お盆 旅行 穴場 選び方とおすすめ

お盆休みは旅行に行きますか。旅行に行くという方はどういった場所を選んでいますか。お盆休みの旅行となると人が多くなり込ん混雑する場所も増えてきます。お盆休みという限られた時間で楽しく満喫するには渋滞や混雑で時間を取られたくはありませんよね。ここでは、お盆休みの旅行で失敗しない穴場の選び方をご紹介していきます。これからお盆旅行に準備を立てる方は是非参考にしてみてください。

お盆旅行穴場の選び方

お盆旅行先の選び方はどういったことを基準としていますか。ほとんどの方は行きたい場所やイベントがある場所などだと思います。楽しめるのであればどこを旅行しても楽しめかと思いますが、混雑は避けたいけれどもお盆休みを楽しみたいという方にとっては混雑や渋滞は避けたいものです。ここでは、出来るだけ混雑しない穴場となるスポットの選び方をご紹介していきます。

①人気観光地は避ける

お盆休みの旅行を楽しめる穴場の選び方1つ目は「人気観光地は避ける」ことです。人気観光地となる遊園地や市街地はどうしても込み合ってしまいます。人気観光地に行くルートですら渋滞など起こるため、お盆休みに人気観光地を旅行先にすることは避けるべき場所です。

また、新幹線や電車といった交通機関を使っても込み合うため電車以外の利用でもおすすめはしません。そして、人気観光地はホテルも込み合います。込み合う場所でも楽しめる方は人気観光地でも良いのですが、人混みなど賑わう場所が苦手な方は避けるようにしましょう。

②海や川などの自然を楽しめる場所

お盆休みの旅行を楽しめる穴場の選び方2つ目は「川や海など自然を楽しめる場所」です。お盆休みの旅行をするのであれば川や海の観光地がおすすめです。川や海は人気スポットでない限りあまり込み合うことがなくお盆休みを満喫することができます。そして、子供がいる場合はいつもなら出来ない遊びを体験することが出来ますので、夏の思い出におすすめです。

海や川は楽しくないという方も多いと思いますが、海や川ならではの他では味わうことのできない遊びを楽しむことができます。夏の川や海といえばバーベキューも楽しみの一つもあり、キャンプなども楽しむことができます。普段することのできない遊びをお盆休みを使って贅沢な時間を堪能してみてはいかがでしょうか。

ただし、海や川といっても賑わうスポットは避けましょう。また、夏は急な雨が起こりやすいので川の氾濫などに注意するにしましょう。海や川は楽しい場所ですが、一歩間違えるととても危険な場所となりますので、大人は危険が無いような配慮を心掛けましょう。

③田舎を狙う

お盆休みの旅行を楽しめる穴場の選び方3つ目は「田舎を狙う」ことです。お盆休みといえば海外旅行という方も多いと思いますが、お盆休みで穴が場を狙うのであれば、お盆らしいことをしましょう。お盆は本来帰省してお墓参りなどすることです。わざわざ渋滞に巻き込まれ貴重な時間を奪われるのであれば田舎に帰省して夏の自然を楽しむことをおすすめします。

もし、実家が田舎にないという方であれば、自然を楽しめるような田舎を旅行先にすることをおすすめします。田舎であれば混みあうこともなく、ゆっくりとした時間を楽しむことができます。また、都会では楽しめない田舎ならではの遊びをすることも出来ます。お盆休みの旅行こそ田舎を満喫しましょう。

田舎に言ってもすることがないという方には、田舎の楽しみをするのではなく温泉旅行を目的に田舎を目指してみるのもおすすめです。田舎は不便で楽しみがないと思っている方も多いと思いますが、そんな方ほど田舎を旅行先にしてみましょう。知らないことを知る機会となり良い思い出の残るお盆の旅行が楽しめます。

