海外旅行保険が無料・自動付帯のエポスカードの真価について徹底検証【2019年版】|海外旅行保険付きカードといえばエポスカード!

エポスカードの海外旅行保険は補償内容が充実していることで知られています。エポスカードは丸井のクレジットカードですが、年会費無料で充実した海外旅行保険が自動付帯されていることでも有名で、高い評価を受けているカードです。

ここでは、エポスカードの海外旅行保険の補償内容やメリット、海外旅行へ行くときにはエポスカード一枚で十分なのかという点を徹底検証していきますので、参考にしてください。

エポスカードに自動付帯の海外旅行保険の補償内容を解説

エポスカードは、自動付帯している海外旅行保険が年会費無料にもかかわらず補償内容が充実していることから、高い評価を受けているクレジットカードです。

エポスカードは

・年会費が無料なこと
・疾病治療費用の補償額が大きいこと
・自動付帯なので利用条件を満たす必要がないこと
・学生でも作ることができ、審査があまり厳しくないこと

などメリットが多く、海外旅行保険の補償内容が充実しており、年会費が無料で気軽に作れるクレジットカードとして有名なカードのうちの一つです。

エポスカードの海外旅行保険の補償内容は以下のようになっており、傷害死亡・後遺障害から賠償責任まですべての分野をカバーしており、基本的な補償内容はしっかりとなされています。

傷害死亡・後遺障害500万 
疾病治療270万(1回の病気につき)
傷害治療200万(1回のケガにつき)
救護者費用100万(1旅行につき・年間限度額100万円)
携行品損害20万(1旅行につき・年間限度額20万円)
賠償責任2000万円(1旅行につき)

傷害死亡・後遺障害

海外旅行中に事故による死亡や後遺障害が残ったときに補償されるお金です。不慮の事故に対して支払われるもので、例えば飲酒運転だったり、ケンカによるもの、スカイダイビングなどリスクがあるスポーツ中での事故は補償対象にはなりません。

エポスカードでは、疾病治療費用の補償が高く設定されている分、この傷害死亡・後遺障害の補償が低くなっているのが特徴です。

傷害治療

旅行中のケガの治療費が補償されます。こちらも不慮の事故のみ補償対象となります。200万円は他のクレジットカード付帯の海外旅行保険と同等レベルの補償額です。

疾病傷害治療費用

海外旅行中は環境が変わるため体調を崩しやすいもの。この疾病傷害治療費用は、風邪などの軽いものから、感染症や盲腸、脳や心臓の病気までの治療費や入院費を補償してくれます。

一般的なクレジットカード付帯の海外旅行保険では100万円~200万円のところが多いのですが、エポスカードでは270万円となっており、他のカードよりも充実しているところが魅力です。

ただし、歯科疾病は補償対象外となりますので注意しましょう。歯が痛くなって腫れたりしないように、海外旅行前は一通りの歯科治療を終わらせておくことが大切です。

賠償責任

人をケガさせてしまったり、人の所有物を傷つけたり壊したりしてしまったときの賠償費用・弁償費用を補償してくれます。

救援者費用

旅先で入院した場合に、家族を現地に呼び寄せるときの渡航費や宿泊費や、現地から日本の病院まで本人を移送する際の医療搬送費用を補償してくれます。

疾病や傷害治療費だけではなく、いざという時には救護者費用も高額になる傾向がありますので、救護者費用の補償内容もしっかりと確認しておくことが大切です。

携行品損害

旅行先で持ち物が盗難にあったり、不慮の事故で持ち物が破損してしまったときに補償されます。ただし、持ち物1点につき最高10万円となっており、年間の補償限度額は20万円となっています。

また、置き忘れによる紛失や、傷がついたなどの軽度な損傷は補償対象となりません。また、1つの持ち物の補償につき、3000円を負担しなければならないという決まり(免責3000円)があります。

エポスカード自動付帯の海外旅行保険のメリットとデメリットまとめ

エポスカードに自動付帯されている海外旅行保険は、疾病治療費用の補償内容が充実しているなどメリットが多くなっていますが、もちろんデメリットもあります。

カードを作る際は、メリット・デメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。メリットとデメリットを以下のようになっています。

エポスカードの海外旅行保険のメリット

  • 年会費が無料
  • 疾病治療費の補償が270万円と他カードに比べて高い
  • 海外旅行保険が自動付帯なので、カードを持っているだけで良い
  • キャッシュレス診療に対応しているので、現地で診療費を立て替える必要がない
  • 主婦や学生でも作りやすい
  • カラオケや居酒屋の割引など、日ごろの利用においてもメリットが多い
  • カードの即日発行が可能(マルイ店舗のエポスカードセンターにて受け取り)
  • 90日以内の短期留学であれば、旅行でなくてもエポスカードの海外旅行保険が使える
  • 不正使用を防ぐための使い捨てカード番号を発行できる「バーチャルカードサービス」がある
  • イオンシネマ割引・ユナイテッドシネマ割引がある
  • 海外でも免税店やデパート、レストランで優待を受けることができる

エポスカードの海外旅行保険のデメリット

  • 死亡補償・後遺障害補償額が低い
  • 家族カードを発行できず、家族特約もないので家族分の保険は別に入る必要がある
  • 飛行機の欠航や遅延補償・ロストバゲージ保険はついていない
  • レンタル品の盗難は補償対象外である(レンタルWifiやレンタルスーツケースなど)

エポスカードの海外旅行保険は自動付帯で疾病治療費用が充実

エポスカードの良いところは、一番使う可能性が高い「疾病治療費」が270万円に設定されているところです。

疾病の治療費補償を高く設定しているところは少なく、一般的にはクレジットカード付帯の海外旅行保険では、100万円から200万円の補償額が主流となっています。

高い補償額を設定しているクレジットカードとしては「ミライノゴールドカードの500万円」「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの300万円」など数種類しかありません。

