グアムでは流しのタクシーには乗らない!グアムでのタクシー利用方法まとめ

 

日本からもっとも近いアメリカのグアムは、飛行時間も短いため日本人にも根強い人気の旅行先ですね。

観光や移動にも便利なタクシーは、グアムでも利用する機会が多くなります。

観光業がメインのグアムでは、悪徳なタクシー会社もいるため注意が必要。

グアム旅行に行かれる前に、タクシー事情についてしっかり予習しておきましょう。

グアムでのタクシーの基本的ルール

instagram-image

grandleman1979

まずはグアムでのタクシールールについて確認が必要です。

日本とは勝手が違いますので、事前に把握しておきましょう。

グアムのタクシーでもチップ制は導入されている

グアムはアメリカなので、チップ制が導入されています。

これはレストランやカフェに限ったことではなく、タクシーも同じなんです。

日本人にはなじみの薄いチップ制度。

タクシーの場合、決まった料金は定められていませんが、運賃に対して約15%支払うのが相場となっています。

支払うときはだいたいの料金を計算し、お釣りを受け取らないようにするのが一般的。

またグアムも日本と同様、距離と時間で運賃が加算されていきますが、ありがたいことに渋滞に合うことがほとんどありません。

そのため、距離だけの運賃にチップを付け足すイメージです。

タクシーに乗車する場合は必ず決められた場所で!流しのタクシーは交通違反に

おそらく日本人がいちばん気をつけないといけないことかもしれませんが、グアムでは流しのタクシーはいません

たとえ、通りでタクシーが走っていたとしても、停めてはいけないルールになっています。

グアムの道路交通法は日本よりも厳しく、車を停車させるときは路肩に車体がすべて入ってないといけないことになっています。

なので、日本のように手を上げて停めようとしても、タクシーはまったく停まりません。

流しのタクシーがいないというよりは、停まれないというのが正しいですね。

自動ドアはないため自分でドアを開閉する

海外あるあるですが、グアムでの日本のような自動ドアではありません。

タクシーに乗るときは、自分でドアを開閉してください。

グアムのおすすめタクシー会社は「miki」に決まり!

グアムでタクシーを利用する場合は、ぜひmikiタクシーを使ってください。

日本人にも安心なmikiタクシーをおすすめする理由は5つあります。

  • 日本語対応のホームページがある
  • 日本語を話せるドライバーが多い
  • 各ホテルと提携しているため安心
  • 至るところにmikiタクシー専用カウンターが設けられている
  • 全車両WiFiが完備されている

やはりホテルと提携している点は、信頼されているタクシー会社といえます。

mikiタクシーは、黄色の車体でドアにはカラフルに「miki」と描かれているため一目でわかります。

タクシーカウンターには必ず待機してますが、予約することも可能です。

もしタクシーカウンターを探したくないという方は、ぜひ予約を利用してください。

ちなみに、mikiタクシーは各ホテルと提携しているため、ホテルごとに運賃が決まっています。

宿泊されるホテルで運賃のチェックをしておくと便利ですよ。

グアム版タクシー配車アプリLAMCARも便利

アメリカだとUberが人気の配車アプリですが、残念ながらグアムにはありません。

その代わりに、LAMCARという配車アプリがあります。

このLAMCARは、グアムではお世話になるシャトルバスの運営会社ラムラムツアーズが行っているサービス。

配車アプリとあって、タクシーよりも運賃は割安なんです。

LAMCARのメリットというと

  • アプリ内でカード決済ができるため現金いらず
  • チップがいらない
  • 運賃があらかじめわかるためボッタくりの心配をしなくてすむ
  • 運賃は1台に対しての料金なので、乗車する人数で変わることはない(4人まで乗車可能)

LAMCARを利用するときは、目的地もアプリ上で設定するだけなのでコミュニケーションの心配もいりません。

そのため、英語が苦手な方でも簡単に利用することができます。

またチップがいらないのも大きなポイント。

運賃もタクシーよりも格段に安いため、出費も少なくすみます。

他のタクシーだと運賃は1人に対して取られる場合もあります。

人数が増えるほど、運賃も高くなるんです。

その点、LAMCARなら乗車できる人数までであれば、運賃が上がることもありません。

デメリットとしては、LAMCARは配車アプリサービスの格安タクシーなので、タクシーカウンターには常時停車していません。

必要なときにLAMCARを指定の場所に呼ぶシステム。

なので多少の待ち時間は必要となります。

余談ですが、、グアムでなぜUberが走っていないかというと、需要が見込めないからという理由からなんです。

グアムでタクシーに乗るときの注意点

instagram-image

chooni1311

タクシーの基本ルールとおすすめタクシー会社をお伝えしましたが、それ以外にも注意する点があります。

ここで説明する注意点は、グアムならではのものもありますので、しっかり確認してくださいね。

支払いは現金のみ!カード社会のアメリカであってもグアムのタクシーでは使えない

日本ではクレジットカードでの支払いが可能なタクシーは増えましたが、グアムでは増えるどころかまったく使えません

カード社会といわれるアメリカでありながら、グアムでは通用しないんです。

そのため、タクシーに乗るときは必ず現金の確認をしておいてください。

なお、前半でもお伝えしたように、グアムではタクシーもチップ制です。その余分も忘れずに用意しておきましょう。

また小銭を出すことは失礼とされています。

スマートにお札で支払うようにしてください。

大きな荷物がある場合は課金料金が発生!スーツケースは必須に

こちらはグアムに限ったことではありませんが、トランクに入れる荷物がある場合は、通常運賃とは別に料金が課金されます。

目安としては、1つに付き1ドルほど。

そのため、到着時のメーターよりも余分に支払うシステムとなります。

決してボッタくりではないので、安心してください。

正規タクシーかの判断はナンバープレート!必ず「TXI」または「TX」と書いてあるタクシーに乗ること

比較的治安のいいグアムですが、じつは不法タクシーも存在するのが怖いところ。

旅慣れていても、正規か不法かの判断は難しいです。

しかし、グアムのタクシーは正規タクシーかどうかの判断が可能なんです。

それはナンバープレート。

正規タクシーには、わかりやすく「TXI」「TX」とナンバープレートに記載してあります。

迷ったときは、まずはナンバープレートを見てください。

ボッタくりを防ぐために、乗車時のメーター確認は必須

タクシーに乗るときは、初乗り運賃、もしくはゼロになっているか必ず確認してください。

また、走行中のメーターも一定で動いているかの確認も必須。

中にはボッタくりで不当な運賃を言ってくるドライバーもいます。

また、運賃が正当か確認する上でも、降りるときはレシートを必ず受け取りましょう。

このレシートは、タクシー会社名はもちろん、車両登録番号も載っているので、のちのちトラブルにあったとき大変役立ちます。

まとめ

グアムでは、基本的なタクシーのルールを守っておけば大きなトラブルに巻き込まれることも少ないです。

またmikiタクシーは、グアムでは有名なタクシー会社とあって旅行者も安心して利用することができます。

グアムには便利なシャトルバスもありますが、回りきれないところはタクシーも利用してみてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/