一度は食べてみたい伝統的なホノルルグルメおすすめ6選

ホノルルにはおいしいグルメがたくさんあり、どれを食べていいのか迷うほど。

今回記事でご紹介するのは、地元の人が日常的に食べているホノルルのグルメを中心です。

おすすめのホノルルグルメ

instagram-image

revolver722_hidaka

今回ご紹介するホノルルグルメは、地元ホノルルのお店で、ドレスコードなしでも気軽に食べることができるものばかりです。

定番のロコモコ

instagram-image

afloat_hawaii_wedding

ホノルルに行ったことがない人でも、ハワイやホノルルの食べ物と聞くとすぐに思い浮かぶのが「ロコモコ」ではないでしょうか。

伝統的な郷土料理というよりは、現代のホノルルの人が日常的に食べる食事として定着しています。

ロコモコの見た目は最近日本ではやっているタイのガパオライスのようです。平らなお皿に盛りつけられた丼ぶり料理と想像するとよいでしょう。

このロコモコが生まれのは1949年あたりといわれています。ごはんの上に、油で揚げた目玉焼きと、スパイシーに味付けされたハムやベーコンが載っています。時にはシーフードを具にすることもあります。

伝統料理:カルアピッグ

instagram-image

aloha_chinatsu

ホノルルの先住民族から受け継がれている郷土料理の1つがカルアピッグです。現在では簡単にガスオーブンで作られるカルアピックですが、伝統的な方法では土を掘って作った簡易オーブンで豚肉を蒸し焼きにしていきます。

その際に使われるのがタロイモの葉です。伝統的な方法で作ると、時間がかなりかかりますが、観光客を呼ぶ目玉として伝統のスタイルを守って調理してくれるところもあります。

カルアピッグは、多くの場合はお米と一緒に食べることが多く、一つのお皿にお米とカルアピックが載った状態で提供されます。

このカルアピッグは、もともとはルアウという伝統的なお祭りで調理され、皆で食べたものでした。

日本でもブームになったハワイアンパンケーキ

instagram-image

elena.minamimori

日本でもブームになったおかげで、国内のあちらこちらにできたハワイアンパンケーキのお店。

ハワイからやってきたチェーン店も多いなか、どうせなら本場ホノルルでハワイアンパンケーキにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

日本人にとってなじみがあったパンケーキは、プレーンなものにバター、はちみつだけというのが主流でした。

南国ということもありフルーツ大国のホノルルでは、色鮮やかに様々なフルーツが盛り付けてあり生クリームもたっぷりが特徴です。パンケーキの粉もお店ごとに生地に練りこんである材料が違いふわふわ触感だったり、甘さが売りだったりと異なります。

ホノルルでパンケーキ店を見かけたら食べ比べもいいでしょう。

ヘルシー志向な人向け:アサイボウル

instagram-image

bogartscafe

ホノルル発祥の食べ物ではないのですが、同じ南国のブラジル生まれのアサイーボウルは、暑い国ハワイでも人気の食べ物で、ホノルルのグルメといってもよいでしょう。

スーパーフルーツともいわれるアサイーは、ヤシ科の実で美容健康にとても良いと言われています。食べ方はいたってシンプルで、ホノルルあたりで食事ではなくデザートとして最初人気を博しました。

アサイーをブレンダーでなどで滑らかにつぶしてジュース、スムージーにしたものに、好みのシリアル、果物を入れて食べるのが一般的です。

アサイボウルもパンケーキと同じく店ごとに特徴があるので、食べ比べしてみるとよいでしょう。ハワイの気候が暑くて少し、体調が芳しくないと感じた時など特におすすめのホノルルグルメです。

ハンバーガーチェーン店でも手に入るサイミン

instagram-image

hawaiishinichi

カタカナの文字だけを見ると一体どのような食べ物かわからないホノルルのグルメのひとつがこちら、「サイミン」です。感じで細い麺と書きます。いわゆるヌードル料理の1つです。

これはハワイの発祥でラーメンの1つに数えられています。マクドナルドのようなバーガーチェーン店でも食べることができるホノルルグルメの1つです。

細身の麺に、具は薄切りにしたかまぼこ、チャーシューなどがついてきます。1900年代の初め頃からすでにあった食べ物で、ホノルルの人たちにとってはとてもなじみのあるローカルグルメの1つです。

日本ともゆかりがあるスパムむすび

instagram-image

lilii.crepe

ホノルルのスーパーマーケット、コンビニで目にしたことがある人もいるでしょう。日本のすしの形状だけど、なぜかおむすびとよばれている「スパムむすび」は、ごはんのうえにスパムハムが海苔で巻いてある食べ物です。

ホノルルではスナック感覚で食べられるこのスパムむすびが生まれたのは、第二次世界大戦の頃のことです。日系アメリカ人のバーバラフナムラさんがつくったものが、オリジナルだと言われています。

2016年に残念なことにバーバラさんは、78歳の生涯を終えています。

手軽で安いホノルルグルメにチャレンジするには

instagram-image

_babyanju_

旅に出たときに、ローカルフードを堪能したい!と思う人は多いはずです。そのような時にはどのようにして見つけるとよいでしょうか。

地元の人にきいてみよう

一番オーソドックスな方法ですが、地元の人に聞くのが一番です。ホテルの受付の人がフレンドリーな感じなら、忙しくない時間に訪ねてみるとよいでしょう。きっとガイドブックに載っていないホノルルのグルメをお知れてくれるはずです。

まとめ

ホノルルのグルメを簡単にご紹介しました。定番どころばかりですが、店によって味がちがうので、見かけたら色々食べ比べをしてみましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー