ハワイは地震が多いの?火山活動や災害が発生した際の対処法

ハワイには今も活動している活火山がありますが、火山があると地震の発生も多くなるようなイメージがあります。しかし、ハワイでの大きな地震についてはあまり話を耳にしたことはありませんし、実際のところどうなのか気になる人も多いでしょう。

 

今回は、ハワイでの地震事情や火山活動、旅行中に災害が発生した際の対処方法などを紹介します。ハワイ旅行を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ハワイは地震が多い?

instagram-image

reef_aloha

ハワイは地震が多いのかと言われると、実際のところはそれほど多くはありません。ハワイで起きる地震は火山活動による「火山性地震」と呼ばれるもので、大きな火山活動がない限り地震も起きないと言われています。

 

ただ、今も活動を続けている活火山があるため、身体に感じないほど小さな揺れは毎日のように発生しています。また、あまり大きな地震が発生しないハワイでも2018年にはマグニチュード6.9の大規模地震が発生しました。これはキラウエア火山の噴火によるもので、この地震で津波が発生し、海沿いの「SHINMATI(新町)」と呼ばれる地区で犠牲者を出しています。

 

普段はあまり地震が発生しないだけに、この時はハワイ中が大パニックになったと言われています。日本人は地震に慣れているとは言え、海外で地震などの災害に見舞われた場合は、どうすれば良いか分からずとても不安になってしまうと思います。

 

 

地震よりも台風やハリケーンなどの方が多い

instagram-image

shiori.trip

ハワイでの地震については、あまり頻度が多くないということがわかりました。しかし、ハワイは日本に比べて台風やハリケーンの頻度が多いと言われています。

 

日本に来る台風は赤道近くの南の海上で発生しますが、ハワイは赤道に近く一年中温かい気候をしているため、上昇気流が発生しやすく台風が発生しやすいのです。台風やハリケーンが発生しやすい季節としては、日本同様8月~9月と言われています。そのため、台風やハリケーンを避けるならこの時期以外での渡航がおすすめです。

洪水の心配もある

instagram-image

keikokelly8

ハワイでは洪水の心配もあります。一年を通して雨が多い気候のため、他の自然災害よりも洪水のリスクは高いと言えます。台風による洪水だけでなく、雨による川の決壊なども起こります。洪水については危険度が高いスポットは注意喚起がなされており、ホテルを予約する時点で旅行会社から説明もあります。

 

少し雨が降るだけで水が溜まってしまう場所もあるので、雨が降った際には川には近づかないのがベストと言えます。洪水注意の標識などもあるので、街中を歩く際にチェックしておくと良いでしょう。

注意報頻度の多い津波

ハワイでは、地震よりも津波の注意報頻度の方が多いです。ハワイで発生する地震による津波はもちろんのこと北アメリカや南米などで発生した地震によって、津波が押し寄せることもあるからです。ハワイでは年に2~3回ほど津波注意報が発令されています。津波注意報と聞くと日本ではそれほどなじみがないので、不安になってしまう人も多いです。

 

ただし、津波が頻繁に起きるからこそ避難エリアも明確になっています。避難エリアには道路標識や看板が設置されており、英語が分からない日本人でもわかるイラストで表示されています。津波の危険がある場合は、迷わず避難エリアへ駆け込みましょう。

ハワイで地震などの災害に見舞われたら?対策方法

instagram-image

milimili_hawaii_tour_photos

ハワイで地震や台風などの災害に見舞われたら、まずは落ち着いてホテルの従業員やツアー会社の指示を待ちましょう。言葉も文化も異なるので、良かれと思ってした行動がトラブルにつながることもあります。

 

ハワイでも起きやすい、ハリケーンや津波などの自然災害では帰国便のフライトが欠航になったり、キャンセルになったりすることもあります。そういった際には、できるだけ早い段階で旅行会社や代理店へ連絡を入れてフライトの確認をするようにしましょう。連絡を待っているよりも、自分で連絡を取った方が確実です。

 

予定した便がなくなったら、同じホテルで連泊が可能なのか、ホテルを移動した方が良いのかも合わせて確認しましょう。宿がなくなってしまっては元も子もないので、航空券と合わせて宿の手配についても確認が必要です。

 

もし避難を余儀なくされた場合は、ハワイの総領事館に相談するのが最も適切な対処法です。総領事館に現在の状況などを相談し、身の安全を確保してもらいましょう。

 

ハワイは地震が少ないということがわかりましたが、少ないと言ってもリスクがないわけではありません。地震以外にも台風やハリケーン、洪水、津波といった自然災害が起きることもあるので、天気や火山活動など事前にチェックできることは確認しておくと良いでしょう。

ハワイに滞在中も、インターネットを使ってハワイの天気や火山を日本語でチェックすることができます。いざという時にパニックにならないためにも、しっかりと事前の準備をしておきましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー