海外旅行に必要な全持ち物リスト2018年版|海外旅行の持ち物

海外旅行を楽しむためには、持ち物をしっかりと準備して、できるだけ快適に過ごせるように工夫することが大切です。

ここでは、必ず必要なものの他に、役に立つ便利グッズをたくさん紹介していますので、海外旅行の荷造りの参考にしてください。

目次

海外旅行に必要な持ち物リスト:貴重品編

パスポート

有効期限が十分に残っているかを確認しましょう。海外では常に携帯しなければならない持ち物のひとつです。

ビザ

渡航する国によっては必要な場合がありますので、事前にしっかりと確認しましょう。

航空券

ツアーの場合は、航空券は当日渡しになることが多いですが、個人旅行の場合は、手持ちの持ち物の中に入れて、絶対に忘れないようにしましょう。

クレジットカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

エポスカード補足

エポスカードは特典のポイントが時期によって大きく変動しますが、11月5日までエポスカード発行特典ポイントが8000円分に増額されているので本気でおすすめのタイミングです。(8000円は今年度最高額)


\期間限定!今年度最大級ポイント還元キャンペーン中/

海外旅行保険証

クレジットカードに付帯している保険だけでは不十分な場合があります。

クレジットカードの海外旅行保険をよく調べて、追加で加入するかどうかを検討しましょう。

お財布

必要最低限のものだけを持ち、残りは家においておきましょう。

ブランドものお財布は目を付けられやすいので、ノーブランドのシンプルなものが良いでしょう。

日本円

自宅から空港までの往復の交通費と、空港で購入する軽食などの雑費、両替をする金額などを考え、必要最小限の額を持ち物に入れて持っていくようにしましょう。

現地通貨

現地に到着しても、すぐに両替できるとは限りません。

日本の空港で少しでも両替をしていくと安心です。

各種証明書のコピー

パスポートやビザ、免許証など、重要なものはコピーを取り、原本とは別にして管理するようにしましょう。

スマホで写真を撮っておいても良いでしょう。

証明写真

万が一パスポートを失くした場合、再発行には写真が必要です。

4.5cm×3.5cmのものが2枚必要ですので、念のため持ち物に入れておきましょう。

自宅の鍵

自宅の鍵を海外で失くしてしまうと大変ですので、厳重に管理するようにしましょう。

マネパカード

マネパカードは、あらかじめ外貨をチャージしておくことができるカードです。

ショッピングはもちろん、現地のATMで現地通貨を引き出すこともできます。

年会費が無料で、15歳から使えます。

このようなカードの利用を検討してみても良いでしょう。

海外旅行に必要な持ち物リスト:かばん編

スーツケース

アメリカでは、テロ対策ということで、スーツケースに鍵をかけるのが禁止されており、許可されているものはTSAロックだけです。

アメリカに渡航する場合は、TSAロックつきのスーツケースを選びましょう。

スーツケースベルト

万が一鍵が壊れたときでも、ベルトがあると蓋が空いてしまわずに安心です。

観光用のバッグ

航空券を折らずに入れられるくらいの大きさのものが良いでしょう。

ジッパー付き内ポケットがあるものだとなお安心です。

セキュリティポーチ

服の下に付けるタイプのポーチで、パスポートや高額紙幣などの持ち物を入れておくのに役立ちます。

おりたためるサブバッグ

おりたためるリュックなどを持ち物に入れて置けば、荷物が増えたときに役に立ちます。

口がしまるものだと、帰国時お土産などを入れて預け入れ荷物にもできます。

出発時には折りたたんだ状態でスーツケースに入れておきましょう。

エコバッグ

海外では、買い物のときにビニール袋をもらえない場合が多いので、観光用のバッグに入れておくと便利です。

かさばらないので、スーツケースにも3,4つ入れておけば、帰国時にお土産が増えた場合にも役立ちます。

海外旅行に必要な持ち物リスト:電気製品編

スマホと充電器

スマホは写真を撮ったり、道を調べたり、目覚まし代わりに使うなど、海外旅行には欠かせません。

充電器も忘れずに持っていくようにしましょう。

ポケットWi-fi

イモトのWiFi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWiFiです。

イモトのWiFiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは海外旅行中には是非持っていきたい持ち物です。

