憧れの海外の長期滞在を現実にするための方法とおすすめの国

海外の長期滞在を考えているけれど、決めかねているという場合の大きな要素として金銭面があげられます。長期滞在をする場合、まず一番に考慮すべきことと言えます。どのくらいの期間の滞在になるのか、そしてどんな国に滞在するかにもよりますし、ステイする施設によってだいぶ変わってきます。また、生活をする上でかかってくる現地での食生活の管理やそのほか諸々の諸経費も考慮しておかなければなりません。長い間思い続けていた海外に長期で滞在したという思いを実現させるために、どれくらいの滞在費用がかかるのか、また資金面の管理をしっかりと行う事が大切なポイントになります。

海外の長期滞在でかかる費用とお金の管理

実際に海外で長期滞在をするとなるとどれくらいの費用を必要とするのかというのは、行く国の物価によります。実際にどんなものにお金がかかるのかをチェックしておきましょう。そして現地で滞在中に使うお金についての管理方法もあらかじめ把握し、手続きをしておくことで滞在をスムーズにする事ができます。

海外の長期滞在でかかるお金の割合

海外に長期対峙をする場合、できるだけ費用を抑えて楽しみたいというのは誰もが思うものです。どんなものにお金がかかるのかということになりますが、はじめに考慮しておきたいのが宿泊代と言えます。住む場所、施設の内容にもよりますが、金額的に一番高額になるのが滞在です。予算に応じて選びたいところですが、費用をおさえたいからと言って、安さだけを求めた施設になると、治安や安全面で不安が残ります。安全に住めるところというのを最初に考えるところから探し始めましょう。そして次に意外にかかってしまうのが食費です。しかしこれはやりくりによってセーブする事が可能です。自炊をする機会を増やしたり、外食とのバランスをとることによって節約できます。また、外食ばかりだと、栄養にも偏りが出てしまうので、うまく調整しながら暮らしていけて、なおかつそれが健康にも、お金にも嬉しい結果になります。

海外の長期滞在にはデビットカードを使う

海外に長期滞在する上で、お金の管理についてどのような方法をとったらいいのかが心配事の一つでもありますが、管理方法としておすすめなのがデビットカードです。デビットカードは、クレジットカードに似た機能を持つものですが、クレジットカードとは違い、カードを使ったと同時に利用した金額が口座から引き落とされるというものです。デビットカードのメリットは、利用額を後に請求されるという形ではないので、お金の管理も簡単になり、使いすぎを防ぐ事ができます。海外旅行時に利用している方も多いお金の管理方法です。

海外の長期滞在でのお金の管理にクレジットカードを使う方法

通常利用しているクレジットカードを使うというのも一つの方法です。使い慣れている支払い方法として常にクレジットカードを利用している方は、新たに作る必要もないので便利です。ただし、先ほど触れたデビットカードと違い、後日に請求が来るので、気がつかないうちにたくさん使ってしまい高額な請求だったりすることもあり得ます。そのため、カードを使った金額、購入したもの、月日をメモしておくことをお勧めします。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

海外に長期滞在する際は銀行口座を現地の銀行で開設する

滞在が1年以上だったり、長期に及ぶときは、銀行口座を現地の銀行で開設するという方法もあります。現地で口座を開設することによって、現金をいつでも引き出す事ができます。海外のATMは、24時間オープンで手数料が無料というところが多いのが特徴です。ちょっとしたものは現金で払いたいという方にとって、便利で安心の方法と言えます。開設後にお金を送金する手間と、送金手数料がかかるというデメリットはありますが、長く滞在するほどに利用価値は高いと感じるはずです。

海外の長期滞在での滞在先

海外で長期間生活するために最初に確保しなければならないのが滞在先です。長期滞在の中で一番大きな割合になるのが居住費です。滞在する国の物価にもよりますが、滞在費用はどんな施設に滞在するかによって異なってきます。生活をするわけですから安ければいいというものでもありません。また、海外での生活となると治安面も含めてステイする場所も選ぶことが大切になります。どんな施設があるのか比較し、あらかじめ知っておいた上で自分にふさわしいところを最終的に決めるようにするといいでしょう。

コンドミニアムに滞在

長期滞在の一つの方法としてコンドミニアムがあります。コンドミニアムは、長期ステイをする方にとって都合の良い施設が部屋に揃っているので、実際長期で滞在する人によく利用されています。通常のコンドミニアムには、キッチンとリビングがついていて、料理をするためのキッチン用品も揃っています。長期滞在するなら食事は自炊をすることも多くなるでしょう。その意味でコンドミニアムが滞在先としての利用価値は高いです。また、施設により、洗濯機もついているところもあります。自炊をしたり、買い物をしたり現地の生活習慣を体感できる滞在先と言えます。

長期滞在はホテル

利便性ということを考えればホテルも長期の滞在に利用することができます。と言っても、キッチンがついていないことで外食中心になってしまうということと、そのことも含めて金額的に高騰になってしまうというデメリットがあります。ただし、ホテルによっては月極で価格を抑えて提供しているところもあるので、探すときのポイントとしてチェックしてみるといいでしょう。ホテルの滞在は、楽という利点はありますが、長期滞在という面では海外での生活感を感じられない、旅行の延長のような気分になってしまうこともあります。そのため2週間程度の滞在というのであればあり得る滞在先と言えるでしょう。

ホームステイも長期滞在先に

語学留学やワーキングホリデーで長期滞在をする場合よく利用されているのがホームステイです。現地の家庭に滞在し生活を共にしながら語学を学ぶこともできますし、生活習慣や文化など、様々なことを吸収する事ができる滞在スタイルになります。ホームステイをすることで飛躍的に英語が伸びるということも期待ができます。金額的にホテルの滞在よりは低額になりますが、食事代が含まれている事が多いので、外食をしたい時などはその分負担が増えてしまうというのがデメリットです。また家庭によって門限や様々なルールがあり生活感を感じることはできますが、自由が効かないということもあります。プライバシーが保てないということもあるので、性格的に向いているかどうかというのも考慮するときのポイントになります。

まとめ

海外の長期滞在を成功させるために時間も労力もかかるものです。特にお金の管理は、現地での生活を司る大切なものになるので、しっかりと自分に合った方法で管理していくことをおすすめします。日本とは事情が違うことはお金に限らず多々あるので、様々な情報を取り入れていきましょう。また、実際に海外の長期滞在をした経験がある方にアドバイスをもらうことも大切です。生きたレポートは何よりも参考になり、活用できます。そして有意義で充実した滞在を送れるように、準備は早めに行うことです。書類等の手続きは意外に時間を有します。人生においても一代事業の一つになりますし、慌てないためにも計画的に行っていくことによって、結果的にかけがえのない思い出にもなるはずです。

カテゴリー