④避暑地がおすすめ

お盆休みの旅行を楽しめる穴場の選び方4つ目は「避暑地がおすすめ」です。夏はどこに行っても暑いですよね。クーラーや扇風機ばかり使っているるのも体を壊してしまいます。夏の暑さを避けお盆休みを堪能したいと方は避暑地を狙いましょう。避暑地は夏の暑さも感じながら丁度いい気候で生活ができます。

また、避暑地となる場所には観光施設が多くありますので、暑さでバテている方こそ避暑地を旅行先にしてみると楽しめます。避暑地となる観光地は混み合うイメージがある方も多いと思いますが、他の観光地に比べるとあまり混み合うこともありません。また、避暑地で渋滞になったとしても暑くないのでしんどい思いをすることなく楽しめます。

⑤高速道路の使用しないで行ける場所

お盆休みの旅行を楽しめる穴場の選び方5つ目は「高速道路を使用しないで行ける場所」です。お盆休みといえば高速道路の渋滞です。高速道路は大型連休となると混み合うことは仕方なくなっています。そんな渋滞を避けて旅行をするのであれば高速道路を使用しないで行ける場所を旅行先にしてみませんか。

高速道路は便利で時間短縮となりますが、渋滞してしまっては高速道路の方が時間が掛かることもあります。高速道路を使用しないで行ける場所であれば憂鬱となる渋滞も回避できUターンラッシュにも合うことなくお盆休みの旅行を楽しむことができます。

お盆の穴場おすすめ旅行

上記を踏まえた上でどこを旅行先にするかお決まりになったでしょうか。お盆休みで穴場を狙うのであれば人が居ない場所と考える方も多いですが、意外と考えても思い浮かばないと思います。そんなときはざっくりとして考えてみましょう。場所を考えるからこそ困ってしまいます。ここでは、お盆休みで穴場となる場所をご紹介しています。迷っている方は是非参考にしてみてください。

お盆休みの穴場おすすめ旅行先①温泉

お盆休みの穴場おすすめ旅行先1つ目は「温泉」です。夏の温泉は最高の旅行となります。日頃の疲れを温泉で癒してみませんか。温泉はお盆の旅行となると混み合うイメージがあるかと思います。お盆の温泉旅行はイメージ通り混み合うこともありますが、選び方次第で混み合いから避けることができます。

温泉といえば日本には各地有名な場所があります。有名処はどうしても混み合ってしまうのですが、温泉は有名どころ以外にもたくさんあり、知られていない品質のいい温泉も数多くあります。温泉旅行を楽しむときはあまり知られていない温泉を選びましょう。

お盆休みの穴場おすすめ旅行先②キャンプ場

お盆休みの穴場おすすめ旅行先2つ目は「キャンプ場」です。夏といえば海や川ですよね。夏の良さを楽しむのであればキャンプをしてみませんか。キャンプ場であればバーベキューや宿泊も楽しむことができます。夏の思い出を作るのであれば普段できないことをしてみるのもおすすめです。

お盆休みの穴場おすすめ旅行先③避暑地

お盆休みの穴場おすすめ旅行先3つ目は「避暑地」です。避暑地は日本国内様々な場所にあります。避暑地で有名といえば、長野県の軽井沢や栃木県の日光を思い浮かべるかと思います。有名な避暑地となると混み合いますが、あまり知られていない避暑地であれば渋滞に合うことや人混みに遭遇することもありません。

また、避暑地となる場所は温泉やプールといった観光施設もありますので退屈することはありません。お盆休みという貴重な時間をゆっくりリラックスできる場所で過ごしてみてはいかがでしょうか。

まとめ:お盆休みの穴場となる旅行先を知ろう

お盆休みの穴場となる旅行先の選び方やおすすめのスポットは参考になったでしょうか。せっかくの休みはイベントの多い都心に行きたくなりますが、渋滞や人混みで疲れてしまう方も多いかと思います。せっかくの休みだからこそゆっくりできる場所で夏を堪能してみてはいかがでしょうか。穴場スポットを狙ってお盆旅行を満喫しましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。