日本とホノルルの時差は?|現地時間の計算法と時差ボケ防止のコツ方法と

海外に行く際に、時差は必ず計算に入れておかなければならない要素です。現地で昼間に眠かったり、夜に眼がさえたりして、楽しい旅行が台無しになることがあるからです。

今回は、日本とホノルルの時差の関係と時差ボケの対処法をお伝えしていきます。

ホノルルの時差の計算法と計算ツール

日本のホノルルの時差は、19時間です。日本の方が、ホノルルよりも19時間進んでいます。ほぼ1日に近い時間、日本との時差があることになります。

ホノルルとの時差の計算方法

まず前述の通り、日本とハワイの時差は19時間であり、日本の方が進んでいます。また、ハワイにはサマータイムがないため、1年中同じ計算方法を利用することができます。

日本の時間から19時間を引こうとすると計算が面倒です。パッとホノルルの現地時刻を知りたい場合は、5時間を足す方が早いです。

例えば日本が1月1日のAM0時の時、ホノルルは12月31日のAM5時です。日本が1月1日のPM18時の時は、ホノルルは12月31日のPM23時です。

つまり、「日本の時刻に5を足した前日」がホノルルの現地時間となります。19時間分引くよりも、こちらの方が素早く計算できるはずです。

ちなみに、ホノルルの現在時刻から日本の時刻を計算することも簡単です。日本→ホノルルの反対の計算をすればいいのです。

つまり、「ホノルルの時刻から5を引いた翌日」が日本の現在時刻です。旅行の終わり際には日本の時刻が気になるものですから、覚えておくと便利です。

ホノルルとの時差の計算ツール

前述の計算方法を使えば、ホノルルの時差計算は簡単にできます。しかしながら、他の国を経由する旅行の場合はツールに頼った方が早いこともあります。

ここでは、無料で利用できる時差計算ツールについて紹介します。

世界の時差以外にも、天候など旅行に必要な情報が網羅されたサイトです。世界中の時差情報を見られるサイトは英語表記が多いですが、Time-j.netは日本語で表示されています。各項目が非常に見やすく、日本語表記のため読むのにストレスも感じません。海外旅行者におすすめできるアプリの1つです。

EveryTimeZoneは、ビジュアルで時差の計算ができるツールです。各都市の時間が横軸のラインで表現されており、各都市のラインを貫いた縦の線を動かすことで都市の時間が変化していきます。グラフの変化で直感的に時差を読み取れるため、複数の都市の時差を同時に調べたい場合に便利です。表記は英語ですが、読まなくても問題なく操作できます。

ホノルルへのフライト時間と時差の関係

ここまで紹介してきた日本とホノルルの時差の関係を、実際のフライトに置き換えてみましょう。

2020年1月現在、東京(羽田)-ホノルル間を就航する全日空・ハワイアン航空を例にとって考えてみましょう。分かりやすくするため、1月1日に出発するものとします。

日本からの出発は、PM9時20分です。フライトには約7時間を要します。つまり、ホノルルに到着する時は日本の時刻は1月2日のAM4時20分です。

AM4時20分に5を足して前日にするとホノルルの現地時刻になります。つまり、到着した時のホノルルは1月1日のAM9時20分という事になります。

逆に、ホノルル出発して日本に帰るときはどうでしょうか。この場合は、ホノルルを朝に出発して日本に翌日の夕方に着くことになります。特別な対策をしなくても、時差を感じずに日常生活に戻ることができるでしょう。

時差ボケを防止して楽しくホノルルで過ごす方法

時差ボケを防止する絶対的な方法は、飛行機のフライト中にぐっすりと寝てしまうことです。

先ほど紹介した例を使って改めて考えてみます。ホノルルに着いた時の現地時刻は1月1日のAM9時20分ですが、日本の時刻は1月2日のAM4時20分です。

機内で寝ずに過ごした場合、体内時計は深夜の4時なのにホノルルの1日は始まったばかり、ということになります。このため、着いた時から眠気に悩まされ、旅行にも身が入らなくなります。

この問題を解消するために、機内で寝てしまうのです。

フライト時間は7時間にもなるため、食事やトイレなどで起きたとしても6時間近く寝ることが可能です。それだけ寝られれば、体内時計が狂いにくくなります。

時差が小さい地域への旅行の場合は到着した時には深夜です。ホテルに着いて寝るだけで初日が終わってしまいます。時差の大きな地域は時差ボケの怖さはありますが、それさえ克服できれば初日からアクティブに動けるというメリットがあります。

機内でしっかり寝て過ごせるように、出発前日までに寝入る時間をコントロールしておくことをおすすめします。

まとめ

 

今回は、日本とホノルルの時差の関係と計算方法、時差ボケの防止方法にテーマを絞ってお伝えしてきました。

ホノルルの現地時刻は、「日本の時刻に5を足した前日」と覚えておくと簡単です。複数の国を経由する際は、無料アプリを活用して計算すると間違いがありません。

時差ボケをしてしまうと、せっかくの旅行が体調不良で台無しになることもあります。逆に時差を克服できれば、長時間のフリータイムを有効に使うことが可能です。

時差の計算と時差ボケ防止を活用し、楽しい旅行を実現してください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。