グアムで初心者や子連れでも安心!おすすめのダイビングスポット

グアムに遊びに行く人のなかには、マリンスポーツが好きできれいな海を求めてという人も多いでしょう。パラセーリングやバナナボートにジェットスキーとマリンスポーツは色々あります。

今回は色んなマリンスポーツのなかから、ダイビングに注目してみました。

楽天のグアムでダイビング三昧

一年中暖かく、海に囲まれたグアムまでは日本から直行便も就航しているため、3時間半ほどで行くことができます。

さらに最近はLCCなどの飛行機があるために、航空券を安く手にすることもできるため、以前に増してダイビングを楽しむだけにグアムに旅行することの敷居も下がっています。

本記事では、グアムで初めてダイビングに挑戦する人から、上級者までダイビングを満喫できる厳選のスポットをご紹介します。

それでは、おすすめのダイビングスポットをご紹介します。

初心者向けダイビング:Piti Bomb Hole/ピティ・ボム・ホール

instagram-image

modernmarc

熱帯魚を多くみることができ、初心者向けのダイビングスポットが「ピティ・ボム・ホール」です。平均深度は11 mほどで海外近くでも魚を多く見かけることができ、安全にダイビングを楽しむことができます。

ピティ湾にあるダイビングスポットで、見どころのひとつに海中展望台があり、ダイビングをできない方でも海中の生き物を眺めて時間を過ごすことができます。

住所:Marine Drive, Piti, Guam 96915

子ども連れダイビング:Fish Eye Marine Park/フィッシュ・アイ・マリン・パーク

instagram-image

itsmeyuriwon

幅広い年齢で楽しめるダイビングスポットが「フィッシュ・アイ・マリン・パーク」です。子ども連れの家族が安心して海を満喫できる場所として人気があります。

ダイビングするには、まだ早い年齢のお子様や高齢者が一緒でも安心して海中を楽しめる施設となっています。

住所:818 North, Marine Corps Dr, Piti, 96915 グアム

絶景サンゴ礁:Finger Reef/フィンガーリーフ

instagram-image

diveaddict_g55

アプラ湾でサンゴをたくさん見ることができるスポットの1つが、フィンガーリーフです。人気のトレイルスポットであるスパニッシュ・ステップスのそばにあるので、近隣に数日宿泊して、マリンスポーツにグリーンアクティビティにと楽しむのもおすすめです。

初級者から楽しめるGABGAB/ガブガブよりもさらに冒険をしたいダイバー向きのこちらは、ボートツアーなどで訪れ、ダイビングを楽しむ人が多い場所です。

美しいサンゴ礁と、ウミガメ、エイに会えるかもしれないスポットです。

 

沈没船を見るなら:TOKAIMARU/東海丸

グアムの海の中では、沈没船を見ることができるスポットが数か所あります。なかには日本にゆかりがある船も、沈んでいます。

おすすめのダイビングスポットとして紹介する東海丸は、日本帝国海軍の貨物船として使われていたものです。海軍で使われる前は、客船として利用されていました。

1943年にアメリカ軍の魚雷により貨物艙に穴が開いたことで、グアムの海に眠ることとなりました。

上級者向けには:shark pit/シャークピット

instagram-image

batripsky

シャークピットという名前から容易に想像がつくように、サメを多く見かけるスポットということで、このような名前が付けられました。グアムの北オロテ半島にあるこちらのダイビングスポットは、より冒険をしたい!という上級者向けのダイビングスポットとなっています。

このスポットのそばにはターザンケイブもあり、そちらも兼ねて観光しに訪れるとよいでしょう。

ダイビングを楽しむならアプラ湾沿い中南部エリアへ

すでにダイビングを楽しんだことがある人なら、ご存じですがグアムは初心者向けのダイビングスポットです。船で20分も行かない場所に、おすすめのダイビングスポットがあるのも特徴です。

グアムのおすすめのダイビングスポットの多くが、グアムアプラ湾沿いに集中してあるので、気になるスポットを簡単に見て周ることができるメリットもあります。

グアムでダイビングの資格取得しよう

instagram-image

ma_yu__yu_

グアム旅行を機に、ダイビングのライセンスを取ってみようという人も多いでしょう。グアムで資格を取得するとしたら、どんな点に気を付けるとよいのでしょうか。

注意したい点やメリットは?

グアムでダイビングの資格を取るとなった時、インストラクターが日本語ができる人の方が、断然安心です。また、日本でダイビングの資格をとるよりも、グアムや海外で習得したほうが、金額的にリーズナブルといわれています。

どうせ、ダイビングのライセンスにチャレンジするなら美しい海で、神秘的な海の生き物にあえるグアムでチャレンジしてみましょう。

まとめ

今回ご紹介したダイビングスポットは、スノーケリングでも十分満喫できる場所もあります。マリンスポーツは苦手というお友達と一緒でも、海の生き物とであえる素敵な場所も含まれています。
ぜひ、記事を参考にグアムのダイビングスポットを堪能しましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー