グアムの気候は?旅行のベストシーズンや季節に合わせた服装

グアムは一年を通して温かい海洋性亜熱帯という気候に属しています。気温は25℃~33℃の間で推移していますが、雨が多くなる雨季や台風シーズン、夜の肌寒さを感じる季節などもあります。

今回は、グアムの気候や旅行におすすめのベストシーズン、季節に合わせて服装の選び方などを紹介します。グアム旅行を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

南国グアムの気候は一年中温かい

instagram-image

sekkinn360

グアムの基本的な気候

 

グアムは海洋性亜熱帯という気候で、一年を通して日本の初夏~夏のような気温をしています。その中でも季節があり、12月~5月は乾季、6月~11月は雨季となります。乾季は空気がカラッとしていて晴れ間が多くなり、雨季はスコールや台風が訪れるなど雨が多くなります。

グアムの雨季とは?

雨季と聞くと日本の梅雨のようなイメージをしてしまいがちですが、グアムの雨は短時間にたくさん降る降り方をするので、雨季でも晴れ間が望めます。一日中、しとしとと降る雨ではないので、雨季でも十分に南国気分を味わえます。

 

台風シーズンはいつ?

グアムの台風シーズンは7月~10月と言われています。日本に来る台風の発生源がグアムの近海となっているのです。しかし、最近では台風の発生位置が変化してきており、グアムよりも北の海上で発生することが多くなりました。そのため、台風の心配も以前よりは少なくなってきていると言われています。

 

グアムの気候で見るベストシーズン

instagram-image

mori130240

グアムの気候から旅行にぴったりのベストシーズンを考えると、雨が少なく台風の心配もない12月~5月の乾季がおすすめと言えます。乾季はグアムの秋冬に当たる季節で、最高気温が27℃程度になります。暑すぎず、カラっとした空気で快適に過ごせます。

4月に行くのがおすすめ

しかし、快適に過ごせる乾季には旅費が高くなる傾向があります。冬休み、年末年始、卒業旅行、GWなど休暇が取りやすい日が多いため、料金が跳ね上がるのです。人も多いですし、ゆっくり過ごすのは難しいかもしれません。

旧正月にあたる2月は中国・韓国からの旅行客が殺到します。そう考えると、4月にお休みを取って訪れるのが人も少なく、料金も下がるためベストです。晴れ間も多いですし、予定通りのスケジュールで観光できると言えるでしょう。

雨を気にしないなら9月・10月がおすすめ

雨が降るのを気にしない人は、雨季の9月~10月頃に訪れるのもおすすめです。この時期は観光客が少なく、旅費が安くなるため、普段よりもお得にグアムを楽しめます。雨季のピークは7月~8月と言われており、9月~10月は比較的天気も落ち着いていることが多いのです。

9月はシルバーウィークがあり連休が取りやすいというメリットもあります。雨が降ったとしても、1~2時間ほどすれば止んでくれるので、観光にそれほど影響もありません。

 

気候に合わせた服装や持ち物をチェック

instagram-image

you___129

乾季におすすめの服装

12月~5月までの乾季は、晴れ間が多く日差しも強くなります。日焼けによってお肌がヒリヒリしてしまうこともあるので、日焼けを予防する帽子やサングラスを持っていきましょう。また、海やプールを利用している最中に日焼けを起こしてしまう人もたくさんいます。プールサイドにも羽織りを持っていき、休憩中は羽織っておくようにしましょう。

グアムでは、基本的には一年を通して日本の夏の服装でOKです。しかし、室内や夜は肌寒さを感じることもあるので、小さくたためる羽織りを持っておくと安心です。

雨季におすすめの服装

6月~11月の雨季も、気温はそれほど下がらないので日本の夏の服装で訪れても大丈夫です。しかし、雨に濡れると体温が下がりますし、夜の雨は気温をぐんと下げることもあります。雨季にグアムを訪れる際には、羽織りは必須で、ボトムスも長めのものを持っておくと体の冷えを防げます。

特に夜は、さらっとした長袖シャツや薄手のパーカーを羽織る女性も多いです。体調を崩してしまっては、せっかくのグアム旅行が台無しになってしまいますし、使わなくても羽織りを用意しておくことをおすすめします。

また、雨季は突然雨に降られることもあるため、折り畳みの傘や小さく畳めるカッパ、タオルなどを常備しておくと安心です。靴が濡れてしまい、次の日も乾かないこともあるので、サンダルなどの替えの靴があると安心です。サンダルは現地でも購入できます。

まとめ

instagram-image

uses_guam_trekking

グアムの気候は一年中温かいですが、その中でも季節があるということが分かりました。せっかく行くなら天気が良い季節を狙いたいところですが、観光客が多く旅費が高いというデメリットもあります。

グアムには、ショッピングモールや水族館、美術館など、雨が多い季節でも楽しめるスポットも揃っています。雨が降るのを気にしない人は、旅費が安い雨季を狙って行くのもおすすめです。

紹介したグアムの気候を参考にして、自分に合った楽しみ方を見つけてみてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。