観光している日中に、スマホの電源が切れてしまったら、写真を撮ることもできません。

旅行中は、利用頻度が高くなり、電池の減りがいつもよりも速くなりますので、モバイルバッテリーも一緒に持ち歩くようにしましょう。

スマホ防水ケース

スマホはスリに合う危険もあり、肌身離さず持っておきたい持ち物ですので、ビーチやプールでも持ち歩けるように防水ケースがあると安心です。

急に雨に降られても壊れる心配がありませんし、雨の中でも写真を撮ることができます。

ミニ三脚

ミニ三脚を持っていけば、他の人に頼む必要がありませんので、気兼ねなく皆が揃った写真をたくさん撮ることができます。

かばんに入れておけるサイズのものが良いでしょう。

腕時計

日本では時刻を確認するのにスマホを使う人が多いですが、海外では、頻繁にスマホを出し入れしていると、スリに狙われる可能性があります。

時刻はスマホを使わなくても良いように、腕時計を持っていきましょう。

カメラと充電器

カメラを持っていく場合は、予備のメモリーカードと充電機も忘れずに持ち物に入れるようにしましょう。

できれば、予備のバッテリーもあると安心です。貴重品なので機内持ち込みにしてください。

海外電源変換アダプタ

最近は、変換アダプタがあれば、日本の電気製品をそのまま使えるものが多くなっています。

充電したいものが複数ある場合は、変換アダプタを使って電源タップをつなぐようにすると、いくつもの電子機器を同時に充電することができます。

海外で使えるかどうかは、電気製品の表示を確認してください。

「AC100」と記載がある場合は変圧器が必要ですが、「AC100-240」と記載がある場合は、変圧器は不要で電源交換アダプタのみがあればOKです。

ヒューズなし海外電源変換アダプタ

海外電源変換アダプタは安くて良いものが多く売っていますが、ヒューズがついているものと、そうでないものがあります。

ヒューズがついていると、ドライヤーやヘアアイロンなど、電流がたくさん必要なものは使えなくなってしまう場合がありますので、ドライヤーを持っていく場合は、別途ヒューズなしの変換アダプタを持ち物に入れておくようにしましょう。

USB急速充電機

最近では、USBで充電するタイプの充電器が増えてきています。

スマホやタブレット、モバイルバッテリーなど複数のものを持っていく場合、USB急速充電機があると、一つのコンセントで2つ以上充電できるのでおすすめの持ち物となっています。

