韓国旅行でショッピングを楽しむために覚えておきたい韓国語はこれだ!

お隣の国ということで時間もかからず、旅行費も安く行けるということから大人気の韓国旅行。ですが、実際に韓国旅行に行こうとすると気になるのは言語の問題です。はたして、韓国旅行に行く場合には韓国語を覚える必要はあるのでしょうか。

また、どのような韓国語を覚えて行けばより旅行を楽しめるようになるのでしょうか。実際に韓国旅行でよく使うであろう単語をご紹介していきます。

韓国旅行で韓国語は必要?

韓国は韓国語という独自の言語が公用語として使われています。また、文字もハングル文字が使われているために、知識がないと読むことは難しいでしょう。

では、実際に韓国旅行に行く場合に韓国語は覚える必要があるのでしょうか。

人気観光地以外にも観光したいなら

韓国には毎年多くの日本人観光客が足を運びます。そのため、空港や地下鉄、人気の高い観光地の看板などには韓国語や英語だけではなく日本語で表記されていることも多いのです。

また、ソウルなどの都市部では店の店員も日本語や英語を喋れる人が多く、困ったときもコミュニケーションがとれる可能性が高いでしょう。

しかし、都市部から離れてしまうと、日本語や英語が通じる場合が非常に少なくなります。そのため、ソウルなどの都市部だけではなく、少し離れた観光地にも足を運びたいという場合には、最低限の韓国語は使えるようにしておいたほうがいいでしょう。

お買い物の際に便利

韓国は日本と比べても電子決済の文化が発展しています。クレジットカード大国とも言われている通り、ほとんどのお店でクレジットカードを使用してのお買い物が可能です。海外旅行をする場合には出来るだけ現金を多く持ち歩きたくないという方も多いでしょうから、クレジットカードを活用できることが多いのは旅行客にとっては喜ばしいことです。

ですが、全てのお店でクレジットカードでの決済に対応しているわけではありません。また、クレジットカードの種類によっては使えないなどの問題もあるので、クレジットカードを主に買い物の手段として利用したいという場合には、お買い物の際に使える最低限の韓国語は覚えていきましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


韓国旅行で覚えて便利な韓国語

韓国旅行、特に都市部以外の観光地にも観光に行きたいという場合には、簡単な韓国語は覚えておきたいものです。ですが難しく考える必要はなく、挨拶やショッピングで必要な言葉、その他生活に必要になりそうな言葉など、旅行に役立ついくつかの言葉を選んで覚えておけばいいのです。

では、韓国旅行に役立ついくつかの韓国語をご紹介します。

挨拶

どこの国に旅行に行く場合でも挨拶は覚えておくといいでしょう。空港やホテルなど使える場所はいくらでもありますし、困ったことがあった時、人に助けを求めたい場合でも挨拶はなくてはならないコミュニケーションです。

おはよう、こんにちは、こんばんは ●「안녕하세요 (アンニョンハセヨ)」

ありがとう ●「감사합니다 (カムサハムニダ)」

ごめんなさい ●「죄송합니다 (チェソンハムニダ)」

さようなら (自分が去る時) ●「안녕히 계세요 アンニョンヒ ケセヨ」

さようなら (相手が去るとき) ●「안녕히 가세요 (アンニョンヒ カセヨ)」

問題ありません ●「괜찮아요 (ケンチャナヨ)」

はい ●「네 (ネー)」

いいえ ●「아니요 (アニヨ)」

韓国語の基本的な挨拶である「안녕하세요 (アンニョンハセヨ)」は、朝や昼、夜と時間を問わずに使われます。また、さようなら、は相手が去るときと自分が去るときで使われる言葉が異なるで注意しましょう。

「괜찮아요 (ケンチャナヨ)」は日本語で大丈夫ですよ、問題ないですよという意味を持つ言葉です。色々と便利に使える言葉ですので、ぜひ覚えておきましょう。

お店で使える韓国語

韓国旅行にはショッピングを中心に楽しみたいという方も多いと思います。買い物では店員とのコミュニケーションも必要になりますので、基本的な言葉を覚えておくことでより楽しいショッピングをすることが可能です。

おいくらですか? ●「얼마예요? (オルマイェヨ?)」

この品物をもらえますか? ●「이거 주세요 (イゴ ジュセヨ)」

クレジットカードは使えますか? ●「신용카드 돼요? (シニョンカドゥ テヨ?)」

領収書をいただけますか? ●「영수증 주세요 (ヨンスジュン ジュセヨ)」

会計をしてください ●「계산해 주세요 (ケサネ ジュセヨ)」

韓国には市場があり、市場に出品されている出店の中には値札が貼られていないものも多くあります。その際に、品物の値段を聞く「얼마예요? (オルマイェヨ?)」という言葉は覚えておきましょう。

また、前述した通り韓国はクレジットカードを使うことが可能な店も多いため、クレジットカードを中心にショッピングがしたいという方は「신용카드 돼요? (シニョンカドゥ テヨ?)」も覚えておきたい言葉です。

韓国では自分から言わないと領収書やレシートを渡してくれないという場合が多くあります。ですので、領収書が欲しい場合には「영수증 주세요 (ヨンスジュン ジュセヨ)」としっかりと伝えるようにしましょう。

まとめ

韓国で使える基本的な韓国語をいくつかご紹介しました。韓国の都市部では英語や日本が通じることが多いのですが、都心から少し外れると英語、日本語でコミュニケーションをとることが難しくなります。ですので最低限基本的な挨拶や、はいやいいえの返答だけでもおぼえておくといいでしょう。

カテゴリー