海外旅行は個人手配したほうがトクするのか?個人手配のやり方も解説

初めて「海外旅行したい!」となったときには、まず旅行会社へ行ってみるのが一般的だと思います。さまざまな行き先のパンフレットが並んでいて、その中から希望に合うものを選べます。とても便利です。

海外旅行の情報収集がインターネットで簡単にできるようになった昨今は、「個人手配」する方も増えてきました。今回は、個人手配旅行について、旅行会社の旅行との違いについて考えてみたいと思います。

海外旅行の個人手配と旅行会社の旅行の違いとは?

まずは基本的なことからいきましょう。

旅行会社の海外旅行「パッケージツアー」とは

海外旅行をしたことがあるほとんどの方は、旅行会社に並んでいるパンフレットから選ぶ旅行を利用したことがあると思います。「パッケージツアー」「ツアー」などと呼ばれていますね。

パッケージツアーは、旅行会社が旅程のすべてを企画し手配を行うもので、フライト、宿泊、現地空港と宿泊先の間の送迎、場合によっては観光地への入場やレストランでの食事までがセットとなった旅行です。旅行したい人は、自分の希望に合うものを選び、決められた旅程に沿って行動すればよいだけです。

パッケージツアーには、上記に挙げたような何から何まで手配済みのものもあれば、フライトと宿泊だけのセットでそれ以外は自分で手配することになるものなど、さまざま種類があります。
なお日本人に人気がある旅行先のツアーは種類が多いのですが、あまりよく知られていない国や街へのツアーは、需要が少ないため企画されず存在もしません。

他の特徴としては、選ぶ時点で旅行日数が決まっており、旅程の内容変更は希望があったとしてもできないこと。そして出発前に、上記にかかる費用を旅行代金として旅行会社に全額前払いするきまりもあります。

海外旅行の「個人手配」とは

「個人手配旅行」とは、旅行したい人が旅行会社に依頼せずに、自分たちで旅行のすべての手配を行うことです。フライトは航空会社で手配し、宿泊は宿泊先に直接予約を入れ、現地の移動手段、観光地への訪問、現地での食事など旅行のすべての手配を、自分たちで決めて手配します。

航空券は、日本に就航している航空会社なら日本語で手配できますが、それ以外は最低英語が必要です。ホテルもほとんどの場合で英語での手配が必要です。支払いはその都度、指定されたとおりに行います。

旅行日数も旅行先での行動にも一切制限がなく、旅程の変更は手配条件や旅行者の交渉次第で可能です。最も自由がきく旅行形態となりますが、少々専門的な旅行の一般常識を知っている必要があり、手配のコツもあり、と旅行経験が豊富な方でなければ少々難しい方法です。

旅行予約サイトを利用する「個人手配」もある

ただし近頃は、「パッケージツアー」以外の海外旅行をすべて「個人手配旅行」と呼んでいる傾向があります。

旅行会社が販売している航空券を購入し、旅行会社が運営しているホテル予約サイトで宿泊先を手配する、旅行会社が代行手配する現地の送迎業者を利用する、などなど。旅行者が1つの旅行会社だけを頼るのではなく、ばら売りされているものを自分で組み立てて、希望に合わせて好きなように旅行を作り上げることができます。

観光地への入場チケット手配、レストラン予約なども、それぞれ別運営で実にさまざまな旅行予約サイトがあります。代金は各予約サイトで前払いするか、利用施設で利用後に支払う場合もあります。

一度選んだものをあとから変更したい、キャンセルしたいとなったときには一部制限がありますが、前述した完全個人手配よりは手続きははるかに簡単です。また世界中どこへ旅行するときも、ほとんどの手続きを日本語でできることも多くなっています。



海外旅行は初めてで、個人手配はできるか

日本国内の近場への旅行なら、旅行会社など利用しないで手配して実行してしまいますよね。海外も同様にできるのでしょうか?

日本人旅行者が多い行き先で、近場で、旅行日数を短く設定するのなら、海外旅行が全く初めてでも「旅行予約サイトを利用する個人手配」を行い、何も困ったことがなく海外旅行を終えることができる可能性は、かなり高いと思います。

可能ではありますが、おすすめはしません。

国内旅行と海外旅行の大きな違いは、言葉が通じないこと以外に、日本の常識が通用しないことがあります。外国は日本とは文化や習慣が異なりますし、治安も異なります。海外旅行初心者は、海外旅行をするにあたり知っておくべきことをたくさん知りません。旅行手配に関しても同様です。

少なくとも初回から数回は、旅行会社のツアーを利用したほうが無難です。ツアーは、利用者が旅行中に困ったことにならないように、細心の注意を払って企画されています。万一のときには旅行会社のサポートも受けられます。個人手配ではこれが期待できないため、安易におすすめすることはできないのです。



海外旅行を個人手配すると、何がいいことがあるのか?

「旅行はしたいけれど、調べたり手配したりするのは苦手」な方は、基本ずっとパッケージツアーだけでも快適に旅行できます。一方で個人手配は調査も手配も、かなりの手間と時間がかかるものです。しかし個人手配をする人たちはこの手間と時間こそを楽しんでいます。

1回の海外旅行をするにあたり、安く条件のよい選択していくためには何カ月も前から旅行の手配を始める必要があります。彼らにとっては、この時点からすでに「海外旅行を楽しむ」ことが始まっているのです。

個人手配客は、優遇されることがある?

別の個人手配のメリットとして、さまざまな面で「優遇される」確率が高くなることが挙げられます。これは事実です。

例えば昨年、とあるリゾートホテルにスパを利用する目的で滞在した際に、同じ飛行機を利用し同じ日程で滞在したパッケージツアー利用客と個人手配した私とでは、ホテルのサービス内容が異なりました。トリートメントの時間が長い、外出時にホテルが送迎車を用意してくれる、などなど明らかに私のほうが優遇されているため、ツアーで来た方とスパで一緒になった際に「どの旅行会社さんで手配したんですか?」と聞かれたほどです。

ただしこのとき、トータルの旅行代金が同じだったどうかは分かりません。ここ、重要ですね。私はもしかしたら、パッケージツアーより多めの旅行代金を支払っていたのかもしれないです。

個人手配は、ツアーではできないことができる

個人手配ができるようになると、旅行先の選択肢は無限に広がります。旅行会社に相談して、できないと断られるようなことも、自分で手配すればなんでも自由です。

例えば、行きは羽田空港から出発し、帰りは成田空港に帰着する旅程。同じ街にずっと滞在しつつ、ホテルを数泊ずつ3軒移動しながらホテル滞在を楽しむ旅程。ビーチリゾートで、旅程の前半をガーデンヴィラ、後半を水上ヴィラに滞在する旅程。

以上は、私がこれまでの海外旅行で、航空券は航空会社で、ホテルはホテルに直接予約する個人手配によって実現した旅程の一部です。個人手配旅行の一番のメリットは、パッケージツアーでは不可能なことを可能にできることです。



まとめ

海外旅行の個人手配、してみたくなりましたか?興味を持った方は、まずは次回の旅行で、旅行予約サイトを利用する個人手配をしてみてください。海外旅行の新たな楽しみ方がきっと広がるはずです。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 8,000円分ポイントがもらえる(7/31まで期間限定)
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える8,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\7/31まで期間限定で8,000円分ポイント獲得できます!/