充電スピードも通常よりも早く完了します。

その国の形状に合った変換プラグを使って、コンセントにさすようにしましょう。

延長コード

海外ではベッドサイドにコンセントがない場合も多いのですが、延長コードを使うと枕元でスマホなどを充電することができます。

意外と役立つ持ち物ですので、荷物に入れておくようにしましょう。

電源タップ

複数の電子機器を一度に充電するためには必須の持ち物です。

複数人で部屋に泊まる場合は、それだけ充電するものの数も一気に増えることになりますので、差し込み口が多い電源タップを選ぶようにしましょう。

電卓

お土産価格の計算をする時など、持ち物に入れておくと便利です。

スマホでも計算できますが、小さくて安い電卓をかばんに入れておくと、気兼ねなく使えて便利です。

MP3音楽プレイヤー

飛行機やバスでの長距離移動では、音楽を聴くと、移動中も楽しい時間を過ごすことができます。

スマホを使うと充電が減ってしまいますので、音楽プレイヤーを持ち物に入れておくと良いでしょう。

紛失したり盗まれることもあり得るので、3000円程度の安価なものを買って持っていくのもひとつの方法です。

ドライヤーやヘアアイロン

海外ではドライヤーが備え付けられていなかったり、風量が弱くて髪を乾かすのに予想以上に時間がかかることもあります。

身支度をスムーズに済ませるために、いつも使っているものを持ち物に入れていっても良いでしょう。

変換プラグはドライヤーでも利用できるものをもっていきましょう。

海外旅行に必要な持ち物リスト:洗面道具編

歯ブラシ・歯磨き粉

海外のホテルでは備え付けられていない場合もありますので、使い慣れたものを持ち物に入れておきましょう。

コンタクト・コンタクト用品

日ごろコンタクトを使っている人は、コンタクトケース・コンタクト洗浄液は必須の持ち物です。

万が一のために、スペアも忘れずに持っていきましょう。

環境が変わると体調を崩してしまうこともあります。特に、お腹を壊すことが多いようです。

常備薬に加え、風邪薬、胃薬、頭痛薬、ビオフェルミン、下痢止め、酔い止めなどは必ず持ち物にいれるようにしましょう。

メガネ

いつもはコンタクトの人も、目のトラブルが起きてコンタクトが入れられなくなる場合もあります。

できれば、度数が合ったメガネを持ち物に入れておくと安心です。

タオル

日中汗を拭いたり、入浴時に利用するだけではなく、帰国時の荷物の梱包で、割れやすいものを包むのにも役立ちます。

ハンカチ・ティッシュ

ハンカチとティッシュは身だしなみの基本です。

日本のように柔らかいティッシュは、海外では手に入りにくいことも多いので、多めに持っていきましょう。

日ごろティッシュをよく使う人は、ボックスティッシュの中身だけを持ち物に入れていくという方法もあります。

除菌ウェットティッシュ

海外では、おしぼりが出てこないところも多いので、除菌ウェットティッシュはとても役に立つ持ち物です。

トイレに手洗い場や便座がないところもあるので、そのような時にもさっと拭いて除菌できます。

食事のテーブルの汚れが気になったり、汗を拭いたりと、海外旅行では万能グッズです。

流せるものであれば、より使いやすくなります。

シャンプーリンス・ボディシャンプー

海外のものは、成分が強すぎて肌に合わなかったり、香りが好みでない場合もあります。

使い慣れたものを持ち物に入れていくと、一日の終わりをリラックスして過ごすことができます。

整髪料

使いなれたものを持っていくようにしましょう。

捨てられる容器に、必要なだけ移して持ち物に入れると、帰りの荷物が少なくなります。

電気シェーバー・カミソリ

海外では備え付けてあるところが少ないですし、使い心地が悪い場合もあります。

使い慣れているものを持ち物に入れていった方が安心です。

くし・ブラシ

くしが備え付けられていないところも多いので、いつも使っているものを持っていきましょう。

体を洗うボディタオル

ボディタオルの備え付けはないところが多く、海外のタオルは分厚く体を洗うのには向きませんので、日本からボディタオルを持ち物に入れることをおすすめします。

移動時はジップロックなどに入れてスーツケースに入れるようにすると、他のものが濡れずに安心です。

基礎化粧品やメイク道具

これらは女性には欠かせない持ち物ですので、忘れずに持っていきましょう。

もしも化粧水を機内持ち込みにしたい場合は、リッターバッグと呼ばれる、「機内持ち込みセット」に移して持ち込むと安心です。

自立する鏡

机の上に立てられる鏡は、メイクを落としたり、化粧をする時に役に立ちます。

100円ショップなどで安いものが売っていますので、持ち物に入れていきましょう。

生理用品

環境が変わると、思いがけず生理になることもありますので、必ず持ち物に入れるようにしましょう。

