エポスカードで海外キャッシングをする方法を解説 繰り上げ返済がお得!

海外旅行では、クレジットカードで海外キャッシングをすると、両替所で現地通貨を手に入れるよりもレートが良く、手数料が抑えられてお得です。ここでは、エポスカードで海外キャッシングをする方法や繰り上げ返済のメリットについて解説していきます。

エポスカードでの海外キャッシングの方法を解説

エポスカードは海外旅行保険が充実しているため「海外旅行にはエポスカード」という人が多いのですが、現地での買い物や食事の支払いだけではなく、エポスカードを使って現地通貨を海外キャッシングすることもできます。

現地通貨をATMから「必要な時に、必要な分だけ」海外キャッシングすることで、現金を持ちすぎることを防げますし、割高な手数料を支払わずに済みます。

エポスカードを使って海外キャッシングをする方法はとても簡単です

海外旅行先の空港や街中に設置されているATMにクレジットカードを入れて、簡単な操作をするだけです。操作の流れはこのようになっています。

①カードを入れる
②暗証番号を入れる(ENTER YOUR PIN)
③メニュー選択で、現金引き出し(WITHDRAWRAL)を選択
④取引方法を選択(CREDIT CARD)
⑤希望の金額を選択(20$~200$)
⑥現金とカードを受取り終了

このように、日本でお金を出金するのと同じような感覚で、必要なだけ現地通貨を引き出すことができます。



エポスカードの海外キャッシングにはどのような手数料がかかる?

エポスカードで海外キャッシングをした場合の手数料は

① 為替レート上乗せの手数料
② ATM利用手数料
③ キャッシング利息

の3つがかかります。

為替レートに上乗せする手数料

為替レート上乗せ手数料は、例えばエポスカードはVISAなので「VISAが
公のレートに上乗せして徴収する手数料」ということになります。

この上乗せ手数料は、VISAであってもJCBであってもかかってきます。利用明細に表示されているレートは、すでにこの「上乗せ手数料」が含まれたレートとなっています。

現地のATM利用手数料

エポスカードで海外キャッシングをする場合、現地に設置されているATMを利用しますが、日本でのATM利用と同じように、ATM利用手数料がかかる場合がほとんどです。

この手数料は引き出し金額によって決められていて、

・1万円以下のキャッシングであれば100円(税別)
・1万円以上のキャッシングであれば200円(税別)

となっています。これは、エポスカードに関わらず、ほぼすべてのクレジットカードにかかってくる手数料となっています。

キャッシング利息

エポスカードで海外キャッシングをした場合、引き出した次の日から利息がかかってきます。エポスカードのキャッシング利息は「18%」となっており、一般的なクレジットカードでのキャッシング利息と同じです。

利息は毎日日割りでかかってきますので、例えば5万円をキャッシングした場合、5万円×0.18(18%)÷365(日)=約24円となり、毎日24円の利息がかかる計算になります。1ヵ月換算だと、約720円です。

エポスカードの海外キャッシングは、次の請求日に一括で請求され、毎月の利用額と共に引き落としされます。

しかし、色々な方法で「繰り上げ返済」が可能となっていますので、引き落とし日までに返済してしまえば、支払利息を少しでも少なくすることができます。



エポスカードには初回30日間金利無料の特典あり

エポスカードはキャッシングに力を入れているクレジットカードとしても知られており、カードローンで行われているような「初回の利用では、最初の30日間金利0円」というサービスを行っています。

つまり、はじめてエポスカードでキャッシングする場合、それが海外キャッシングであっても「30日間は利息がかからない」ということなのです。

以前からエポスカードを持っていて利用していたけれど、キャッシングの利用をしたことはないという人でも「初回利息無料のキャンペーン」を利用することができますので大変お得です。



エポスカードの海外キャッシングにおけるメリット

エポスカードの海外キャッシングでは、現地の両替所で両替するよりもレートが低く、手数料も抑えられるのでおすすめです。

両替所では、観光客向けにわざと高いレートが設定されていることもありますし、「現地通貨に両替している旅行客」ということがすぐにわかってしまうので、防犯上も良くありません。

ATM利用であれば、現地の人か旅行客かがわかりにくいですし、法外なレートで両替されるリスクもありませんので、安心して利用することができます。

また、ATMは街のあちこちにありますので、まとめて両替する必要がありません。

海外キャッシングを利用すると「現地通貨が必要なときに、必要な分だけ両替する」ことができるので、防犯上も良いですし、「帰国時に現地通貨がたくさん残ってしまった」ということも防げます。

また、エポスカードにはメールサービスがあり、海外キャッシングであっても、利用があればすぐにメールが届く仕組みになっています。海外でカードが盗難にあった場合でも、不正利用されたらすぐに気づくことができますので安心ですね。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

 

エポスカードで海外キャッシングした場合は繰り上げ返済がおすすめ!

