一人旅が初めての人にもおすすめ!神秘的なアンコールワット

あまりにも有名なアンコールワット。トリップアドバイザーがまとめた世界の人気観光スポットでは堂々の1位と、世界中から人気の世界遺産です。そんなアンコールワット、一生に一度は見てもらいたい!

アンコールワットのあるシェムリアップは、実はバックパッカーも多く訪れる一人旅の定番スポット。各国の一人旅をしている人がたくさん!また海外に初めて一人旅をするという方でも安心な場所なので、本当におすすめです。

アンコールワットが一人旅でもおすすめな理由

カンボジアにある世界遺産のアンコールワットですが、カンボジアと聞くと治安が悪そうというイメージが強い人も多いかもしれません。でもシェムリアップは観光に力を入れている都市なので治安に比較的いいです。

空港からホテルまでのアクセスが簡単

シェムリアップ空港出てすぐ左にサービスカウンターがあります。ここでタクシー・トゥクトゥク・バイクタクシーのどれに乗りたいか言って料金を支払うだけ。すぐにドライバーが迎えに来るのでホテル名(または住所)を伝えれば、追加料金を請求されることもなく目的地まで連れて行ってくれます。

料金は以下表を参考にしてみて下さい。24時間営業の嬉しいサービス!

6:30~23:0023:00~6:30
タクシー10$15$
トゥクトゥク9$14$
バイクタクシー9$14$

意外かもしれないが英語が通じる

シェムリアップに行くと分かりますが、若い人ばかり目にします。これには過去の暗い事件のせいであるんですが・・・。

若い人たちが多いからか、だいたいの方は英語が話せます。ローカルなお店でも話せる人は多いです。(郊外だと難しいかもしれません)

一人旅には嬉しい話!物価が安い

カンボジアはとても物価が安いです。観光地となっているシェムリアップは若干物価は上がっていますが、それでもびっくりする程の値段なんです。

値段については以下を参考にしてみて下さい。

シェムリアップの値段日本の値段
ミネラルウォーター約95円100円
生ビール約60~220円約300~600円
フレッシュジュース約100円~約300円~
チャーハン約280円~約650円~
ランドリー約100円~約300円~

食事は観光客向けの場所はあまり安くはありません。クメール料理(カンボジア料理)だと安く済ますことが可能です。日本人の口に合うのでぜひ試してみて下さい。

シェムリアップはクレジットカードも十分使える

実はシェムリアップは観光地なので、クレジットカードが使える所がたくさんありとても便利です。屋台やよっぽどのローカル店でない限り使えますよ。

シェムリアップではクレジットカードを使うようにするといいですよ。それはカンボジアの通貨が関係しているんです。ドルが主流で使われていますが、お店などのお釣りで1$に満たない場合はリエル(カンボジア通貨)で渡されてしまうんです。これがくせ者で、リエルはまだ通貨に信用がないためカンボジアを出ると、どこも換金が出来ないという悲しい通貨。

ドル表記とかリエル表記がしてあったりと、カンボジアは通貨に戸惑う事が多いです。お釣りのリエルをなるべく最小限に抑えるためにもクレジットカードは強い味方になりますよ。

とにかく親日家の人が多く、人が優しい

密かに安心なのがこれではないでしょうか?親日の人が多いというだけで、どことなく嬉しくなるものです。そしてカンボジア人は日本人とも似ている所があり、シャイな人も多いんですよ。

人の優しさに触れる機会も多い、心温まる旅行が出来ます。



世界遺産のアンコールワットはどんな所?

一人旅をおすすめする理由が分かった所で、アンコールワットについてお話したいと思います。

アンコールワットは正式には「アンコールワット遺跡群」という数多くの遺跡から成り立った世界遺産。その遺跡の数は大小合わせて600以上。600年以上の繁栄があり初期はヒンズー教が主体となっていましたが、のちに仏教の勢いが増し仏教のモチーフが誕生。ヒンズー教と仏教が混在している、とても珍しい遺跡群となっています。

王都が崩壊してからは、みるみるのうちにジャングルに覆われ忘れ去られた存在になりました。それは数百年と言われており、長い間誰にも気付かれずにいたんです。そして19世紀にフランス人によって発見されましたが、度重なる内戦で調査や修復作業が中断。

晴れて1992年、世界遺産と同時に「危機遺産」としも登録され、各国からの保護活動への意識、さらに日本やフランスからの援助で無事「危機遺産」は外されました。

アンコールワットの見どころはこちら

あまりにも無数にあるのでどの遺跡を見たらいいのか分からないという方の為に、アンコールワット遺跡群に来たら外せない見どころをまとめてみました。

遠方にも見どころの遺跡があるので、時間が許すようであれば行ってみることをおすすめします。

アンコールワットまでの移動手段は?