爪切りや耳かき

かさばらないので、身だしなみのためにも持っていくようにしましょう。

リップクリーム

乗り物や宿泊施設は予想以上に乾燥しています。

リップクリームがあると、唇が荒れずにすみますので、持ち物に入れていきましょう。

日焼け止め

南国ではなくても、旅行時はかなりの時間を外で過ごしますので、日焼け止めを持ち物に入れておきましょう。

紫外線が強い国もありますので、毎日塗ることをおすすめします。

ばんそうこう

ちょっとした切り傷や靴擦れには、ばんそうこうが役に立ちます。

軽くてかさばらないので、持ち物に入れておきましょう。

海外旅行に必要な持ち物リスト:衣類編

下着

旅行日数分用意します。

部屋で洗濯するのであれば、少な目でも良いでしょう。

靴下

靴下も旅行日数分持ち物に入れるようにしましょう。

急な雨などで濡れる場合がありますので、一つ多めに持っていくと良いですね。

ストッキング

女性で必要な人は持ち物に入れましょう。

電線しやすいので、予備を持っていくと安心です。

着替え上下

旅行先の気候に合わせて準備しましょう。

ズボンや上着など、かさばるものは着回しすることを考えましょう。

パジャマ

海外では、パジャマがないホテルも多いので、かならず持ち物に入れていきましょう。

薄手のスウェット上下のようなものにしておくと、万が一、服が足りなくなった時にも着ることができます。

上着

現地の気温や気候に合わせて選ぶようにしましょう。

登山用のレインウェアは、軽くて丈夫で防水性もあり、おすすめです。

フォーマルウェアやフォーマルシューズ

高級レストランでの食事やオペラ鑑賞、ディナークルーズなどの予定がある人は、女性はワンピース、男性はジャケットの用意をしていきましょう。

スニーカー

履いている靴とは別に、スニーカーを持ち物に入れておきましょう。

足が疲れたときに履き替えることもできますし、万が一靴が濡れてしまった場合でも安心です。

帽子

つばの部分が広く、折りたためるタイプの帽子は、日よけとして役に立ちます。

寒いところに行く場合は、防寒のためにニット帽を持ち物に加えると良いでしょう。

サングラス

サングラスは、海外の強い日差しから目を守ってくれる持ち物です。

日ごろは使わないという人も、持っていくと目の疲れをやわらげることができます。

レインコート・折りたたみ傘

雨具は、両手が空くレインコートがおすすめです。

急な雨でもすっぽりとかぶれば、カバンが濡れるのも防ぐことができます。

折りたたみ傘は、できるだけコンパクトなものを持ち物にいれていくようにしましょう。

海外旅行に必要な持ち物リスト:便利グッズ編

スーパーのビニール袋

海外ではスーパーの袋は有料の場合が多く、気軽に手に入れることができません。

小さくたたんで、多めに持ち物に入れておきましょう。

お土産を分けたり、汚れ物や濡れたものを入れるのに役立ちます。

筆記用具やメモ帳

入出国カードを書いたり、その日あったことを書き留めたりするのに筆記用具やメモ帳が役に立ちます。

マイレージカード

現地の買い物で、マイルを貯められる場合があります。

事前に調べて、利用できそうならば持ち物に入れていきましょう。

非常食

カップラーメンやレトルト味噌汁は、小腹がすいたとき、日本食が食べたくなったときに重宝しますので、いくつか持ち物に入れていくことをおすすめします。

余った場合は、帰国時にバスの運転手さんや現地ガイドの人にプレゼントするととても喜ばれます。

割りばしやプラスチック製スプーン・フォーク

日本から持参した保存食を食べるときや、現地で購入したものを食べるときに使いますので、忘れずに持ち物に入れましょう。

割りばしも、現地の人にプレゼントすると喜ばれるようです。

きれいな箸袋のものを持っていくと良いですね。

携帯用折りたたみコップ

国によっては、現地のコップや食器の不衛生さが気になることもありますし、ホテルの部屋にコップが備え付けられていないこともあります。

折りたためるコップなら、持ち物に入れてもかさばらずコンパクトです。

輪ゴム

開封したお菓子や食べ物の封をしたり、汚れ物を入れている袋を密封したりするのに役立ちます。

かさばらないので、持ち物に入れていきましょう。

洗濯用洗剤

旅行中、下着や靴下などを洗濯すれば、荷物をコンパクトにすることができます。

自宅で使っている洗濯用洗剤を、ジップロックなどに小分けにして持ち物に入れると良いでしょう。

使い捨てスリッパ

飛行機の機内や、ホテルの部屋でリラックスするのに、使い捨てスリッパがとても役に立ちます。

海外のホテルでは備え付けになっていないことが多いので、持ち物に入れて持っていきましょう。

トラベル枕(エア枕)

