グアムで釣りを楽しむにはオカッパリかボートフィッシング!!

グアムといえば、マリンスポーツかゴルフと相場が決まっていますが、家族で旅行した時などには一人でゴルフに行くわけにもいきません。やはりマリンスポーツで家族で楽しむ出来です。サーフィンやシュノーケリングは有名ですが、ひそかに人気を集めているのが「釣り」です。地味に感じる人もいるでしょうが、海で魚と戦うのは本当のスポーツです。そして釣りといってもボートを借りて沖で釣る場合と、浜辺から投げ込んで釣る2種類の方法に分かれます。

グアムの釣りの2つの方法

instagram-image

tsuri_kuri

沖で釣るボートフィッシング

ボートをチャーターして釣る場合には最低人数が決まっていたり、出発の時間や帰港の時間が決まっています。釣りの道具は、ほとんどをレンタルできるので非常に便利ですし、同時にシュノーケリングを楽しめることも交渉次第で可能です。もちろん、ボートの運転は地元の人がやってくれますし、釣れるポイントへも誘導してくれます。

ボートは潮の満ち引きに合わせて都合の良い釣れる時間に到着するように出発して、2~3時間だけ釣りを楽しんで戻ってきます。1日に2回ほど船が出ますので、予定を組んで連絡を入れましょう。一人あたりの利用金額は、日本円で1万円程度となっています。お子様などがいる場合には、それらの料金も調べておくと安心です。シュノーケリングは無料で出来る場合もあるので、乗船の時間と一緒に聞いておくのが良いでしょう。また予約の際の船とは違う船に変わることも多いので、その辺りは上手く対応してください。

特にサービスが悪いことはなく、釣った魚も船長がさばいて食べさせてくれることもあります。遠慮せずに釣れたら聞いてみましょう。グアムの色鮮やかなトロピカルフィッシュを召し上がってみましょう。釣り好きのお父さんは楽しいかもしれませんが、家族が飽きた時のことを考えてもシュノーケリングもできるボートフィッシングは魅力です。ツアーで組み込んでおくことも可能なので、先に予約しておくのも良いでしょう。

陸(おか)で釣るオカッパリ

もう一つの陸から竿で投げて釣る方は「オカッパリ」とも言われます。陸(おか)から針を投げることで呼ばれるようになったようです。実はオカッパリの方にも釣りの玄人の人気が高く、素人はてっきり慣れた釣り人は大物を狙って沖に行くのが普通と思っていましたが、実際は違うようです。竿やリール、疑似エサのルアーなども自前で用意して行く人も多く聞かれます。

オカッパリの方がそうした意味では事前の準備が必要になります。道具も揃えて釣り場所のポイントも考えなくてはいけません。浜辺では海水浴を楽しむ人などがいるために「釣り禁止区域」とされている場所があるので注意が必用です。人が泳ぐような場所では釣れる魚も期待できないので、やはり人気のない岩場などがポイントになります。地元の人に声をかけてみれば教えてくれることもあるので遠慮せずに聞いてみましょう。

グアムの釣りはどっちが面白い

手間を楽しむオカッパリ

そして釣れた魚を自分でさばけなければ、しだいに魚も弱っていきます。もし食さないのであれば、ポイントを教えてもらった現地の方に差し上げてもよいでしょう。きっと相手の方から要求されるでしょう。オカッパリでは全てを自分で手配して、歩いて(レンタカーでもよいが無用か)ポイントにいかなけければいけません。釣りが好きな人には当り前で楽しみの一部かもしれませんが、家族が一緒ならばボートで沖に出た方がお金がかかっても楽で、時間もゆっくり過ごせます。

手ぶらでもいけるボートフィッシング

instagram-image

guamfishingexpeditions

なお、ボートで出発する場合には朝の7:00過ぎに出掛けて昼頃までに戻るスケジュールになります。写真のプレゼントなども用意されていて、家族連れにはおすすめです。3時間で楽しくアクティビティーに過ごすなら、釣りは最高のスポーツです。大物が釣れるかは時の運ですが、間違いなく楽しい時間を過ごせるでしょう。

帰りも港からホテルまでの送迎があるので、何も心配することはありません。軽食やドリンク類も支払う金額に含まれているので、自分で事前に購入して準備する手間などは必用ないのはとても嬉しいことです。手ぶらで出かけられますが、水着は必ず持っていくようにしましょう。あとは船長であるキャプテンに任せておけば間違いないので、少しチップを事前に渡しておくと、スムーズに行動してくれます。これらが、ボートフィッシングの良さです。

また現地のチャモロの人たちは器用に日本語も英語も話せる人が多くいます。話せないふりをしていても、相手はキチンと分かっていますから、バカにしたりするのは危険なので絶対にしないようにしましょう。

オカッパリの場合には、情報が少ないうえに全てを自分がやらなければいけないところに面白さと面倒くささが同居しています。釣りの道具屋さんも近くにあるようで、買いにいくことも可能で、これも楽しみの一つです。やはり日本の商品の性能が良く、高く売られているそうです。

シチュエーションで決めよう

家族みんなでするのか、釣り仲間で楽しむかでも違ってきます。この特別な機会に、キレイなグアムの海で最高の釣りを楽しんでください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。