グアムのおすすめビーチは?定番から穴場ビーチまでご紹介!

日本から直行便利用なら3時間で行けるリゾートとして人気のグアムですが、グアムと言えばやはり青い海と真っ白なビーチ!常夏のリゾートアイランドならではの綺麗なビーチで楽しみたいですよね。

グアムにはたくさんビーチがあって、どこへ行けばいいのか分からない…。

グアムの定番ビーチは行ったことがあるけど、次はのんびり過ごせる穴場ビーチが知りたい!

そんな方も多いのではないでしょうか。

今回は、家族連れでも安心して楽しめる定番ビーチから、のんびり過ごせる静かな穴場ビーチまで、リゾートを満喫できるグアムのビーチをご紹介します!

家族連れに人気!グアムで気軽に遊べる定番ビーチ3選!

instagram-image

lamlamguam

グアムは家族旅行にも人気のリゾートです。子どもも一緒に楽しく遊びたい…そんな方におすすめの、気軽に安心して遊べるビーチをご紹介します

グアムの定番ビーチ①:タモンビーチ

instagram-image

i_love_love_holiday

タモンビーチは、グアムの主要なホテルが集まるタモン地区にあり、ホテルから歩いて行ける距離なので、日本人観光客の間では大人気です。

浮輪やアクティビティに必要なものをレンタルできるので、手ぶらでビーチに行ける手軽さも魅力ですよね。

波があまり高くないので、小さなお子さまも安心して遊べる家族連れにおすすめのビーチです。

まわりは日本人が多く安心感もあるので、初めてグアムのビーチへ行かれる方は、まずこのタモンビーチで楽しんでみてはいかがでしょうか

グアムの定番ビーチ②:イパオビーチ

タモン湾の南側にあるイパオビーチは、日本人観光客に人気のホテル、PICとヒルトングアムリゾート&スパに滞在される方は、近くて便利なビーチです。

トイレやシャワーもあり、ライフガードも駐在しているので、安心して遊べるビーチとして人気です。

隣には公園があり、アスレチックや屋根付きのベンチで休むこともできるので、小さなお子さまがいる家族連れも楽しめますよ!

一面がサンゴ礁で、カラフルな熱帯魚が泳いでおり、シュノーケリングを楽しみたい方にもおすすめです。

グアムの定番ビーチ③:ココパームガーデンビーチ

instagram-image

t.dragonbaskebuuu

グアムの北側にあるココパームガーデンビーチは、オプショナルツアーの参加者だけが利用できるプライベートビーチです。

ランチ付きの1日コースと半日コースがあるので、旅行のスケジュールに合わせてツアーに申し込むとよいでしょう。

シュノーケリングセットや釣り竿など、無料レンタルを利用して海を楽しむのもよいですが、有料ですがカバナと呼ばれるテントのような空間を借りて家族でのんびり過ごすのも素敵ですよ。

トイレやシャワーも完備しており、衛生管理が行き届いたビーチなので、小さなお子さまや年配の方が一緒でも安心して楽しめます

グアムでのんびり過ごしたい!静かな穴場ビーチ3選!

instagram-image

rihyan_guam

にぎやかなビーチでわいわい楽しむのもいいけど、のんびり過ごせる静かなビーチにも行ってみたいな…そんな方におすすめの穴場ビーチをご紹介します。

グアムの穴場ビーチ①:ハガニアビーチ

instagram-image

yuri.mssm

ハガニアビーチは、繁華街タモン地区から少し離れたところにあるので、タモンビーチよりも人が少なく、静かな穴場ビーチです。

遠浅なのでシュノーケリングには向いていませんが、マリンスポーツクラブが近くにあり、カヤックや水上バイクなどのアクティビティを楽しめます。

アルパット島と呼ばれる無人島が近くにあり、カヤックで島まで行ったり、干潮時は歩いて渡ったり、ほかのビーチとは違った楽しみ方ができるのも魅力です。

グアムの穴場ビーチ②:ガンビーチ

instagram-image

visitguam_jp

タモン湾の北側、ホテルニッコーグアムの目の前に広がるガンビーチは、人が少なく落ち着いた雰囲気の穴場ビーチです。

砂の粒が大きめで砂利っぽいビーチなので、子どもが遊ぶには適していないことも、人が少ない理由かもしれません。

海の透明度が高くダイビングスポットとしても人気なだけでなく、グアムでも珍しいビーチバーがあり、静かなビーチでアクティビティを楽しんだり、ゆったりした時間を過ごしたりと、大人が楽しむビーチと言えるでしょう。

グアムの穴場ビーチ③:リティディアンビーチ

instagram-image

mommy_still_studying

グアムの最北端にあるリティディアンビーチは、グアムで最も透明度が高いと言われ、星の砂がひろえることでも人気があるビーチです。

まわりは自然豊かで、グアムの国定野生動物保護区に指定されており、ビーチまでの道も舗装されていないところが多いですが、自然をかきわけて進んだ先に広がる景色の美しさは最高ですよ。

見た目以上に潮の流れが速いので、沖のほうでの遊泳には向いておらず、浅瀬で美しい貝殻をひろったり砂浜で景色を楽しんだりと、のんびり過ごしたい方におすすめのビーチです。

気軽に行ける南国グアムのビーチでリゾート気分を満喫しよう!

今回は、日本から気軽に行ける南国グアムのおすすめビーチをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

日本では味わえないようなリゾート感あふれるビーチは、家族とアクティビティを楽しむのもよし、恋人とのんびり過ごすのもよし、いろいろな楽しみ方ができます。

ビーチによって雰囲気やおすすめの過ごし方が違うので、初めてグアムに行かれる方も、穴場スポットをお探しの方もぜひ参考にしてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。