機内やバスの車内などで、トラベル枕を使えば、座ったまま寝ても首が痛くなりません。

自分に合っているかどうか、旅行前に使い心地を試してみると良いですね。

紙製の便座シート

海外では、便座がない国もありますので、かばんに入れて持ち歩くようにしましょう。

トイレがストレスにならずにおすすめです。

ジッパー付きポリ袋

着替えや化粧品など、荷物を小分けにして分類するのに便利な持ち物です。

中身も見えるので、整理整頓しやすいところもポイントです。

また、現地通貨と日本円を分けて収納するポーチとして使ったり、濡れた水着を入れたり、デジカメなどの電子機器の防水対策にもなります。

色々なサイズのものを使い分けると良いでしょう。

携帯物干しハンガーや洗濯ピンチ

小型のハンガーやピンチは、下着や靴下を洗って干しておくのに役に立つ持ち物です。

特に海外では、ハンガーが移動できず、固定式の場合もあるので、物干しハンガーがあると便利です。

洗濯ロープ

洗濯したものを干すだけではなく、衣類をつるして整理整頓するなど、色々な用途に使える便利な持ち物です。

湿ったタオルを干しておけば、乾燥対策にもなります。

手ぬぐい

タオルよりも薄いので、洗ったらすぐ乾くので重宝します。

ハンカチやタオルの代わりにかばんに入れておいても良いでしょう。

梱包用のプチプチ

出発時は、トランクの中身の横ずれを防ぐために入れておき、帰りは割れやすいお土産などを包むのに役に立ちます。

ゴルフボール

旅行では歩く距離が長いため、足に疲れがたまります。

ゴルフボールは、足の疲労をとってくれますので持ち物に入れておきましょう。

足裏で転がすと良いマッサージ効果が得られます。

また、海外ではバスタブの栓が壊れていることも多いのですが、ゴルフボールを使うと、栓が壊れていても、ある程度のお湯をためることができます。

ガムテープ

お土産を梱包したり、袋の口を閉じたりできます。

セロテープでは粘着力が物足りない場合でも、ガムテープならば大丈夫です。

中身が見える衣類収納ポーチ

最近は、衣類を荷造りする際に使える、衣類収納ポーチを利用する人も増えてきています。

メッシュ素材のものだと、中身が見えるので整理整頓しやすくなっています。

消臭剤

荷物を減らすために、ズボンや上着の着回しを考えている人は、ファブリーズやリセッシュなどの消臭剤を持っていきましょう。

消臭剤を利用すると、臭いが気にならず、毎日気持ちよく過ごせます。

S字フック

S字フックは、飛行機の中でカバンを掛けたり、ホテルでハンガーを掛けたりと、色々便利に使える持ち物です。

かさばりませんので、いくつか荷物に入れていくようにしましょう。

ビーチサンダル

お風呂上りの濡れた足で、スリッパを使いたくないという人は、ビーチサンダルを持っていくと良いでしょう。

ホテルの廊下やロビーなどは使い捨てスリッパでは歩きにくいですが、ビーチサンダルならば部屋の外でも不自然ではありません。

ちょっと街中に出るのにも重宝します。

寒いときには5本指靴下をはいて利用しても良いでしょう。

500mlの水

海外では、水道の水は飲めないので、その都度水を買わなければなりません。

出発時には、スーツケースの空いたスペースに、500mlの水を詰めていきましょう。

荷物の偏りを防ぐこともできますし、現地についてからも飲みたいときに水を飲むことができます。

念のために、ジップロックに入れてからスーツケースに入れると良いでしょう。

ポカリスエットの粉末

ポカリスエットの粉末は軽くて持ち運びしやすく、水とまぜるだけですぐに作ることができます。

体調不良時や汗をかきすぎたときなど、水ではなく、このような清涼飲料水を飲むと、体力回復に役立ちます。