しかもこれらのカードは年会費がかかってきますので保有しているだけで毎年コストがかかり、気軽に保有するにはハードルが高いと言えます

それに比べ、エポスカードは年会費無料でありながら、疾病治療費が270万円となっており、補償内容が非常に充実しているといえるでしょう。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険で年会費無料のものは、「楽天カード」や「レックスカード」がありますが、疾病治療費の補償はそれぞれ200万円となっており、エポスカードに比べて補償額が低くなっています。

また、楽天カードは「利用付帯」となっているため、海外旅行保険の補償を受けるためには、一定の条件を満たさなければなりません。

エポスカードの海外旅行保険は自動付帯なので、エポスカードを保有しているだけで他カードよりも充実した疾病治療費用の補償を受けられることが魅力となっています。

エポスカードの海外旅行保険は学生や主婦でも利用しやすい

エポスカードは比較的作りやすいクレジットカードとなっており、申込条件も「18歳以上(高校生除く)で電話連絡がつく人」となっています。つまり、無職の主婦や学生も申し込むことができ、審査も比較的通りやすいのが特徴です。

クレジットカードを作るときは、審査に通るかどうかが問題のひとつではありますが、エポスカードは、年会費が無料で主婦や学生も持つことができ、なおかつ海外旅行保険が充実しているクレジットカードとして幅広い年代層から支持を集めているカードであると言えます。

エポスカードの海外旅行保険はキャッシュレス診療対応で立て替え費用なし

エポスカードにはキャッシュレス診療に対応していて、現地で診療費を立て替える必要がないことも大きなメリットです。現地で病気やケガをしても、支払いのことを心配する必要はなく、安心して診察を受けることができます。

もしも現地で具合が悪くなったときは、まずはカードのサービスデスクに電話して、提携病院を紹介してもらいましょう。提携先の病院での診察は、キャッシュレス診療となっており、カードを出すだけで診察費の決済が可能です。

ただし、田舎などでエポスカードと提携している病院がなかった場合は、一旦診察費を立て替え、後日手続きをして費用を払い戻してもらうという流れになります。

海外旅行保険はエポスカードのみで大丈夫?他のカードと併用すべき?

エポスカードの海外旅行保険は、年会費無料で自動付帯の保険としてはとても評価が高く、充実していると言えますが、医療費が高いと言われている海外の事情のことを考えると、他のクレジットカードの海外旅行保険を合算して補償内容を高めておく方が安心です。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険では、複数枚のカードを持っている場合、「死亡補償・後遺障害補償は持っているカードのうち最高額の補償を適用する」と決められていますが、その他の補償に関しては、持っているカードの補償額を合算して良いこととなっています。

エポスカードは疾病治療費の補償が手厚いため、1枚でも他のクレジットカード付帯の海外旅行保険よりは安心できるものの、海外の医療費は高いため、他のクレジットカード付帯の海外旅行保険と併用すると、より安心できます。

海外旅行で、海外旅行保険を使う人の割合は約3.4%(29人に1人の割合)となっており、補償内容をより充実させるべきところは「ケガや病気の治療費」「救護者費用」であると言えます。クレジットカードを複数持つことを考えるのであれば、これらの補償がより手厚くなるようにカードを選ぶと良いでしょう。

 

ケガや病気の治療費用、救護者費用49.10%
退行品損害29.90%
飛行機遅延や欠航、ロストバゲージ16.70%
旅行キャンセルや中断2.40%

年会費無料のエポスカードと楽天カードを保有して補償額アップ

エポスカードと楽天カードに付帯している海外旅行保険は、年会費無料で充実した補償が受けられることで知られています。海外旅行保険の内容をより充実したものにするには、保有するコストがかからないこれら二つのクレジットカードを持つことがおすすめです。

楽天カードは利用付帯のため利用条件を満たさなければならず、海外旅行保険が自動付帯のエポスカードに比べ、若干手間はかかります。しかし、その条件はとても簡単なもので

① 自宅から出発空港までの交通費を楽天カードで出国前に決済する(1円以上)
② 海外旅行代金を楽天カードで出国前に決済する

のどちらかを満たせばよいことになっています。

特に①は、空港までの公共交通機関(電車やバス、タクシーなど)の料金を1円以上楽天カードで決済すれば良いので、利用条件を満たすことは簡単です。

エポスカードと楽天カードの2枚を保有した場合、補償額は以下のようになり、エポスカードで低い「傷害治療・後遺障害」の補償をカバーすることができ、疾病や傷害治療、救護者費用の補償額も上乗せされます。

年会費無料でこれらの補償を受けることができますので、エポスカードと楽天カードの2枚を保有すれば、大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

保険の種類エポスカード楽天カード合計
傷害死亡・後遺障害500万2,000万2000万(補償額が高い方を適用)
傷害治療費用270万200万470万
疾病治療費用200万200万400万
救援者費用100万200万300万
賠償責任(免責なし)2000万円2,000万4000万
携行品損害(免責金額3,000円)20万円20万円40万

まとめ

エポスカードの海外旅行保険は、自動付帯で年会費無料でありながら補償額が高く、海外旅行に行くときには保有しておきたいクレジットカードとなっています。即日発行ができるので海外旅行直前でも間に合いますし、マルイで年4回、10%割引で買い物ができたり、全国約7000店舗の提携店で割引やポイントアップなどの特典を受けることができたりと、日常生活でもエポスカードを持つメリットが多いことも魅力です。

海外旅行に行く人だけではなく、日ごろの利用でメリットが多いクレジットカードを持ちたいと考えているのであれば、エポスカードを検討してみてはいかがでしょうか。