ホノルルでレンタカーを借りよう!必要な知識やおすすめのレンタカー会社

ホノルルでレンタカーを利用し、自分たちのペースでハワイを楽しむ人が増えています。レンタカーは行き先や時間を制限することなく、ハワイ旅行をより充実させてくれます。

しかし、海外で安全に運転するため知っておきたいことや注意点もあります。そこで今回は、ホノルルでレンタカーを借りるために必要な知識をまとめてみました。

ホノルルでレンタカーを借りるために知っておきたいこと

instagram-image

sumhawaiii

海外でレンタカーを借りるには、何が必要なのでしょう。交通ルールや運転マナーなど、知っておきたいこともたくさんあります。

快適に車で旅行を楽しめるよう、必要な知識をお教えします。

ホノルルでレンタカーを借りる際に必要なもの

instagram-image

solasunny0x0

 

レンタカーを借りるには次のものが必要になります。

・有効な日本の免許証

・パスポート

・米国で使用できる運転者名義のクレジットカード

・運転者の年齢が21歳以上であること

ハワイではアメリカに入国後1年以内であれば、日本の免許で運転できます。これを証明するためにパスポートが必要になります。しかし、ハワイの多くの警官がこれを認識していません。また、交通違反をした場合、日本の免許証では名前などが読めないため、手続きに長い時間がかかります。できれば国際免許を取得していった方が安心でしょう。

ホノルルでレンタカーを運転するときに注意したい交通ルール

instagram-image

hikarugramhawaii

・右側通行

日本との一番大きな違いは、右側通行ということです。曲がるときにどちらのレーンに入るか迷う場合が多いので、常に右側通行ということを意識しながら運転しましょう。

・右折に注意

アメリカでは歩行者や向かってくる車がいなければ、基本的に赤信号でも右折できます。ただし、「No Turn on Red(右折禁止)」と書かれた標識がある場合はできません。

ホノルルでレンタカーを利用するときに覚えておきたいこと

・シートベルトとチャイルドシート

運転者はもちろん同乗している全員が、シートベルトの着用が義務付けられています。また子どもは、身長や体重に合わせてチャイルドシートやブースターシートが必要です。アメリカでは、チャイルドシートの不使用は幼児虐待として厳しく罰せられます。

・スクールバスが停まっているときの対応

ハワイのスクールバスは黄色で目立ちます。スクールバスが停車し赤いライトが点滅しているときは、子どもたちが乗り降りしている合図です。決して追い越してはいけません。反対車線にいる場合も、停まる必要があります。

ホノルルでレンタカー会社を選ぶポイント

たくさんあるレンタカー会社の中で、どこがいいのか迷いますよね。まずはそれぞれの会社のHPページを色々見てみましょう。

そして選ぶときは、次のようなポイントを確認してくださいね。

ホノルルレンタカー・チェックポイント①:レンタル料金と保険

多くのレンタカー会社で、借りる日数に応じて割引プランを提示しています。割引率や週単位の料金など、会社によって様々なので比較してみましょう。

また、料金に含まれているものも確認してください。保険やチャイルドシートなどが別途料金の場合もあります。

レンタカー会社によって、保険料金や内容が変わってきます。一日数十ドルの違いでも、長期間利用すると料金の差が大きくなるので比較しましょう。カバーが必要なもの、不必要なものをあらかじめ念頭に置き、保険内容を確認することをおすすめします。

ホノルルレンタカー・チェックポイント②:営業所の場所

instagram-image

redfox_123_

車の受け取りや返却のために訪れる営業所の場所は、重要なポイントです。滞在期間中ずっとレンタカーを利用するなら、空港にある営業所で借り、返すのが便利です。

もし、数日だけレンタカーを借りたい場合は、宿泊先からなるべくアクセスしやすいところがよいでしょう。

ホノルルレンタカー・チェックポイント③:トラブルサポートの充実

事故や故障などのトラブルに、どこまで対応してくれるのか必ず確認しましょう。トラブルはいつ起こるか分かりません。できれば24時間サポートのある会社が理想です。

また、日本語での問い合わせが可能かどうかも重要です。トラブル時の説明は、専門用語を含めた英語力が必要になります。日本語で会話ができることは、大切なポイントです。

ホノルルにあるおすすめのレンタカー会社

ホノルルには、有名な大手からローカルのレンタカー会社などがたくさんあります。

それぞれの会社の料金やサービスを比較して、自分に合ったところを選びましょう。

ホノルルのレンタカー会社①:アラモレンタカー

instagram-image

krazy_carlos7_hpg

日本語のGPSナビゲーションや日本語で自動チェックインサービスがあります。カウンターでのやり取りもないので、英語が苦手な人にはストレスを感じずに済みます。

長期間レンタルの割引や保険と税金が含まれているプランもあります。

ホノルルのレンタカー会社②:ハーツレンタカー

instagram-image

hokuleasakichi

ホノルル内にいくつもの営業所があります。トールフリーでかけられ、24時間日本語で対応する「日本語アシスタントダイアル」が好評です。トラブル時だけではなく、返却日の変更や料金、車の操作についても質問できます。日本語で予約もできるので、現地に着いてから予約をするときも便利です。

ホノルルのレンタカー会社③:ダラーレンタカー

instagram-image

dollarcarrental

現地払いと日本払いが選べます。車のみのプラント、返却時ガソリンの給油が不要、GPSつきなど、様々なプランが用意されています。どのプランにも保険がついてきますが、プランによって保険内容が違うので注意して下さい。

24時間日本語ロードサービスや、SUVとミニバンの最新車種が多いのも嬉しいポイントです。

まとめ

ホノルルはレンタカー会社の営業所も多く、プランやサービスも充実しています。海外でのレンタカーは初めてという人でも、ホノルルはおすすめですよ。

車でハワイの大自然の中を駆け抜ける体験は、忘れられない思い出になるでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。