グアム旅行で行くべき場所は?人気のスポットや楽しみ方7選

グアムにはショッピングやグルメ、アクティビティ、スパなど、楽しみ方がたくさんあります。観光スポットも多いので、旅行で訪れる前に人気の場所やスポットなどをチェックしておきましょう。今回は、アクティブ派もインドア派もどちらも楽しめる人気スポットを7選紹介します。ぜひグアムでの行先の参考にしてみてください。

 

グアムの楽しみ方は大きく分けて4つ

instagram-image

guam_reef_hotel_official

グアムと言ったら、シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティを想像する人も多いかもしれませんが、実は他にも様々な楽しみ方があります。アクティビティの他に、ショッピング、グルメ、スパがあり、ゆっくり過ごしたい人にも楽しめるスポットが充実しているのです。

ホテルにプールがついていることも多く、海が苦手な人や小さなお子さんは、プールで安全に遊ぶこともできます。また、グアムはバリ式、タイ式、インドのアーユルヴェーダなど、スパのメニューも充実しています。大人の女性は、スパで疲れた心と体をじっくり癒すのもおすすめです。

 

グアム中心地タモン地区での楽しみ方

instagram-image

asu25ka.15

グアムの中心地であるタモン地区は、ショッピング施設やホテルなどが集中しており、深夜まで多くの観光客でにぎわいます。有名なタモンビーチをはじめとして、免税店やレストランなどもあるので、ショッピングやグルメを楽しみたい人におすすめのエリアです。

 

インスタ映えがねらえる「ナナズ・カフェ」

instagram-image

alohareichel

ナナズ・カフェは、マリンテイストのインテリアが可愛らしい若者に人気のカフェです。ディナータイムには照明が落とされ大人な雰囲気になり、ムード満点の食事も楽しめます。

人気メニューの「クラッキン・キングクラブ」は、トマト味のソースがピリ辛で食欲をそそるカニの煮込み料理です。手づかみで豪快に食べるのがグアム流で、インスタ映えも抜群です。もちろん、クリームブリュレやケーキといったスイーツメニューもあります。

 

 

マストで訪れたいタモン・トレード・センター

instagram-image

tabicoorde

タモン・トレード・センターは、ピンク色が目を引くタモン地区でも有名なフォトスポットです。SNSでも写真をアップしている人が多い定番スポットで、南国らしい明るくハッピーな雰囲気の写真が撮れます。

写真が好きな人や、SNSが好きな人、思い出の写真を残したい人にぴったりの楽しみ方です。

 

TギャラリアグアムbyDSFでのショッピング

instagram-image

guam_tokuten

TギャラリアグアムbyDSFは、グアムにある免税店です。ブランド品やコスメを、日本よりも20%から30%オフの価格で購入でき、ショッピングが好きな人はぜひ行ってほしいスポットです。グアムの定番土産も販売されているので、ここで一気に買い物を済ませることもできます。

 

 

グアムの郊外やその他の楽しみ方

instagram-image

24dorry_grm

グアムは中心地から離れると、豊かで雄大な自然の宝庫となっています。ジャングルや小さな村が点在する南部と、朝市が開かれることで有名な北部のデデドなど、タモン地区以外にも魅力的なスポットがたくさんあるのです。

 

ヘルメットを被って海中散「シーウォーク」

instagram-image

guamseawalkertours

「シーウォーク」はグアム南部でできる人気のマリンアクティビティです。ヘルメットを被って海中を散歩でき、顔が濡れないためメイク落ちの心配もありません。日本人向けに、日本語が話せるインストラクターが常駐しており、説明も日本語で受けられます。

泳いだりするのは苦手な人や、グラムらしいマリンスポーツを楽しみたいという人におすすめの楽しみ方です。

 

ローカル御用達!デデドの朝市

instagram-image

milkgram_39

グアム北部にあるデデドでは、南国雑貨やローカルグルメを販売する店が集まる朝市が開かれます。地元の人も利用するローカルな市場ですが、朝食を食べにくる観光客も多いです。

日本ではあまり見かけないフルーツや野菜などもあり、見ているだけでテンションが上がります。グアムにいる間に身に付けたいアクセサリーや、リゾートワンピースなども格安でゲットできます。

 

神秘的な風景に出会える洞窟探検

instagram-image

takahiro_osanai

グアムにはマリンアクティビティだけでなく、陸上で楽しめるアクティビティもあります。グアム内陸部のジャングルには、映画に出てくるような美しく神秘的な泉に出会える洞窟があるのです。

ライトで照らしながら進んでいく様子は、まさにインディージョーンズの世界に入り込んだかのような感覚になります。道中には、チャモロ遺跡や先住民の文化も学べるスポットもあり、他のアクティビティにはない貴重な体験ができます。お子さんは7歳から体験が可能です。

 

スパで癒されたいなら「テワランスパ」

instagram-image

miomoyumama

テワランスパは、デュシタニグアムリゾート内にあり、洗練されたタイ式マッサージと西洋の技術を取り入れた高級スパを体感できます。その時の体調を丁寧にカウンセリングし、オリジナルの配合でオイルをブレンドしてくれます。日本語ができるスタッフが常駐しているので、リラックスして施術を受けられます。日本で事前予約もできます。

 

まとめ

instagram-image

mizuki_cof

グアムにはマリンアクティビティに限らず、様々な楽しみ方があることが分かりました。お子さんと一緒に参加できるツアーなどもあり、年齢を問わずにグアムでのひと時を満喫できます。今回紹介したスポットを参考にして、グアムで最高のひと時を過ごしましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。