一人旅で一番困るのが、観光で回る時のアクセス方法ですよね?交通網が発達していないシェムリアップでの移動手段は、基本的にトゥクトゥクがメインになります。もちろん冷房がかかっているタクシーでもいいですが、どちらも値段は決まっておらず交渉制とハードルが高いのが難点。

トゥクトゥクの方が断然料金は安いです!カンボジアの風を感じる意味でもトゥクトゥクで回る方が楽しいはず。

レンタルバイクや自転車もシェムリアップにはたくさんあります。自転車で回る場合かなりの体力が必要となるので、体力に自信のある方のみチャレンジしてみて下さい。

初めての一人旅ならこちらで予約するのがおすすめ

自ら値段交渉するのはなかなか厳しいものがあります。たいていのホテルではトゥクトゥクで回れるオプショナルツアーが用意されています。事前にホテルの人にいっておけば、トゥクトゥクを手配してくれますので、流しで止める必要もなく安心ですよ。ホテルにもよりますが1日20$~と料金も良心的です。

さらに日本人向けのオプショナルツアー会社もシェムリアップにはたくさん存在します。中でもタビナカ(https://tabinaka.co.jp/)は、1人料金追加なしで日本語ガイド付き。より詳しい説明を聞きながらみる遺跡は感動を覚えます。料金も安いのでおすすめですよ。



アンコールワットの入場料はいくら?クレジットカードが便利?!

アンコールワット遺跡群に入るためには事前に入場チケット「アンコール・パス」を購入する必要があります。ただし、チケット売り場はアンコールワットからは離れているので、先にチケット売り場まで立ち寄ってアンコールワットへ向かうという流れなんですよ。

恐らくほとんどの人がシェムリアップ中心部付近に宿泊されると思いますが、アンコールワットとちょうど半分ぐらいの場所と思って下さいね。

そしてこの入場チケットはアンコールワット遺跡群の共通チケットとなります。写真付きのチケットになりますのでなくさないようにして下さい。

入場料は3種類!日程に合わせて購入を

はっきり言って、アンコールワットの入場料は「高い!」です。カンボジアの物価からするとかなり強気な金額だなと思いますが。恐らく観光収入にも力を入れていると思うので仕方ないかもしれません。

入場券料金有効期限
1日券37$1日
3日券62$発行日から1週間のうちに3日
7日券70$発行日から1ヵ月のうちに7日

一番のおすすめは3日券ですが、1日券がよく売れているそうです。朝日や夕日を見たい方は1日で済ますのはかなりハードなので、3日券を購入された方がいいかもしれません。

3日券・7日券は有効期限に幅を持たせてありますので、ご自身のスケジュールに合わせて期限内ならいつでも使えるというメリットがあります。午前中はゆっくりして、午後だけに遺跡の時間を作りたいとか自由に行動が出来ますよ。

入場料の支払いはクレジットカードが使える!

他の世界遺産よりも高額なアンコールワットの入場料。アンコールワットのチケットセンターでは支払いにクレジットカードが利用出来ます。なるべくアンコールワットでは現金をあまり持ち歩かない方がいいので、ぜひクレジットカードで支払いすることをおすすめします。

利用出来る国際ブランド
VisaJCBMasterDiners
*日本発行のブランドのみ表示

ほとんどの人は上記ブランドだと思いますので心配する必要はありませんよ。

チケットセンターでの購入方法

チケットセンターはいつも人でごった返しています。カウンターがたくさんあり、どこに並んだらいいんだろうと心配になりますよね?特に一人旅だとなおさら・・・。

でも、カウンターはとても分かりやすい作りになってますので安心して下さい。「1day」「3day」「7day」と日数ごとにカウンタが分かれているんです。しかも同じ「1day」でもカウンター数はいくつもありますので、空いてる列に並んでおけば大丈夫。

順番が来たら「カメラを見て」とジェスチャー交じりで言われるので写真を撮って貰いましょう。そのあとは支払いをするだけ。数分待てば自分専用のアンコール・パスを貰う事が出来ます。

簡単なので初めての一人旅の人でも大丈夫。極端に言うと、話をしなくてもチケット購入が出来るぐらいです。

海外旅行用最強クレジットカード

海外クレカ1位:三井住友VISAクラシックAカード

メディアで海外用クレジットカードとしてほぼ必ず名前がでてくるのが三井住友VISAクラシックAカードです。
三井住友VISAクラシックAカードの特徴は下記の通りです。

