海外旅行保険がついているセゾンカードはどれ?海外旅行に最適なセゾンカードについて徹底解説

セゾンカードは、百貨店の西武、スーパーマーケットの西友などで割引を受けられるカードとして知られています。それだけでなく、一部のカードは海外旅行に便利な提携サービスをお得に利用できるカードとして、旅慣れた人々の間で長く知られています。

海外旅行に便利なサービスの筆頭といえば、海外旅行保険です。今回は、たくさんあるセゾンカードのうち、海外旅行保険を利用できるカードとその補償内容、上手な利用方法について解説したいと思います。

セゾンカードに海外旅行保険はついているのか

セゾンカードには、海外旅行保険がついているものとそうでないものがあります。

海外旅行保険がついているのは、年会費がかかるカードのみ

一般的に、海外旅行保険を無料でできるカードは、カード年会費がかかると考えていたほうがよいでしょう。セゾンカードも、年会費無料のカードには海外旅行保険はついていません。

でも、普通カードの年会費なら、保険会社の海外旅行保険を1回利用するよりも安い金額なので、年に2回以上海外旅行する方なら、旅行のたびに海外旅行保険に加入するよりも、海外旅行保険がついているクレジットカードを1枚持ったほうが、金額的には断然お得です。

セゾンカードの海外旅行保険は「自動付帯」

なお、カード付帯の海外旅行保険には、旅行中の支払いにカードを利用しなくても保険だけ利用できる「自動付帯」と、旅行代金や交通費の支払いにカードを利用しなければ保険を利用できない「利用付帯」があります。

カードを持っているだけで海外旅行保険に加入したことになり、保険の加入費用がかからない「自動付帯」の保険がついているタイプのカードがおすすめということになりますが、セゾンカードのうち保険がついているカードの海外旅行保険は、すべて「自動付帯」です。



セゾンカードの海外旅行保険の補償は充実しているのか

クレジットカードの海外旅行保険は、ただ「ついているから安心」と補償内容を確認しない方も多いですが、イザというときに意外に補償内容が低くて役に立たないこともあります。

セゾンカードに付帯している海外旅行保険の補償は、安心な内容になっているのでしょうか?確認しておきましょう。

「死亡・後遺障害」の金額よりも「傷害・疾病治療費用」の金額で比較しよう

「最高1億円」「最高5000万円」などの見出しがあると、手厚い補償がついていると思いがちですね。しかしこれらはよい保険とは限りません。惑わされないようにしましょう。

この「最高」とは、「死亡・後遺障害」の金額です。旅行中にそうなることは稀ですから、高くても意味ありません。それよりは、海外旅行中に頻繁にお世話になる可能性があり、高額請求されて困りそうな「傷害・疾病治療費用」の補償が高額であるかの方が重要です。

「傷害・疾病治療費用」300万円補償されるセゾンカードもある

例えば、旅慣れた人々が「海外旅行保険が利用できるついでに、航空会社のマイルも少し貯まればいい」とたいてい1枚持っていることで有名な「MileagePlusセゾンカード」は、カード年会費が1500円で「傷害・疾病治療費用」は300万円の補償がついています。

ちなみに、一般的に、クレジットカード付帯の海外旅行保険の「傷害・疾病治療費用」は、低めに設定されていることが多いです。例えば、旅行好きが持つだろう「JAL普通カード」(年会費2,000円)は100万円、「ANAカード(一般会員)」(年会費2,000円)に至っては補償がついていません。ANAは年会費「11,070円のANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)」でさえ、ここの補償は150万円と低いです。

そんな中、カード年会費1500円で300万円の補償が受けられるなんて、旅慣れた人々が選ぶ理由はコレなのです。



海外旅行保険がついているセゾンカードのおすすめは?

