グアムでの結婚式のメリットや準備方法、費用をご紹介

海外で結婚式を挙げようと考えた場合に、グアムを候補地にする人もいるでしょう。ふたりの思い出の地として候補にする人たちもいれば、初めての中でグアムを選択する人もいます。今まで旅行でグアムを訪れたことがないとイメージが湧きにくいものです。そこで、グアムへの移動時間や結婚式の依頼方法などを見てみます。

グアムで結婚式を挙げるメリット

instagram-image

hebaforyoujapan

グアムで結婚式を挙げる場合の往復時間

国内の結婚式と違い、海外で結婚式をする場合に気になるのは往復時間でしょう。あまりに飛行時間が長かったり、時差が激しかったりすると招待客によっては断念しなければならないからです。特に年配の人や小さい子どもが親族にいる場合は、一考が必要でしょう。

グアムへの片道の飛行時間は、3時間45分~4時間35分くらいです。一方、日本人に人気のハワイは、片道7~9時間、オーストラリアは8~10時間掛かるのを考えると、短時間移動を望む人たちにとってグアムは大きな魅力となるでしょう。

また、負担が大きい時差にも違いがあります。グアムとの時差は+1時間ですみますが、ハワイは-19時間です。グアムの場合は時差ボケにならずに式へ臨むことができますが、ハワイは時差を考慮しなければならず2日間の移動日が必要となりその分、旅行日程が長くなります。

気になるグアムでの結婚式費用

instagram-image

hebaforyoujapan

結婚式費用は、招待客の有無や人数により大きく違いが出てきます。

なぜなら、招待客が増えればその分だけ渡航費や宿泊費がプラスされますし、準備する料理やその他のオプションなどの金額も積み重なっていくからです。また、手配やプロデュースをする会社、結婚式を行う時期により、金額は大きく変動します。

グアムで結婚式を挙げた人たちの平均費用は約135万円(新郎新婦のみ)です。ハワイ挙式の平均約165万円と比べると、30万円ほど安くなっています。ちなみに135万円は、10人ほどを招待した国内挙式と同じくらいです。

ただし、国内の場合はご祝儀をいただくため収支が変わりますが、海外の場合はご祝儀を辞退する代わりに旅費は負担してもらったり、一部や全額を自己負担したりするため上乗せとなります。

グアムでの結婚式が選ばれる理由

日本人に一番人気の海外挙式場所はハワイです。それでは、グアムを選択する人たちはどこをポイントにしているのでしょうか?

まず挙げられるのは南国リゾートの中では飛行機に乗っている時間や滞在日数が少なくすみ、時差もあまりないことです。これらは新郎新婦のみならず、招待客に掛ける負担を少なくできるという大きなメリットとなり得ます。そのため、海外リゾートでの結婚式をしたいけれど時間や身体に負担を掛けたくないという人にはピッタリでしょう。

また、ハワイもそうですが比較的日本語が通じる施設が多く存在することもメリットの一つです。要望やトラブルがあったときに言葉が通じないのは招待客にとっても不安や不満の要素になります。そこをクリアできるのも選ばれる理由となるでしょう。

グアムで結婚式を挙げるには

instagram-image

dusitthaniguamresort

グアムで結婚式をする1:プロデュース会社へ依頼

グアムに限らず海外挙式を行うときに利用されるのがプロデュース会社への依頼です。プロデュース会社には日本国内の会社とグアムの現地会社の二通りがあります。プロデュース会社へ依頼するメリットは、挙式プランが豊富にあり、チャペルや挙式への知識や経験が高いところでしょう。

日本国内に会社や店舗があるプロデュース会社のメリットは直営のチャペルを持っていたり、国内で直にスタッフと打ち合わせしたりできるところです。また、現地にも日本人スタッフがおり安心して当日を迎えることができるでしょう。

一方、現地にしか会社や店舗がないプロデュース会社とのやり取りは申し込みから当日までの打ち合わせなどすべてがメールとなります。そのため、実際のところが上手く伝わらないこともありますが、国内の会社より詳細な現地情報を教えてもらえるというのがメリットの一つです。

結婚式に対する質問へのレスポンスの速さや演出にこだわりがある人は、プロデュース会社を選ぶとよいでしょう。

グアムで結婚式をする2:旅行会社へ依頼

instagram-image

dusitthaniguamresort

旅行会社のメインは旅行です。そのため、結婚式に関しては提携しているプロデュース会社が行います。旅行会社の強みとしてアクティビティなどを取り入れたハネムーンプランも充実しているため、挙式から新婚旅行までのトータルパッケージで依頼することができます。

プロデュース会社との違いは、所有のチャペルがないため垣根を越えたチャペルの中から自分たちの希望のものを選択できることや、結婚式のオプションが少ない分、打ち合わせに時間を取られることが少なくできる、旅行会社専用特典が利用できる点などでしょう。

そのため、忙しい人やシンプルな結婚式を希望し新婚旅行を充実させたい人向けになっています。また、結婚式と旅費がセットになったプランになるため、個人で結婚式と新婚旅行を別々に依頼するより費用が安くてすむでしょう。

ただし、メインは旅行のため挙式プランが少なかったり、旅行会社の窓口だけでは完結せずプロデュース会社との打ち合わせをしたり、旅行会社への手数料が発生したりします。

まとめ

海外挙式が選択肢にある人も、定番のハワイにするか、グアムやバリにするかなど悩む人がいるかもしれません。結婚式の場所を選ぶときに重要なポイントに費用や招待客の人数と範囲、そして気に入ったチャペルという人も少なくないでしょう。

しかし、どんなに気に入ったチャペルがあっても予算をオーバーしたり、大切な人が参列できない移動時間や距離であったりすると諦めることになります。その点、グアムなら海外の中では移動時間が短いこと、時差が少なく挙式費用が抑えられることなどが選択ポイントとなるでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。