ハワイの観光・グルメ情報を紹介!守るべき情報もあるので注意

世界的にみて、かなりの知名度を誇る観光地がハワイです。ハワイ旅行は人々の憧れの1つになることが多く、人生のうちで1度は訪れておくべき場所だといえるでしょう。

今回は、人気の観光地であるハワイについての情報を紹介していきます。ハワイに訪れる機会がある人に役立つ情報ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

【ハワイ 情報】ハワイとは

instagram-image

milimili_hawaii_tour_photos

ハワイは、アメリカの最後の州であり、唯一の島だけで形成された州でもあります。8つの島と100以上の小島からなる州であり、最も知名度が高いのはハワイ島です。

熱帯気候のため年中暖かく過ごすことができ、海や山などの自然も豊富に存在しています。活火山も活動しているため、観光以外に学者などが訪れることでも有名な土地です。

【ハワイ 情報】ハワイの観光スポット5選

instagram-image

alohastreetcom_hawaii

さまざまな魅力があるハワイですが、やはり1番多いのは観光目的で来る人々です。ここからは、ハワイで1度は訪れておきたい観光スポットを紹介するので、ぜひ訪れてみてください。

【ハワイ 情報】ワイキキビーチ

instagram-image

moanasurfriderjp

ハワイのビーチで知名度が高いワイキキビーチは、1年を通して多くの観光客が訪れる場所となっています。約3kmにわたる砂浜できれいな海を堪能する人が多く、ハワイの目玉スポットです。

夕日がきれいに見えるスポットとしても有名であり、きれいな景色を見たい人には欠かせない場所です。訪れて損はないため、ハワイに行くならぜひ訪れてみてください。

【ハワイ 情報】ダイヤモンドヘッド

instagram-image

gohawaii_jp

ハワイの有名な火山であり、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットでもあります。ワイキキビーチから近い距離にあるため、ビーチで遊んでから、ダイヤモンドヘッドを訪れるのもよいでしょう。

山頂からの景色がよく、早朝から日の出をみるために登頂している人も多いです。ハイキングコースもあり、誰でも登りやすくなっているので、山登りの経験があまりない人も登ってみることをおすすめします。

【ハワイ 情報】ハナウマ・ベイ

instagram-image

risahawaii

オアフ島の有名なビーチである、ハナウマ・ベイも訪れておくべき観光スポットになります。シュノーケリングがしやすい場所でもあり、ハワイのきれいな海を堪能したい人は訪れておくことをおすすめします。

ハワイ全体をみてもかなり人気の高いスポットであり、ツアー旅行の行き先にはほぼ必ず入る場所です。決して損はしない観光スポットなので、ぜひ訪れてみてください。

【ハワイ 情報】カイルア・ビーチ・パーク

開放感という点では、カイルア・ビーチ・パークはかなりおすすめです。人気スポットであることに変わりありませんが、他のビーチと比べれば人がそこまで多くない印象なので、ゆったりと過ごすことができます。

また、ビーチ周辺にはおしゃれなカフェやレストランも多いため、おいしい食事を食べながらきれいな海を楽しむことも可能です。人混みがあまり得意ではない人でも、カイルア・ビーチ・パークなら落ち着いて過ごせるため、おすすめのスポットなります。

【ハワイ 情報】カネオヘ・サンドバー

instagram-image

retrip_news

時間帯によって景色が変わるカネオヘ・サンドバーもハワイ屈指の観光スポットです。潮の満ち引きで白い砂浜が出現するのですが、別名天国の海と呼ばれるほど見事な景色を堪能することができます。

カネオヘ・サンドバーには船を使わないと行けないのですが、手間をかけて見る価値は十分あります。他のビーチもおすすめですが、限られた時間しか見れないきれいな景色もおすすめなので、ぜひ訪れてみてください。

【ハワイ 情報】ハワイのグルメ3選

instagram-image

myhawaiiarukikata

ハワイには、観光スポット以外にもおいしいグルメが多数あります。さまざまなグルメがあるのですが、その中でもおすすめスポットを紹介するので、訪れてみてください。

【ハワイ 情報】KCC ファーマーズマーケット

ダイアモンドヘッドを訪れるなら、ふもとにあるKCCファーマーズマーケットに立ち寄ってみてください。朝市を行っている場所であり、新鮮な食材が多く取り揃えられています。