「年会費がかかるセゾンカードにはたいてい海外旅行保険がついている」と先に書きましたが、分かりやすいのは「アメリカン・エキスプレス」のセゾンカードです。

ただし、アメリカン・エキスプレスは、日本円換算レートが高いため、海外旅行先でショッピングに利用するためのメインカードにすることは、お勧めできません。また、アメックスは、カード加盟店に課す利用手数料が他より高いため、外国では、お店がアメックスでの支払いによい顔をしなかったり、利用者に利用手数料をチャージするといった動きも出ていますので、要注意です。

海外旅行保険を、加入費用をかけずに1年間だけ利用したいなら

海外旅行保険だけを目的にして、アメックスブランドのセゾンカードを1枚作るのならよいと思います。

セゾンカードで年会費無料とされているものでも、カードブランドにアメックスを選び、追加年会費3,000円を支払えば、海外旅行保険を利用することができます。「傷害・疾病治療費用」の補償は300万円です。

また、中には「初年度年会費無料」のセゾン・アメックスもあります。1年間の旅行保険利用のために、と割り切って申し込むなら、賢い使い方です。



海外旅行保険がついているアメックス以外のセゾンカード一覧

海外旅行中にショッピングの支払いにもカードを使うことを考えて、日本円換算レートが安いアメックス以外のカードブランドで、海外旅行保険が自動付帯しているカードについて、年会費、「傷害・疾病治療費用」の補償金額を一覧にしてご紹介します。

カードの名前カード年会費(税抜)傷害・疾病治療費用
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンゴールド15,000円300万円
MileagePlusセゾンカード1,500円300万円
MileagePlusセゾンゴールドカード15,000円300万円
MileagePlusセゾンプラチナカード36,000円300万円
マツダm’zPLUSカードセゾンゴールド10,000円100万円
早稲田ゴールドカードセゾン10,000円100万円
mont-bell CLUB MEMBER’Sゴールドカードセゾン10,000円100万円

先にご紹介したとおり、やはりコストパフォーマンスが高いのは「MileagePlusセゾンカード」ダントツですよね。

傷害・疾病治療費用が100万円のセゾンカードには、補償をプラスすればいい

補償金額が100万円のままでは、海外旅行に出発するには心もとないです。お腹を壊したり風邪がひどくなったりした程度で病院へ行くなら対応できますが、もし事故や犯罪に巻き込まれて手術が必要な大けがをしたとしたら、全く足りない金額です。

上記でご紹介した補償金額が低い海外旅行保険のカードは、ダメなのでしょうか?と言われると、そういうわけでもありません。海外旅行保険の補償金額は、複数の保険の補償金額を合算できます。(死亡・後遺障害だけは合算できません。) このため、全く別のブランドの海外旅行保険つきクレジットカードを作ったり、保険会社の「バラがけ」と呼ばれる海外旅行保険を追加したりすればよいのです。



まとめ

海外旅行保険がお得に利用できるセゾンカードについて、ピンポイントでお勧めをご紹介しました。

海外旅行回数70回以上の私、これまでに様々なクレジットカードを、より良いものを求めて数年ずつ利用していますが、「MileagePlusセゾンカード」だけは25年以上、一度も解約せずに利用し続けています。

海外旅行には複数枚のクレジットカードが必要ですが、対年会費と機能で考えても、1枚持って損はないカードですよ。

海外旅行用年会費無料クレジットカード

海外クレカ1位:三井住友VISAクラシックAカード

メディアで海外用クレジットカードとしてほぼ必ず名前がでてくるのが三井住友VISAクラシックAカードです。
三井住友VISAクラシックAカードの特徴は下記の通りです。

  1. 年会費が初年度無料(2年目以降1500円)
  2. 国内旅行保険・海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. キャッシュレスで海外で治療がうけられる
  4. 海外旅行保険適応時に日本語でサポートが受けられる

三井住友VISAクラシックAカードのいいところは圧倒的な安心感です。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険がついてくると記載されているものもありますが、適応のために条件があったり、現地で治療費を建て替える必要があったり(高額で払えないことが多い)、英語で会話する必要があったりと実際使って見ると使い物にならないことも多いですが、その点は三井住友VISAクラシックAカードは一切て抜きしていないので安心して利用することができます。

海外クレカ2位:REXカード

よくメディアで海外用最強クレジットカードとして三井住友VISAクラシックAカードと合わせて名前がでてくるのがREXカードです。
REXカードの特徴は、下記の通りです。

  1. 年会費が無料
  2. 年会費無料で海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 利用金額に応じた還元率が1.25%と超高還元
  4. 最大5000円分ポイントプレゼント

年会費無料のカードでありながら、海外旅行保険の補償額がしっかりしており、海外旅行保険の適応条件も特にないため非常に海外旅行者にとってお得なカードになっております。

また、REXカードがすごいところは還元率が0.5%のクレカが多い中、還元率1.25%という、相当すごい還元率なので、海外旅行関係なくメインカードとして利用すべきカードと断言できます。