憧れの海外移住を実現させる|絶対に移住したい人におすすめの方法5選

海外に移住したいけど、どのような方法があるのか分からないという人もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、「海外移住ができる方法」として、ビザを取得するための5つの方法を紹介しています。また、「最もおすすめの移住方法は何なのか」に加え、就労ビザに頼らずに海外に移住する方法も併せて紹介します。

 

紹介する方法を、海外移住に向けての準備の参考にしてみて下さい。

海外移住ができる方法5選

instagram-image

acc_perth

移住とは「日本の居住環境を引き払い、海外に生活の軸を移して生活すること」を指します。失敗した時にリスクの高い方法でもあるため、今回は「ロングステイ(日本に資産を残したまま長期滞在する)」も含めたオススメの方法を紹介します。

ワーキングホリデービザを利用する

ワーキングホリデービザとは、18~30歳の若年世代に与えられるビザのことです。オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、アイルランドなどワーキングホリデーの協定を結んだ国に最長で1年間滞在することができます。

1年間と言う上限はあるものの、語学学校に通ったり、働いたりすることが可能です。

そして、ワーキングホリデーでの就労実績によって現地で就職できたり、永住権を得たりすることもできます。「就労ビザ」に切り替えて1年経過後も住み続けることもできます。

ワーキングホリデー自体は1年と言う期間限定のため、「やっぱり日本が良い」と思った時に帰ってこられる選択肢が用意されている点が魅力です。

一方、30歳を超えた人は申し込みができず、年齢要件が合っても仕事を辞める必要があるなど、現実的な取得が難しいビザでもあります。

学生ビザで留学をする

学生であれば、「学生ビザ」を使って海外に留学する方法もあります。こちらも期間限定ではありますが、海外の生活を間近で見るには良い方法です。

勉強用のビザのため就職はできませんが、国によっては短時間の就労(アルバイト)ならOKという国もあります。

更に「卒業後に在学と同じ期間だけ働ける」という規定を設けた国もあります。3年留学したら卒業後に3年間は就労ビザを取得できるのです。この間に現地で就職する、という選択肢もあります。

海外勤務アリの日本企業に就職する

もっとも低リスク、かつ確実に海外に行く方法が「海外勤務アリの日本企業に就職する」という方法です。

新卒であれば「やる気」や「将来性」で就職することが可能なため、留学経験が無くても就職できるチャンスがあります。転職組であっても英語力などの実績をアピールスすれば可能でしょう。

海外勤務にあたっての手続きを会社がフォローしてくれるため失敗しにくい点が大きなメリットです。また、会社によっては衣食住をサポートしてくれるため、自分だけで海外に出るよりは早く生活基盤が手に入ります。

欠点としては「希望通り海外に行けるは分からない」点でしょう。入社直後は研修で国内に配置されるのが一般的であるほか、国内の部署に適性があると判断されれば、海外勤務にならない可能性もあります。

直接海外に就職する

留学やワーキングホリデーによる現地就職ではなく、直接海外企業への就職を狙うやり方です。

ただし、日本の企業で何年か働いただけで海外の現地企業に就職するのは至難の業です。まず「語学力」「コミュニケーション能力」の面で不採用になります。同じ年齢の日本人なら、留学で語学力を磨いた人を採用するのが普通だからです。

また、海外企業は日本のような「年功序列」「1人前になるまで3年は待つ」といった文化はありません。「英語力は働けばついてくる」「仕事は少しずつ覚える」という考えは一切通用しません。

単純にネイティブ並みの英語力が求められるほか、「雇えば企業のメリットになる」という明確な特殊技能が必要です。その最たる例が「現地の大学の卒業」になります。すでに「他を圧倒する特殊技能」がない場合は、結局は学校で勉強を重ねることが1番の近道になります。

フリーランスを選択する

フリーランスとは、会社や団体に所属せずに、自分の能力でお金を稼いでいる個人事業主や自営業者のことを言います。

フリーランスが手がける仕事は、webライターやプログラマー、バイヤーやブロガーなどさまざまです。共通点としては「パソコンが1台あれば、いつでもどこでも働ける」という点です。

そのため、日本になくてもクライアントと仕事ができます。日本でお金を稼いでいるなら、海外に移住しても問題なく収入が得られる点が魅力です。

さらに、「ライター」「バイヤー」の場合は、海外にいることで仕事の質が上がることがあります。ライターであれば、現地の生の情報を最速で記事にすることで執筆原稿のクオリティが上がりますし、バイヤーであれば日本にない海外独自の商品を買い付けることでビジネスチャンスを生み出すことができます。

欠点としては、「学校や会社のサポートが一切ない」点です。パソコンだけあれば全てが自分の裁量である一方、住居探しをはじめとした現地での手続きを全て自分で進めなければいけません。そもそもフリーランスとして生活できる技量が求められることから、難易度が高い方法です。

「海外勤務アリの日本企業」が最も現実的な移住方法

ここまで、海外に移住をする上での5つの選択肢を紹介しました。それぞれ大変なところがあり、「楽に海外に移住する方法」は1つもありません。

ただし、幅広い年代がチャレンジしやすいという意味では、「海外勤務アリの日本企業への就職」が最も現実的です。新卒であれば仮に英語力が低くてもポテンシャルで採用される可能性があり、英語力と留学経験を積めば30代以降に中途採用される可能性もあります。

海外渡航の費用や手続きを会社が持ってくれる点も、他の方法にはないメリットです。「全てを自分の力でやりたい!」という野望があれば別ですが、現実的にはもっともコスパの良い方法になります。

番外編:仕事を探さずに海外移住する方法2つ

instagram-image

hawaiiniijyuu

ここからは番外編として、「仕事を探さずに移住できる方法」として2つの方法を紹介します。いずれも仕事以上に難易度が高いため、よほどの条件が揃わない限りは利用できない方法です。

投資家ビザを取得する

投資家ビザとは、現地の不動産やプロジェクトに投資することで得られるビザのことです。条件は非常にシンプルで、「投資プロジェクトに参加する」だけです。

ただし、その「投資する金額」が非常に高額になります。比較的安価と言われるポルトガルのゴールデンビザでさえ35万ユーロ(約4,200万円)という大金がかかります。

人気のアメリカの投資永住権プログラムに至っては90万ドル(約1億円)という大金です。よほどの富豪でないかぎり、ビザの取得は難しいでしょう。

現地の配偶者を持つ

現地の国籍を持つ恋人を作り、結婚する方法です。お金も仕事も必要とせずに永住権を取得できる一方、もっとも「運」がからむ方法でもあります。

 

まとめ

今回は、海外に移住したい人に向けて、おすすめの仕事の探し方を5つ紹介してきました。

仕事を考えずに移住するなら「現地の国籍の配偶者を持つ」というのが最も確実ですが、仕事を探す以上に現実的ではありません。自分で海外に移住したいと考えるのであれば、何らかの「働く手段」が必要になります。

「海外勤務アリの日本企業に就職する」という方法であれば年齢要件も幅広く、リスクが最も低い方法です。そういった企業に就職できるように、まずは英語の腕を磨いて企業を探すことから始めてみて下さい。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー