もしものときの備え!海外旅行保険の必要性について解説!

海外旅行に初めて行く人の中には、「海外旅行保険って必要なの?」と考える人も多いです。海外旅行保険に入っていれば、トラブルがあった時の補償を前もって確保することができます。勝手の分からない海外だからこそ海外旅行保険は欠かせない大事な存在です。

この記事では、海外旅行保険が本当に必要なのか、海外旅行保険の必要性や海外旅行保険にタダで加入できるオススメの方法について、詳しく紹介します。

必要性の高い海外旅行保険とは

海外旅行保険とは、病気やケガ、盗難などの被害を海外旅行中に被ってしまったときに一定の額まで補償してくれる保険のことです。

海外に到着すると、日本と気候が全く違うため身体の調子が悪くなって病気になったり、交通事故に巻き込まれてケガをしたりする場合があります。

こうしたトラブルはだれも予想することができない予期せぬものですから、そうした負担を補ってくれる海外旅行保険は、海外に行く人みんなが加入しておくべき保険といえます。



海外旅行保険は必要ない?

「少々のケガや病気なら自分でお金を払えば大丈夫!」「そんな遭うかどうかも分からないものにお金を払うなんてもったいない!」と、海外旅行保険の必要性をあなどっている人は要注意です。

実は、海外で医療のお世話を受けた場合、医療費が日本と比べて膨大になります。例えば、日本で治療を受けた場合の10倍近くお金がかかることもまんざらではありません。

なぜかと言うと、海外では日本の健康保険が効かないからです。海外では、「医療はビジネス。払えないなら治療は受けられない」なんて国もざらにあるのです。

海外では、救急車が有料?!

海外では、気候だけでなく水や食べ物が体に合わなくて突然体調が悪くなることもあります。急な異変が起きた時、だれもが利用するのが救急車です。日本では無料で来てくれますが、いざという時に助けになる救急車も、海外ではお金が必要な有料サービスとなっている場合が多いです。

例えば、ロサンゼルスで救急車を利用した場合、3万円から5万円ほどのお金が必要になります。海外では、医療も大事なビジネスなのです。もちろん日本の健康保険は使えないので、こうした高い医療費を負担してくれる海外旅行保険の必要性が身にしみますね。

旅行中の紛失・盗難対策になる

海外旅行中に何かをウッカリ壊してしまった場合や、スーツケースや手荷物を紛失してしまった時にも、海外旅行保険をかけていれば補償の範囲内でちゃんと補ってもらえます。

一つの物品に対して10万円までといった具合に、補償額が決められているケースがほとんどですが、スマホやカメラなどの盗難が多い国に行く際には、絶対に必要と言える保険です。



知らないと危険!海外旅行保険の必要性

15人に1人は海外旅行保険の補償を何らかの形で受けているデータもある程、海外旅行保険は海外に行くのに必要不可欠となってきています。

海外に行く以上、日本のような衛生管理や交通規制、治安の良さを期待して旅行に行くのは危険です。何かあっても、助けてくれる友だちや親族とすぐに連絡を取って現場に来てもらうわけにもいきません。そうした時に、海外旅行保険に入っていれば負担をかなりやわらげることができます。

何があってもある程度の補償を受けられるよう、海外に行く前に海外旅行保険にしっかり加入しておくことはとても大切です。



海外で必要!海外旅行保険にタダで入るお得な方法とは

海外旅行保険に入る方法はいくつかあります。旅行代理店でツアーや航空券を購入する際、一緒に海外旅行保険に加入することもできます。その場合、ツアー代金に海外旅行保険代が含まれていたり、航空券代とプラスして海外旅行保険の代金を払うことが多いです。

どちらにしても、海外旅行保険代をプラスして払わなくてはいけません。ところが、海外旅行保険はタダで加入することもできます。ここからは、無料で海外旅行保険に入る方法を紹介します。

海外旅行保険はクレジットカードがオススメ!

海外で現金よりクレジットカードで買い物をすることの多い人にとっては、特に耳寄りな方法ですが、実は海外旅行保険はクレジットカードに付帯されている場合があります。手持ちのクレジットカードに海外旅行保険が付帯されているかは、カードを発行した会社に問い合わせたりホームページから確認することができます。

クレジットカードの発行はほとんどが無料でできますし、年会費を払う場合でも数千円程度のカードはたくさんあります。ただし、海外旅行保険がついていないクレジットカードもありますので、事前に必ず確認してください。

さらに、クレジットカードに付いている海外旅行保険は、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。どう違うのでしょうか?

クレジットカードの自動付帯と利用付帯に注意!

クレジットカードに付いている海外旅行保険は、「自動付帯」と「利用付帯」のどちらかに分かれています。自動付帯とは、海外旅行保険機能の付いたクレジットカードを海外旅行に持っていくだけで保険が有効になるカードです。

反対に、利用付帯のクレジットカードでは、そのカードで航空券やツアー代などの海外旅行代金を払う必要があります。そうすることで海外旅行保険が有効になります。

自動付帯と利用付帯はどちらがオススメ?

まだ海外旅行のための航空券やツアー代などを払っていないなら、利用付帯のクレジットカードを作ってからそのカードで購入すれば、タダで海外旅行保険に加入できます。すでに旅行代金を払ってしまっているなら、自動付帯のクレジットカードを発行すれば、タダで海外旅行保険に加入することができます。

一番オススメなのは、自動付帯と利用付帯の両方のクレジットカードを使うことです。そうすれば、補償額も増えますし、「VISA」と「マスター」などクレジットカードのブランドを分けることで、海外旅行の買い物の際にクレジットカードを利用できるお店の幅を広げることができます。



海外旅行で必要な保険付きクレジットカードはどれ?

海外旅行保険付きのクレジットカードはいくつかありますが、補償内容やカードの年会費などを考えると、オススメのクレジットカードは限られてきます。ここでは特にオススメのクレジットカードを2つ紹介します。

自動付帯のエポスカード

海外旅行保険付きのクレジットカードの中で、自動付帯でオススメのクレジットカードが「エポスカード」です。治療費、入院費、薬剤費などで最高270万円まで、携行品損害などで20万円まで補償してくれます。

年会費無料つまり保険代無料のわりに、内容の手厚いクレジットカードです。三井住友海上火災保険株式会社がサポートしている保険なので安心です。

利用付帯の楽天カード

海外旅行保険付きのクレジットカードの中で、利用付帯でおすすめのクレジットカードが「楽天カード」です。テレビCMでもおなじみで、知名度のあるカードです。

海外旅行保険の内容として、治療費代200万円まで、携行品損害で20万円まで補償してくれます。楽天カードは利用付帯のため、このカードを使って航空券やツアー代など購入しないと保険の対象になりませんが、カードを利用しさえすれば無料で保険に加入できることを考えると、とてもお得なクレジットカードと言えます。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/

 

まとめ

海外ではいつトラブルに遭うか分かりません。病気や事故にあっても、いつでも最高の治療や補償を得られるように、海外旅行保険に入っておくのは賢い選択です。

クレジットカードを使えばタダで加入することもできますので、海外旅行保険の必要性を認識しつつ、後で後悔しないためにも、しっかり準備しておきましょう。