憧れのハワイでの結婚式!費用の平均と内訳を見てみよう

恵まれた気候、美しい海、大好きなハワイで結婚式を挙げたいと憧れている女性の方、多いのではないでしょうか。

結婚式は縮小傾向にある近年、海外でのリゾート挙式を希望する新郎新婦さんが増えています。

ハワイでの結婚式は日本で行うよりも安く、小ぢんまりとはしていますがアットホームで温かな雰囲気が人気。

甘い雰囲気のまま新婚旅行も楽しめるまさにハネムーンを味わえます。

良いことづくしのリゾート挙式、まず知りたいのが費用。

ハワイでの結婚式は一体いくらくらいかかるのでしょうか?

ハワイでの結婚式費用の内訳は?

日本で結婚式を挙げるよりも、リゾートウエディングの方が安いと耳にしたことはありませんか?

  • ゲストの数
  • プラン
  • 演出

などによっても金額は異なりますが、国内挙式にかかる平均金額が約310万円。

ハワイでの結婚式の平均金額は160万円とほぼ半分の費用で済みます。

国内挙式ではゲストの数が増えることや、何度もお色直しをしたりすることから結婚式の費用は高くなりがち。

対してハワイでの結婚式はゲストの数は限られますし、披露宴もシンプルなパーティが多いので費用は総じて抑えられます。

ハワイでの結婚式、何にいくらかかるのか見てみましょう。

ハワイでの結婚式費用①渡航費+滞在費

ハワイでの結婚式費用のうち3分の1以上を占めるのが新郎新婦の渡航費と滞在費です。

平均総額160万円のうち、二人の渡航費と滞在費の平均が60万円ほどとされています。

滞在費と渡航費は通常の旅行と同じように

  • 滞在日数
  • 渡航するシーズン
  • 滞在するホテルや航空券のグレード
  • 手配する会社

によって大きく差が生じます。

滞在費を抑えて日本での生活にお金を回すのも良いですし、一生に一度のことと豪華なリゾートホテルに滞在するのも良いでしょう。

ハワイの挙式では新郎新婦の二人で話し合って、お金をかけるべきポイントを選べます。

それが国内挙式とは大きく異なる点のひとつですね。

ハワイでの結婚式費用②挙式費用

instagram-image

the_terrace_by_the_sea

ハワイでの結婚式費用の平均160万円のうち、新郎新婦の渡航費と滞在費以外の部分はほとんどが挙式費用です。

挙式については旅行会社や海外挙式専門の会社に依頼するほうが安く抑えられます。

会社を経由すると

  • 挙式
  • 衣装
  • ヘアメイク
  • カメラマン
  • ブーケなどの小物類
  • 送迎費用

など挙式に必要なものがすべてセットになって80万円と言う安さのプランもあります。

プランや挙式会場は数多く用意されており、必要なところに必要な分の費用がかけられるのも人気の秘密です。

ハワイでの結婚式費用③パーティー費用

二人だけの挙式であればかかる費用はここでおしまい。

ゲストやご家族が一緒の場合は小さなパーティーを開くのが人気のプランです。

挙式に関しては旅行会社や専門の会社を通したほうがお得になりますが、パーティーに関しては別。

宿泊予定のホテルや、レストランに問い合わせて自分で手配をしたほうが安く抑えられます。

また、ハワイ挙式を考えている方の中には海の見えるレストランでパーティーをしたい!と考えている方も多いのでは?

好きなお店、思い出のあるレストランで開く結婚パーティーは生涯の思い出になりますね。

レストランやパーティ会場へはメールで問い合わせてみましょう。

ウエディングパーティーのコースは一人につき100ドルくらいから用意されています。

ハワイでの結婚式、ゲストの渡航費用は?

ハワイでの結婚式費用、忘れてはいけないのがゲストの渡航費です。

二人だけで結婚式をするプランも素敵ですが、家族や親戚、それに数人の友人を呼んでと考えているのでは?

直接は聞きにくい、ゲストの渡航費について見てみましょう。

ハワイでの結婚式、ゲストの渡航費用は出すべき?

まずはデータをチェックしてみましょう。

ゲストの渡航費用や宿泊費は新郎新婦が出しましたか?と言う質問に、

  • 新郎新婦がすべて負担した・・・22%
  • 新郎新婦が一部を負担した・・・18%
  • ゲストがすべての渡航費を負担した・・・60%

と言うアンケート結果が出ています。

ゲストが渡航費を負担するケースが半数以上と言うわけですね。

渡航費用を出してもらう代わりに

  • ご祝儀は受け取らない
  • 現地でのアクティビティを用意する
  • 航空券はまとめて手配する

などの心配りをしているカップルもいます。

ハワイでの結婚式、ゲストの費用を一部負担するなら?

先程のアンケートでも分かるようにゲストを呼ぶ場合、一部を新郎新婦が負担することもあります。

この「一部」と言うのは人によって異なっており決まりはありません。

航空券を購入してお渡しする方もいますし、宿泊費を負担する方もいます。

海外まで二人を祝福しに駆けつけてくれる親族や友人の負担にならないように、何か心遣いがあると良いでしょう。

まとめ

ハワイで挙げる結婚式は日本での挙式とは少し勝手が異なります。

自分で手配するものも多いですし、情報も多くありません。

しかし手間暇をかけたからこそ、一層素敵な時間になること間違い無し。

ぜひハワイ挙式も視野に入れてみましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー