グアムの10月は安い!雨季でも楽しめるスポットや過ごし方

グアムの10月は雨季と言われていますが、雨季だからこそ格安で行けるというメリットがあります。グアムの雨季は、日本の梅雨のように雨が一日中降るわけではないので、実は雨の心配はそれほど要らないです。

今回は、10月のグアムの様子や雨季でも十分に楽しめるスポット、おすすめの過ごし方を紹介します。グアムの雨季について不安な人は、ぜひ参考にしてみてください。

グアムの10月は雨季だけど大丈夫?

instagram-image

akaken12345

グアムの雨は「スコール」

グアムは海洋性亜熱帯という一年中温かい気候をしていますが、12月~5月は乾季、6月~11月は雨季となります。雨季は乾季に比べて降水量が増えますが、日本とは違い一日中雨が降り続くわけではありません。

グアムの雨は「スコール」と呼ばれる短時間にたくさん降る雨で、1~2時間待てばあがることが多いです。外で行われる時間が決まったアクティビティなどは、途中で中止になってしまうこともありますが、基本的には再開できることが多いです。

雨季のピークは8月

雨季の中でもピークは8月で、9月に入れば降水量は徐々に減少していきます。11月にもなると降水量は乾季の12月とそれほど変わらなくなるので、10月の中でも下旬に行くと雨の心配も少なくなります。

10月でも楽しめるグアムのおすすめスポット

 

室内でショッピングを楽しむ

instagram-image

kaho__navy

10月のグアムで雨に降られてしまった際には、室内でのショッピングがおすすめです。グアムの中心地タモン地区には「グアム・プレミア・アウトレット」や免税店である「TギャラリアグアムbyDFS」、グアム最大規模の商業施設「マイクロネシア・モール」などがあります。カフェやレストランなども併設しているので、ショッピングとグルメの両方を楽しめます。

グアムにある2つの水族館

instagram-image

akaken12345

グアムには「フィッシュアイマリンパーク」「アンダーウォーターワールド」の2か所の水族館があります。タモン地区にある「アンダーウォーターワールド」は、トロリーに乗ってアクセスができ立地も良好です。

フィッシュアイマリンパークは、中心部から少し南に下がったアサン地区にあります。どちらも海底トンネルがある水族館で、グアムの海に実際に生息している魚やサンゴ礁を間近で観ることができます。

スパで心も体も癒される

instagram-image

yui_co_0307

南国リゾートのグアムにはスパが充実しており、疲れた心と体をリフレッシュすることができます。グアムのスパは、タイ式やアーユルヴェーダ、西洋の最新技術が融合した独自の発展を遂げており、ここでしか味わえない高級なスパ体験ができます。

最も人気のある「テワラン スパ」では、タイ式の本格的なオイルスパの施術があります。90分、120分のコースがあり、スケジュールに合わせてメニューが選べます。日本からもネット予約ができるため、事前に予約をしていくのがおすすめです。

ディナーショーを楽しむ

instagram-image

bambinoguam

グアムでの夕食はBBQやテラスで味わうダイニングなどが人気ですが、室内で行われるディナーショーもおすすめです。特に雨が降っている際には、外でのBBQやテラスは利用できなくなります。室内でショーを鑑賞しながら、本格的なコース料理をいただけますし、雨を気にする心配もありません。

 

10月のグアムでの過ごし方

雨はそれほど気にしなくて大丈夫

10月のグアムは雨季ではありますが、雨季の後半ということもあり、雨の回数や量は少なくなります。そのため、ピークに比べて雨はそれほど気にしなくても大丈夫と言えます。

ただ、スケジュールを詰めすぎると、工程通りに進まず気持ちが落ち込んでしまうこともあるでしょう。雨が降りだしたら雨宿りをする、カフェで時間を潰すくらいのゆとりがあるスケジュールを組むと良いでしょう。

アクティビティは当日予約がおすすめ

どうしても雨が不安な場合は、アクティビティなどの予約を当日にするのがおすすめです。10月は観光客も少なく、アクティビティや体験ツアーにも比較的空きがあることが多いです。グアムで天気予報を確認してからでも十分予約は可能なので、雨が降らないであろう時間帯を狙うと良いでしょう。

祝日であるコロンブス・デー

毎年10月の第2月曜は、アメリカ大陸をコロンブスが発見した日をお祝いする「コロンブス・デー(祝日)」となっています。グアムはアメリカ合衆国に属しているため、コロンブス・デーをお祝いする習慣があります。

コロンブス・デーでは、ショッピング施設でセールを開催したり、レストランなどで特別なメニューが追加されたりなど、普段とは違ったサービスを受けることができます。街の雰囲気も活気づくので、一味違ったグアムを楽しみたい人におすすめです。

まとめ

グアムの10月は雨季ということもあり避けてしまう人も多いです。しかし、雨季だからこそ格安で行けて旅行客も少ないというメリットもあります。滞在中何度か雨が降ることはあるかもしれませんが、それはごくごく一時的なものです。少し雨宿りをすれば、楽しいグアム旅行を再開できます。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。