できるだけ安い料金でグアム旅行するための方法を知りたい!

グアム旅行はほかの地域に行くよりも安いといいます。それでも、時期や行き方によっては高くなるものです。同じ旅行をするなら、少しでも安価に行きたいと思うのは人情でしょう。そこで、グアム旅行へ行く際の旅行代を安く抑える方法をご紹介します。

安い旅行代でグアムを楽しむために時期を考える

出発の時期を考える

どうせ行くなら、よい時期を選びたいと思うものです。しかし、自分がよいと思う時期はほかの人たちも同じように考えるため、需要と供給のバランスで全体の料金が高くなってしまいます。

一年の中で旅行代高いといわれるのは、年末年始、春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、お盆休みです。この時期は子どもの学校休みに合わせたり、親の会社の連休と合わせたり、春休みは卒業旅行があったりなどの理由で高くなります。

そのため、安くすることを考えるならゴールデンウィーク前の4月中旬や終わってからの時期などがよいでしょう。乾季ではなく雨季でもよいなら、雨季を選ぶのも方法です。

出発の曜日を変える

仕事や学校の休みに合わせて金曜日の夜や土日祝日の連休前に出発する人は多いでしょう。一番高くなるのは土曜日の朝で、次に金曜日の夜と続きます。どちらも休みを意識したものです。

逆に安くなるのは、火曜日、水曜日という平日のど真ん中でしょう。なぜなら火曜日や水曜日というのは、働いている大人も学校がある子どもも行きづらいからです。

航空券が安いときは宿泊費も安くなりますので、全体的な料金を抑えるにはよい方法になります。出発日の調節ができるなら、平日出発を選んでみましょう。

フライト時間を変更

曜日で安くなるのは火曜日や水曜日などの平日真ん中と分かりましたが、実は航空券代も一日の中で大きく変動しているのです。

平日で安いのは、午前中、早朝、深夜便の順になります。反対に高くなるのは昼前や夕方の便です。

ところが、金曜日と土曜日では状況が変わります。金曜日は早朝が一日の中で最も安く、それ以降は高値を維持し、土曜日の朝がピークの金額になるのです。

そのことから考えると、航空券を安く手に入れるには長期休暇などを避け、平日の午前中まで、あるいは深夜出発を選ぶと料金を抑えられるでしょう。

時期以外でも安い旅行代でグアムへ行ける

大手航空会社をLCCに変更しよう

ネット上で航空券を検索すると、グアム行きの安い航空券は直行便ではなく、乗り継ぎ便が多いです。その中で、いくつか直行便で安く乗れるものがあります。それは韓国のLCC航空会社のティーウェイ航空とチェジュ航空、アメリカの航空会社のユナイテッド航空です。

しかし、すべての空港でこれらの飛行機が乗れるわけではありません。三社から選ぶことができるのは、関西国際空港だけです。一方、成田国際空港と中部国際空港はユナイテッド航空、福岡空港はチェジュ航空から選ぶことになります。

居住地や都合のよい場所等を考えて、利用する空港や航空会社を選択しましょう。

ホテルの朝食なしプランを選ぶ

旅行会社のツアープランを見ていると、朝食付きと朝食なしのものがあります。グアム旅行に慣れていない場合、不安なので朝食付きにしたい人もいると思いますが、料金面だけで考えると食事なしにした方が安くすむでしょう。

それでは、朝食なしを選んだ場合はどのようにして食事を用意すればよいのでしょうか。ホテルで用意がされない以上、自分でどうにかしなければなりません。しかし、難しいことはなく街中を散策し好みのお店を見つければよいのです。

食べ物は日本の料金より高めに設定されていますが、ホテルの朝食付きプランよりは安く食べることができるでしょう。

出発1カ月前からのセールを狙う

航空券は、事前に買うと安くなる「早割」を実施している航空会社が多いです。大手は11カ月前、LCCは6カ月前から予約可能なことが多いでしょう。

予定が早くから分かっておりそれが確実な人はよいですが、直前まではっきりしない人にとってはキャンセルの可能性も出てきます。それでもなんとかして、安い航空券を手に入れたいものです。

そのような場合は、出発少し前に安売りされる航空券を狙うのも方法でしょう。ただし、この段階でセールになるのは売れ残りのものになるため、希望に合うかどうかはまた別の話になります。

家族旅行なら「ファミリープラン」などを利用する

個別に大人と子どもの人数だけで申し込むよりも、航空会社や旅行会社が提供している家族を対象にしたプランを利用した方が安くすんだり、特典がついてきたりします。また、子どもが急病になってキャンセルをしなければならなくなったときの補償がついているプランもあり、小さい子どもがいる家庭には安心材料でしょう。

特典の中には、アクティビティの無料追加や子どもの食事無料、キッズ用プログラムの無料での利用、本来大人料金が必要な子どもも半額になる特典など、プランや会社により様々なものが用意されています。

まとめ

同じように楽しむなら、航空券代や宿泊費を安く抑えたいでしょう。その浮いたお金は、貯金したり、次回の旅行に回したり、アクティビティを増やすために使ったり、ショッピング用にしたりすることもできます。

少しでも安くするためにホテルのランクを落とす人もいますが、ビーチに近いホテルは利便性がよかったり、オーシャンビューの部屋は贅沢感を味わえたりと、後々の思い出となるため利用するのがおすすめです。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー