グアムの結婚式での服装は?正しいドレスコードで南国らしく祝福しよう

グアムの結婚式にお呼ばれしたら、どんな服装で出席すれば良いのか悩んでしまう人も多いでしょう。女性はムームーを、男性はアロハシャツを着て良いものか、迷ってしまう人もたくさんいます。

今回は、グアムの結婚式におすすめの正しいドレスコードを紹介します。雰囲気に合った服装を着て、新郎新婦を思いきり祝福してあげましょう。

 

結婚式の服装を知る前にグアムの気候をチェックしよう

instagram-image

sekkinn360

グアムのは、一年を通して温かい海洋性亜熱帯と呼ばれる気候をしています。気温は25℃~30℃の間なので、日本でいう夏が一年中続いているイメージを持つと良いでしょう。日本よりも空気がカラッとしているため、気温が高くても快適に過ごせます。

12月~5月は晴れ間が多い乾季で、6月~11月は雨や台風が多い雨季となります。結婚式は、雨の心配が少ない乾季に行うカップルが一般的です。

 

グアムでの結婚式は、海が見える場所でのオーシャンウェディングが主流となっています。日差しが差し込むガラス張りのチャペルや、青く透き通った海と白い砂浜をバッグとした屋外でのパーティーなど、開放的な結婚式が多いのです。

 

グアムでの結婚式の服装をチェック!

instagram-image

wedding_chimu

結婚式の服装【女性編】

instagram-image

maunaloa_shinsaibashi

グアムでの結婚式に出席する際には、日本同様フォーマルドレスを着用して出席するのが一般的です。できれば、青や黄色などトロピカルなカラーを着用していくと、リゾートの雰囲気とマッチしやすいです。

主催者から「ムームーを着用してください」と指定がある場合は、ムームーでの出席がおすすめです。ムームーとは、グアムに伝わる伝統的な衣装で、短い袖がついた、ゆったりとしたシルエットが特徴的なドレスです。ムームーは柄によって意味が込められており、祝福の気持ちを込めて柄や色を選びます。家族挙式の際などにムームーをお揃いで着用することが多く、家族でお揃いの柄と色のムームーやアロハシャツを着用します。

写真映えもしますし、何より南国らしさがアップするので、グアムでの結婚式を盛り上げてくれるはずです。

グアムでの結婚式には、サマードレスの着用もおすすめです。チューブトップやノースリーブなど、デザインは様々なですが、会場の雰囲気に合った、ゆったりとしたリラックス感のあるドレスを選ぶと良いでしょう。

結婚式の服装【男性編】

instagram-image

daifuku_bighappy

グアムでの結婚式は、男性はアロハシャツで出席するのが一般的です。「アイランドウェア」「アイランドフォーマル」と呼ばれる現地でのフォーマルスタイルとなります。アイランドフォーマルでは、ボトムスはベージュや白系の長ズボンと決まっています。靴は日本の結婚式同様きちんとした革靴を着用しましょう。

もちろん、スーツで出席するのも間違いではありませんが、スーツの場合は上着やシャツは白系を着用するのがグアム流と言われています。明るいカラーのスーツを持っていない人は、アロハシャツを着用するのが無難です。

アクセサリー類で気を付けたいこと

グアムでの結婚式は、砂浜を歩いて移動することも想定されます。そのため、靴はウェッジソールのヒールパンプスなどを履いておくと、砂に脚を取られず安全に歩けます。ヒールはあまり高いと転んで怪我をする場合もあるので、低めのヒールを選んでおくと良いでしょう。

また、アクセサリーにはトロピカルフラワーや、貝殻のレイなどを身に付けるのがグアム流です。南国の雰囲気もアップしますし、友人たちとお揃いで着用するのもおすすめです。

 

結婚式の服装はグアム現地でレンタルするべき?

結婚式の衣装は、グアム現地でレンタルが可能です。式場にレンタルスペースがついているので、そちらでレンタルの申し込みをすると良いでしょう。ただ、グアムのドレスやシャツなどはつくりが大きいため、小柄な人などはサイズが合わない場合もあります。

お気に入りの柄が見つかっても、サイズがない場合もあるので、絶対に素敵なドレスに出会えるという保証はないと言えるでしょう。

サイズ選びで悩んでしまいそうな場合は、日本で事前に購入しておくという手もあります。日本でもムームーやアロハシャツを購入できる場所はたくさんありますし、ネット通販でも販売されています。友人でお揃いの柄を着たい人も、ネットであれば確実に商品をゲットできます。ただ、会場の雰囲気が分かりにくいので、雰囲気に合ったドレス選びをするのに苦労するかもしれません。

 

まとめ

 

グアムでの結婚式の服装は、意外にもきちんとしたルールがあるということが分かりました。一般的なドレスでも失礼はありませんが、ムームーやアロハシャツを着て南国らしく祝福したい人は、グアム流の服装での出席をおすすめします。

服装で困った際には、主催者に相談するというのも1つの手です。「ムームーを着て大丈夫?」と事前に聞いておくと、結婚式での服装の失敗も避けられますよ。

正しい服装を着て、大切な友人や家族の門出を祝福してあげましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。