エポスカードで海外キャッシングをした場合、1回払いとなり、次月の支払いに合算されます。しかし、月々の支払日までの利息が日割りでかかってきてしまいますので、エポスカードで海外キャッシングをした場合、返済日よりも前に返済した方がお得です。

海外キャッシングにおける利息は日割りで加算されていきますので、1日でも早く返済した方が、支払い利息が少なくてすみます。

初めてキャッシングをする人は、30日間利息がかからないので問題ありませんが、「30日利息無料」にならない人は、1日でも早く返済する方がお得です。

エポスカードの海外キャッシングでは

・通常のカード利用代金と一緒に支払う
・全額まとめて返済する
・毎月の返済額に加えて多めに返済する

という3つの方法から選ぶことができます。

また、返済方法も、月々の引き落としだけではなく

・ATM
・ロッピー
・インターネット返済(ペイジー)

の3種類が用意されています。

このように、利息をできるだけ抑える「繰り上げ返済」も簡単にできることが、エポスカードの海外キャッシングのメリットとなっています。

もちろん「現地でお金を使いすぎてしまった。返済が苦しいのでリボ払いにしたい」という場合でも大丈夫です。

海外キャッシングの利用分は、最初は1回払いとなっていますが、後でリボ払いに変更することができます。

エポスカードの海外キャッシングをペイジーで返済する方法

インターネット返済システムである「ペイジー」を利用すれば、どこにいてもスマホやパソコンを使ってスムーズに返済をすることができます。

ペイジーであれば、海外旅行中にキャッシングを返済することも可能です。

海外でスマホやパソコンが使えるのであれば、インターネットを使ってすぐに返済してしまうという方法もおすすめです。

どこにいてもさっと返済手続きができる、ペイジーでの返済方法手順は以下のようになっています。

① エポスカードの会員ページで「インターネット入金」をクリック
② 「インターネットバンキングで支払う」をクリック
③ エポスNETへログイン、またはカード番号を丹生六
④ リボ増額で、希望の返済額を入力
⑤ 支払予定額を確認
⑥ インターネットバンキングを指定
⑦ 指定のインターネットバンキングを使って支払い

全額返済できれば利息をかなり抑えることができますが、「そこまで余裕がない」という場合でも、月々の支払いに加えて数千円でも多く返済していけば、総支払利息を低くすることができます。

少しでも支払利息を少なくするために、積極的に繰り上げ返済を行っていきましょう。

エポスカードは海外旅行直前でも発行可能!

エポスカードは海外キャッシングが簡単に行えますが、充実した海外旅行保険が付帯していることでも有名です。

「個別の海外旅行保険には入らず、エポスカードの保険を利用して海外旅行に行きたい」という人も多いのですが、荷造りなどで忙しく、申し込みを忘れてしまったという場合があるかもしれません。

しかし、エポスカードであれば大丈夫です。エポスカードはマルイのクレジットカードのため、全国各地にあるマルイのカードカウンターに行けば、即日発行が可能となっています。

クレジットカード発行は、最短でも一週間ほどかかる場合がほとんどですが、エポスカードは申し込んだその日にカードを手にすることができるということも、大きなメリットとなっています。



エポスカードの海外キャッシングでは事前申請は必要なし

エポスカードで海外キャッシングを利用する場合は、事前申請は必要ありません。

他社クレジットカードの中には、海外に行く前に連絡を入れて申請をしておかないと海外キャッシングができないものもあるのですが、エポスカードは事前申請なしで大丈夫なので、いつでも思い立ったときに現地のATMでお金を引き出すことができます。

ただし、海外出発前にはキャッシング枠を確認しておきましょう。

すでにある程度のキャッシングを行っていて、限度額間近になっていたり、キャッシング枠が少なくて現地で支障が出そうな時には、日本にいる間にエポスカードに連絡し、限度額を引き上げてもらうのも一つの方法です。

「海外キャッシングだけの増額申請」であれば、審査も厳しくなく、希望が通る可能性が高くなりますので、まずはエポスカードに電話して相談してみると良いでしょう。



まとめ

エポスカードは海外キャッシングが簡単にできる、とても便利なクレジットカードです。海外旅行保険も付帯しているため、ケガをしたり病気になったときでも、医療費の補償を受けることができます。申し込んでからすぐにカードを受け取ることもできますので、海外旅行に行く予定の人は、エポスカードを持っていくことをおすすめします。