ハワイのホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)の最新情報

日本人の観光客に人気のハワイの玄関口は、ホノルル空港です。南国のリゾート地に初めて飛行機から降り立ったときは、とても新鮮な驚きに包まれるでしょう。
でも飛行場の状況や周りのこと、市街地へのアクセスの仕方などが分からないと不安ですね。ホノルル空港について、詳しくご紹介します。

ホノルル空港の正式名称は?

instagram-image

myhawaiiarukikata

まずハワイのホノルル空港の正式名称を覚えておきましょう。正式名称は、ダニエル・K・イノウエ国際空港です。2017年5月に名称がホノルル空港から変更になっています。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ダニエル・K・イノウエさんはハワイ出身の日系アメリカ人で元上院議員です。すでに亡くなっていますが、ハワイだけでなく全米でも著名な方です。生前の絶大な功績を讃えて、日本の高知龍馬空港と同じように空港名にその名を冠したのです。

ホノルル空港のターミナルとゲート名の変更

instagram-image

yuji_hanawa

 

ダニエル・K・イノウエ国際空港は、2018年6月にターミナルと搭乗ゲートの名称・番号も変更になっています。詳しくご紹介しましょう。

1. ターミナル1はハワイアン航空が使用

従来のインターアイランド・ターミナルは、ターミナル1に名称変更されています。ハワイアン航空の日本行きを含む国際線・国内線やハワイの島々を結ぶ空路のターミナルです。ターミナル1は、ハワイアン航空専用のターミナルと考えておきましょう。

2. ターミナル2はJAL・ANAなど他の航空会社が使用

従来のオーバーシーズ・ターミナルは、ターミナル2に変更されています。ハワイアン航空以外の日本と結ぶ便は、JAL・ANA・デルタ航空・ユナイテッド航空・大韓航空など、いずれもターミナル2を使用します

航空会社のカウンターもハワイアン航空・モクレレ航空以外は基本的にターミナル2にあります。

3. ターミナル3は島を結ぶモクレレ航空のターミナル

従前のコミューター・ターミナルがターミナル3に変更になっています。ハワイの島々を結ぶモクレレ航空専用のターミナルです。ターミナル1とターミナル2の間は歩いても問題なく移動できますが、ターミナル3はウィキウィキバスで移動します。

4 ゲート名

ダニエル・K・イノウエ国際空港は、1階が到着ロビーで、2階が出発ロビーと覚えておきましょう。ゲート番号は従来数字だけでしたが、A~Gのアルファベットと数字の組み合わせに変わっています。アルファベットがコンコースごとに、数字が搭乗ゲートごとに割り振りされていますので、分かりやすくなっています。

ホノルル空港からワイキキへのアクセスの仕方

空港から各ホテルやワイキキの市街地までの行き方をご紹介します。ツアーでハワイを訪れる場合は、通常ホテルや市の中心部までの送迎サービスが付いています。ここでは、他の交通手段をまとめて見ておきましょう。

1.タクシー

instagram-image

maristar007

税関を過ぎ右側にある出口から出たところに到着ロビーがあり、その前の横断歩道の先にタクシー乗り場があります。TAXI の看板がありますので、そこから乗車します。料金は、25ドル~30ドルです。

2.レンタカー

instagram-image

sumhawaiii

レンタカー会社の受付カウンターは会社によって違いますので注意しましょう。ハーツなどは、到着出口を右方面へ進み、看板を目印にレンタカーの建物へ向かいます。他のレンタカーは連絡用のシャトルバスを利用する場合もあります。

3.シャトルバス

instagram-image

robertshawaii.jp

空港と市内を結ぶシャトルバスはいくつかあります。

・送迎シャトルサービス by HISハワイ

HISのシャトルサービスで、日本発の直行便の到着時間に対応しています。事前予約しておくと安心です。料金は、片道16ドルです。

・シャトルバス(ロバーツ・ハワイ)

ロバーツ・ハワイが運行するエアポート・ワイキキ・エクスプレスも便利です。乗り場はタクシー乗り場の近くです。料金は、ワイキキまでは16ドル、カハラまでは26ドルです。

・スピーディシャトル(SpeediShuttle)

ホノルル空港とワイキキ周辺のホテル間を移動するバンタイプのシャトルバスです。乗降するホテルを伝えて予約できます。混乗、専用などいくつかのタイプがあります。料金は、混乗15.48ドル(ワイキキまで)などとなっています。

4.路線バス

instagram-image

alohappy_hawaii

市バスの19番・20番・31番が空港を通ります。空港内にバス停が3カ所あります。ただし、バスには大きなスーツケースなどは持ち込めません。料金は2ドル50セントと安いです。

5. ホノルル・レール・トランジット

instagram-image

a.lo.ha.k.f

ホノルル郊外のカポレイから、ホノルル空港経由で、アラモアナ・センターを結ぶ鉄道路線が2020年下期に一部区間で開業予定です。全線が開業すれば空港からアラモアナ・センターまで16分で行けるとの計画で期待は高いのですが、全線開通は2025年の予定です。

まとめ

ハワイのホノルル空港をご紹介しました。空港はその国の第一印象になる大事な場所です。スムーズに出入国して気持ちよく移動したいものですね。この記事を参考に事前の予備知識を持っておくと安心できると思います。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。