  1. 年会費が初年度無料(2年目以降1500円)
  2. 国内旅行保険・海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. キャッシュレスで海外で治療がうけられる
  4. 海外旅行保険適応時に日本語でサポートが受けられる

三井住友VISAクラシックAカードのいいところは圧倒的な安心感です。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険がついてくると記載されているものもありますが、適応のために条件があったり、現地で治療費を建て替える必要があったり(高額で払えないことが多い)、英語で会話する必要があったりと実際使って見ると使い物にならないことも多いですが、その点は三井住友VISAクラシックAカードは一切て抜きしていないので安心して利用することができます。

海外クレカ2位:REXカード

よくメディアで海外用最強クレジットカードとして三井住友VISAクラシックAカードと合わせて名前がでてくるのがREXカードです。
REXカードの特徴は、下記の通りです。

  1. 年会費が無料
  2. 年会費無料で海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 利用金額に応じた還元率が1.25%と超高還元
  4. 最大5000円分ポイントプレゼント

年会費無料のカードでありながら、海外旅行保険の補償額がしっかりしており、海外旅行保険の適応条件も特にないため非常に海外旅行者にとってお得なカードになっております。

また、REXカードがすごいところは還元率が0.5%のクレカが多い中、還元率1.25%という、相当すごい還元率なので、海外旅行関係なくメインカードとして利用すべきカードと断言できます。

 

一人旅には必須!アンコールワットに行くならポケットWiFiを!

海外旅行に行く時に一番気になるのがネット環境ではないですか?ネット環境が伴っていないと何かと不便です。
とくに一人旅となればGoogle MAPを使ったりお店の情報を調べたりと、ネットを使わないといけない事がたくさん。電波が使えないのはとても致命的です。

通信会社の海外専用パケット定額は1日1,980~2,980円ととても高額なので、安く済ますために日本からポケットWiFiを持参しましょう。

シェムリアップのWiFi事情はどんな感じ?

シェムリアップは観光地として賑わっているため、日本よりもフリーWiFiは整っているのが現状です。レストランやホテルはほとんどといっていい程WiFIは使えます。

でもレストランは本当に観光客で溢れてるため、それだけWiFi接続している人も多いのが現状。必然的に速度はかなり遅くなります。ホテルもWiFiが安定していない場所は多々あります。

ポケットWiFiを持っていればそんな心配も無用!リアルタイムでSNSを利用する人には強い味方なんです。

アンコールワットではWiFiは使える?

周りがまるで森のように木々に囲まれた場所にあるアンコールワット遺跡群。もちろんフリーWiFiはありません。ここで頼りになるのは絶対にポケットWiFiです。とても広いアンコールワット遺跡群なので迷子になりかねません。ツアー参加される時はもちろん、一人で回る場合もネット環境はなくてはならない存在なんです。

アンコールワット遺跡群はよっぽどの場所でない限り、ポケットWiFiの通信も良好です。



一人旅をする時、これだけは忘れないで!海外旅行保険

たまに「今まで海外旅行をしても、何事もなく帰国出来た」と言って、海外旅行保険に入らず行かれる方もいらっしゃいます。それは単なる偶然で、海外旅行保険はとても大切なんですよ。

海外旅行保険の大切さを知っておこう

例えば、渡航先で病院にかかったとします。その医療費は何百万とかかることもよくあります。決して簡単に払える額ではないのが、海外の医療費の恐ろしさ。もちろん日本の保険証なんて全く意味がありません。

さらに海外旅行保険には、医療費以外に盗難・飛行機の遅延時のホテル代・ロストバゲージ(荷物が飛行機に乗っておらず受け取れないこと)、それにかかる日用品台など、手厚い補償があるんです。

いつ起こるか分からないのがトラブルです。必ず加入しておきましょう。

クレジットカードは海外旅行保険にも適用している?!

普段使われているクレジットカードですが、これは買い物をする時に利用する以外にも海外旅行保険が付帯されています。

この保険が付いていれば、わざわざ個別に加入する必要はありません。ただし、カード会社によっては補償内容に違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。



まとめ

穏やかな街並み、そして優しさにたくさん触れられるアンコールワットは一人でも十分に楽しむことが出来ます。遺跡だけでなく、カンボジアの背景も必然的に目にする光景はきっと何か感じるものがあるでしょう。

そしてアンコールワットの神秘的な偉大さは、また行きたくなること間違いなしです。初めての一人旅はアンコールワットにしてみませんか?