくのか売却をするのか、それによって業者に聞いたり情報を集める必要があります。さらに住宅の手続きについても同様です。それには、自宅を空き家にして管理する方法や、海外赴任中に賃貸契約をするまたは処分するという方法があります。よく情報を集めて検討する必要があるので、早めに取り掛かった方がいいでしょう。

海外赴任の準備に必要なパスポートやビザの取得

海外赴任が決まったら、まずパスポートの取得、チェックが必要になります。パスポートをもっている場合は有効期限をチェックしておきましょう。始めてパスポートを取得するという場合は、一般旅行券発給申請書をはじめ、必要書類を揃えて申請します。申請してから取得するまで1週間から10 日間はみておく必要があるので、早めに準備をしておきましょう。

また、渡航先の国や目的、滞在期間などによって、ビザを取得する必要があります。ビザの取得にも、渡航先の国によって必要書類が異なるので、こちらも早めに取り組む必要があります。ビザの取得については、勤務先で手配してくれることが多いのでチェックしておきましょう。

海外赴任の準備に必要な家族の準備事項

海外赴任に伴い、家族が一緒に行く場合は、あらかじめ家族の生活面についてもあらかじめ調べ手配しておく必要があります。家族にとっても大きな生活の変化を迎えることになるのが海外赴任です。安心して生活できるように早めに準備をしていきましょう。

海外赴任の準備に必要なお子さんの学校探し

お子さんがいる場合は、赴任先の学校選びが必要になります。現地日本人学校、インターナショナルスクール、現地校というのが一般的な選択です。帰国後の進路も考えながら選ぶこともポイントになります。どんな学校があるのかを調べてみて、お子さんにとって将来的な面も考えて判断することが大切です。

海外赴任の準備に必要な健康管理

海外赴任が決まると現地の衛生状態や、感染症などの病気により、予防接種が必要なことがあります。渡航先の情報をみた上で、医師と相談の上、予防接種などの対策を行っていきます。一般の医療機関、またはトラベルクリニックを利用するといいでしょう。また、虫歯の治療や歯の検診、健康診断も行い、健康をチェックしてから渡航するようにすることが大切です。

海外赴任の準備に必要なお金の管理

赴任先でも大切になるのがお金です。現地の通貨への両替はもちろんですが、クレジットカードについても、使わないカードは解約したり整理もしておきましょう。その際は、家族カードを作るようにすると便利です。また、銀行口座、生命保険、医療保険、火災保険のチェック、または解約など必要に応じて手続きをしていきます。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


海外赴任の準備に必要な赴任先の情報収集

海外赴任をするに当たって赴任先の情報をあらかじめ知っておくことも必要です。日本ほどの安全性、利便性そして快適な環境とは限らない海外生活になるので、家族で安心して住み、生活ができるように環境、生活習慣、治安などの情報をあらかじめ集めておきましょう。特に赴任先の治安や政情についてあらかじめ情報を収集しておくことで、どんな国なのかがわかってきます。また家族で生活していく上で必要な情報として、病院、銀行、郵便局、ネット情報、スーパーマーケットなど、生活に必要なこれらの情報や場所の理解も安心感と生活を便利にそして快適にすることができる要素になります。住居を決める際もこれらの立地を条件に探していくといいでしょう。

海外赴任の準備に会社側に確認する事項

海外赴任をするにあたって、会社側と相談しながら手続きを行うものも出てきます。会社側の方針にも則り、確実にこなしておくようにしましょう。そこで、海外赴任の準備のために会社側と確認しておく必要があることをご紹介いたします。会社に任せきりにせず、自分もしっかりチェックしながら進めていきましょう。

海外赴任の準備に必要な各種書類の準備

海外赴任をするにあたって、会社を通じて、手続きを進めていく事柄があります。厚生年金、健康保険の解約、そして海外赴任者用の各種保険の手続きをします。海外での怪我や、病気、病院にかかることもないとは言えないので、保険の種類や金額などをチェックした上で、万全な手続きをしておくようにしましょう。そして出発までに国内での自分の業務の引き継ぎをすることも大切です。海外赴任の準備を進めながらの引き継ぎ業務をするのは大変な負担になりますが、こちらも早めに始めることによって、スムーズにを引き継ぐことが可能になりますし、引き継ぐ側も安心感を持ってもらえます。

海外赴任の準備に必要な語学研修

海外赴任の前に、語学学習を受けておくと安心です。現地での生活で一番大切で、時には悩まされるのが言葉です。あらかじめ少しでもなれるように学んでいくことで、言語を学ぶとともに、現地の習慣も学べます。会社によって、赴任者に必要な言語のレッスンを受ける機会を提供しているところが多いので、積極的に受けて、赴任するまでの期間を有効に使っていきましょう。

まとめ

海外赴任が決まってから渡航までは、時間があると思っていても意外にあっという間です。そしてあらかじめ決めたり手続きをしなければならないことがたくさんあります。早めに準備を始めて、問題点、不安点がないようにしておきましょう。自分だけでなく、家族が一緒に行く場合は家族にとっても大きな出来事であり心配や不安も多いものです。全員が快適に、そして有意義な生活を送れるように準備を進めていきましょう。

 

カテゴリー