食材を購入できるだけでなく、その場で食べられるピザ・ロコモコなどもあるため、見ても食べても楽しい場所です。朝はKCCファーマーズマーケットで腹ごしらえをして、それからダイアモンドヘッドに登ればよい運動になるでしょう。

【ハワイ 情報】ノースショア

instagram-image

__shizuka429

 

ハワイのB級グルメを楽しみたい人におすすめのノースショアです。シュリンプが人気商品であり、ノースショアで出されるものは本場の味としても有名なものとして有名なので、食べてみる価値は十分あります。

ハワイには一級品グルメが多数ありますが、ノースショアでは地元ならではの味を楽しむことが可能です。オアフ島にあるため、訪れたさいはぜひ立ち寄ってみてください。

【ハワイ 情報】ハウツリーラナイ

instagram-image

risahawaii

ホノルル島にあるホテル内に店を構えているのが、ハウツリーラナイです。樹齢100年以上の樹が植えられていることから名づけられたレストランであり、人気はエッグベネディクトとなっています。

また、目の前にはビーチも広がっているため、シンボルである樹ときれいな海を楽しみながら食事をすることができます。レストランがあるニューオータニカイマナビーチホテルもおすすめのホテルなので、ぜひ利用してみてください。

【ハワイ 情報】ハワイに行く際の注意点

instagram-image

sy.hawaii_mn

ハワイには観光スポットやおいしいグルメが数多くあります。しかし、訪れる際には注意しなければならないこともあるため、覚えておくことをおすすめします。

【ハワイ 情報】火山活動の情報は確認しておく

ハワイは火山活動が盛んな地域です。そのため、訪れる前に火山の活動情報を確認しておきましょう。場合によっては立ち入れない場所もあるため、せっかくの観光が台無しになることも考えられるのです。

【ハワイ 情報】公共の場で飲酒はできない

日本では、公共の場で飲酒しても暴れたりしなければ咎められることはないでしょう。しかし、ハワイでは基本的に公共の場で飲酒することはできません。これは法律で定められているため、違反すると逮捕される可能性もあります。

また、飲酒も日本とは違い21歳からなので、場所や自分の年齢に気を付けておいてください。

【ハワイ 情報】喫煙はあまりできない

ハワイのほとんどの場所で、喫煙は禁止になっていることも覚えておいてください。喫煙が許されるのは、ホテルや空港などの限られたスペースだけです。観光地のため、ポイ捨てタバコなどには厳しいのがハワイなのです。

【ハワイ 情報】肌はあまり露出しない

いくら世界有数の観光地とはいえ、治安がよいというわけではありません。特に、露出が多い服装をしている人は売春と間違われること多いので、服装は控えめにしておくことをおすすめします。また、レストランにはドレスコードもたまにあるので、着用する服には気を付けておきましょう。

【ハワイ 情報】12歳以下の子供は1人にしない

ハワイでは、12歳以下の子供から目を離してはいけないという法律があります。そのため、家族連れでハワイに行く人は子供の行動には注意しておきましょう。また、治安があまりよくない地域では誘拐の危険などもあるため、常に傍に子供を置くなどの工夫をしておいてください。

【ハワイ 情報】ウミガメには近づかない

ハワイのきれいなビーチで遊んでいると、ウミガメに遭遇することもあります。しかし、ウミガメに近づくことは保護の観点から禁止されているため、発見しても遠くから見るだけにしてください。あくまで遠くから観賞するだけの存在だということを、肝に銘じておきましょう。

【ハワイ 情報】ホテルのベランダに洗濯ものは干さない

利用するホテルには、ベランダが付いていることが多いです。観光客は、ベランダで洗濯ものを干していることもあるのですが、これもハワイでは禁止されています。やりがちな行為なので、ハワイに行った際は気を付けておきましょう。

【ハワイ 情報】スパの利用は水着着用

ハワイにはスパなどが多くありますが、日本のように裸で入ることはできません。スパを利用するには水着が必要なので、必ず持参していくようにしてください。日本と同じ気分でいると、スパを利用できないかもしれません。

まとめ

ハワイの様々な情報について紹介しました。ハワイは有名な観光地であり、多くのスポットやグルメがあります。その反面、注意しておかなければならないこともあるため、ハワイを訪れる人は気を付けておいてください。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー