シンガポール初の世界遺産はシンガポール植物園の魅力とは

一年を通して高温多湿なシンガポールは、東南アジアの国の一つです。毎日6便ほど飛行機が飛んでいて、7時間ほどで行くことが出来る人気の観光地です。

そんなシンガポールにはどんな世界遺産があるのでしょうか?今回は、シンガポールにある世界遺産をご紹介します。

シンガポールの世界遺産 シンガポール植物園とは

2015年にシンガポールから初めて世界遺産に登録されたのが、シンガポール植物園です。とても長い歴史がある植物園で、1859年に開園されました。

植物園として開園される前は、実験植物園として、植物学者によって園がありましたが、それはいったん閉鎖します。

熱帯植物園が世界遺産として登録されたのは、このシンガポール植物園が初めてということだけでも、観光しに行く理由が十分にあるといえるでしょう。

シンガポール植物園の概要

シンガポール植物園は、大きく中央エリア、タングリン・エリア、ブキット・ティマ・エリアに分かれていて、東京ドーム13個分ほどの広さがあります。

世界遺産には登録基準というものがあり、2つの登録基準を満たしたということで、世界遺産になりました。

世界遺産シンガポール植物園の魅力とは

広大な敷地であるシンガポール植物園を満喫するには、ポイントを押さえて観光することです。植物が好きな人は、目当ての花や樹木を探して歩きましょう。

自然豊かな植物園ですが、植物を見る以外にも様々な楽しみがあります。ここからはシンガポール植物園の魅力を、かいつまんでご紹介します。

その1:園内はほとんどが無料

ナショナル・オーキッド・ガーデンだけは有料です。しかし、他のエリアは無料で見てまわることができます。ナショナル・オーキッド・ガーデンにお金を払っても、広大な敷地で様々な植物を見て回ることができるので、とてもお得な観光名所といえます。

その2:開園時間

早朝から深夜まで開園しています。観光客にとって大変に魅力的なのが、無料なうえに開園が朝5時ということです。

シンガポールを色々とみて回りたい人にとって、様々な観光名所が営業を始めるのは9時か10時ごろ。他の観光名所が営業する前に、植物園を見て回ることができます。

園内すべてが朝5時からオープンというわけではないですが、早朝から夜遅くまで営業をしていますので、時間を無駄なく使って見学ができます。

その3:日本語ガイド

シンガポール植物園では様々なツアーが開催されています。英語、中国語でのガイドツアーのほかに、日本語で解説ツアーがあります。

毎月第1土曜日の10時から、レインフォーレストで日本語のガイドツアーがあります。

もしも、日本語ガイドに参加したい場合は、nassim ゲートそばのサービスデスクに行くとよいでしょう。

日本語でなくてもよい場合は、ほかにも様々なツアーガイドがあります。

その4:無料のツアーガイド

毎週土曜日には、無料のツアーがあります。こちらは日本語ではないですが、英語の勉強を兼ねてツアーに参加してみてはいかがでしょう。

その5:子連れのシンガポール観光にもピッタリ

instagram-image

saaya_style_salon

園内にはジェイコブ・バラス・チルドレンズ・ガーデンといって、全長3キロメートルにわたった子供が遊ぶことができる施設があります。

ツリーハウス、滑り台につり橋などがあります。好奇心旺盛な子供たちなら、きっとジャングルの中を冒険できるこれらの遊具に目を輝かせるはずです。

水遊びができる場所もありますので、簡単な着替えやタオル類を持って出かけるとよいでしょう。

その6:penanga laut ・テリハボク

ギリシャ語で美しいという意味をもつこの常緑樹は、樹高25mほどまでに成長する樹木です。この樹木はシンガポール植物園でヘリテージツリーと呼ばれていて、みどころのひとつです。

このような治療につかうことができる樹木が集まったヒーリングガーデンがあるのも魅力の一つです。

この木の実は、皮膚疾患に効果があるといわれていますし、葉や、根なども漢方ハーブとして利用されます。植物園でみることができるこの木は、樹齢100年を超えています。

この木のほかに、主だったヘリテージツリーは7本あります。

その7:約178本のヘリテージツリー

園内には、178を超えるヘリテージツリーがあります。そのうちの14本はシンガポール植物園で発見された新しい種です。

その8:ガゼボ

instagram-image

singaporeryokousha

ガゼボとは、庭園などで見かける東小屋です。西洋風なものを特にガゼボというように呼びます。植物園のスワンレイクのところにもガゼボがあります。ガゼボが作られたのは、1969年です。

暑い日差しをよけて休憩したりするのに、ちょうどよいガゼボから美しい湖をながめてみるのもおすすめです。

その9:シンフォニーレイクでのイベント

園内は三つの湖があり、そのうちの一つに音楽会などのイベントが開催される「シンフォニーレイク」があります。湖そのものは、人工湖です。

湖に浮かんでいるステージが人気で、シンガポール・シンフォニー・オーケストラによる無料のコンサートなどが開催されます。

シンフォニーレイクには、ショパンの像もあるので、見逃さないようにしましょう。

その10:3つのブロンズ像

園内で、植物を見て回るだけでなく、ブロンズでできた像を探しながら歩いてみるのもおすすめです。

自転車に乗った少女(Girl on bicycle)、ブランコに乗った少女(girl on a swing)、ハンモックに揺られている女性(lady on hanmock))を探して歩きましょう。

この3体の像のほかにも、彫刻を園内で何基見つけることができるでしょう。

その11:植物園で朝食を

instagram-image

1beer100smile

朝7時半から営業しているレストランが園内にあります。なかでもおすすめはヘリテージ・セットと名を売った朝食メニューを出しているCasa Verdeです。

シンガポールで人気のグルメ「ミーサイアム」と「ナシレマック」を食べることができます。そのほか、ご当地グルメである「シンガポールラクサ」などもあります。

ドリンクも充実していて、ホット、コールドなどのほかに、カクテルやワインなどのアルコールも朝から販売しています。植物園の様々な木々を眺めながら朝食は、気持ちがとても開放的になれておすすめです。

その13:ピクニックもできる

園内には各種レストランや、カフェがはいっていますが、サンドウィッチを持参したり、あるいはカフェのを買って敷地内でピクニックをすることができます。

 

その12:オリジナルグッズ

園内の三つに分かれたエリアごとに、ガーデンズショップがあります。売店によって特色があります。ファミリー向けで、一般的なお土産を選ぶならおすすめは、ビジターセンターそばになります。

世界遺産 シンガポール植物園へのアクセス方法

instagram-image

world_heritage3257

シンガポール植物園があるのは、シンガポールのメインのショッピングストリートである「オーキッドロード」に面してあります。シンガポールチャンギ国際空港から電車で1時間ほどで行くことができます。

園内に入るには、何か所がゲートがありますので自分が見たい植物があるゲートから入ると便利でしょう。

シンガポール初の世界遺産のまとめ

色んな見どころのあるシンガポールですが、植物園も外すことができない観光名所のひとつです。植物などに興味がない方でも、園内のレストラン、お土産売り場などあるいは絶景と、植物以外にも楽しめる場所がありおすすめです。ぜひ、シンガポール観光に行かれた際は、時間を作って訪れてみましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/