ハワイ旅行の変圧器選び!正しい変圧器を選んで旅に備えよう

楽しみなハワイ旅行。海外旅行へは何度出かけてもウキウキします。

しかも、大人気のハワイを訪れるとなるとなおさらでしょう。

準備は万端ですか?

お目当てのレストランやアクティビティは予約したでしょうか?

準備の仕上げに、今スーツケースに詰めた家電が、ハワイで使えるのかどうかチェックしてみませんか?

現地に到着してから「使えなかった!」と言う事態を避けるため、少し時間を割いてみましょう。

ハワイ旅行に変圧器は必要?

instagram-image

travelabroad_matilda

そもそも変圧器とは?コンセントのプラグのこと?と思ってる方も多いのではないでしょうか。

コンセントのプラグと変圧器はまったくの別物で、変圧器がないと海外で日本の電気機器は使えません。

プラグを用意して、変圧器を用意していないのは海外旅行でとても良くあることです。

わざわざ持っていったデジカメや、延長コードなどが使えなかったでは意味がありませんよね。

楽しい旅に水を差すような出来事を防ぐ意味でも、事前の準備は欠かせません。

コンセントのプラグは日本とハワイでは同じものです。

そのためコンセントのアダプターは必要ありません。

変圧器とは、目に見えない電圧を適正な数値に変換させる機械のことです。

電圧はそれぞれの機器に注意書きとして載っているので見てみましょう。

日本国内向けの機器であれば100Vと、海外でも使える仕様であれば100V-240Vと記載してあります。

変圧器が必要なのはこの100Vの機器をハワイで使いたい時です。

ハワイ用の変圧器の選び方

instagram-image

yummy916y

持っていこうとしていた機器に100Vと記載されていたのなら、今すぐ変圧器を探しましょう。

そのままハワイで使うと故障の原因になります。

それどころかハワイのホテルで停電の原因になったり、機器から発火することも考えられます。

変圧器は種類が多く、どれがハワイ用として相応しいのか迷ってしまいがち。

ポイントを押さえて、必ず使える変圧器を購入しましょう。

空港でも販売されていますが、予め準備をしておいた方が慌てずに済みます。

ハワイ用のには降下型の変圧器を選ぼう

ハワイの電圧は110/120V、日本の電圧は100Vと言うことで日本の電圧のほうが低くなります。

日本で普段使っている機器は低い電圧用に作られた物ですので、流れ込むハワイの電圧を100Vにまで下げる必要があります。

電圧を下げる用に作られた変圧器を「ダウントランス」または「降圧変圧器」と呼びます。

ハワイ旅行に持っていく変圧器は降圧変圧器を選ぶように注意しましょう。

120Vを100Vにまで下げる専用の変圧器を間違えずに選んでください。

ハワイ用の変圧器はワット数も確認しよう

降圧変圧器を選ぶ際、電圧の数値だけでなくワット数も合わせて確認しましょう。

ワットで表される消費電力とは、その機器自体が動くために必要とする電力のことです。

変圧器にも消費電力が必ず表示されており、消費電力が高ければ高いほど価格が上昇します。

変圧器を経由して使う機器は変圧器に記載のワット数以下でなければならず、ヘアドライヤーやヘアアイロンなどの消費電力の高い機器は海外では使いにくくなります。

ハワイ用の変圧器の価格帯

ハワイでお気に入りの電気機器を使うためには、降圧変圧器が必要であると言うことが分かりました。

チェックするべきは電圧の強さとワット数だ、と言うことも分かりましたね。

では、気になるのが降圧変圧器の価格帯でしょう。

何かと出費の多い海外旅行、変圧器は一体どのくらいするのでしょうか?

ハワイで使える変圧器の価格はワット数により異なる

変圧器の価格は対応できるワット数によって大きく異なります。

単純にワット数が大きくなればなるほど価格帯も上がります。

100ワット以下の消費電力に対応したものであれば2000円前後のお手軽価格で見つかります。

100ワットと言うと、携帯できるコンパクトなマッサージ機器や美顔器などが使えるでしょう。

普段使いの電化製品でワット数がとても高いものもあります。それがドライヤー。

ドライヤーは一般的に1200ワットほどの電力を消費します。

1200ワット以上の消費電力に対応できる降圧変圧器は5000円から10000円程となかなかの出費になります。

変圧器を購入するよりも、電圧の幅の広いドライヤーを購入した方が安くなるので注意しましょう。

ハワイで変圧器は借りられる?

ハワイは世界的に有名な観光地で、リゾートホテルもたくさん。

ゲストハウスやB&Bではなく、ホテルに宿泊するのなら100ワット以下の変圧器であれば用意されていることが多くあります。

レンタルできれば荷物も出費も増やさずに済みます。

購入前に一度宿泊予定のホテルに問い合わせてみるのはいかがでしょうか?

まとめ

ハワイで思わぬハプニングに遭わないためにも、事前の準備は欠かせません。

荷造りの最後に必ず電気機器のチェックをしてみてください。

必要であれば変圧器を準備したり、海外対応の電気機器の購入を検討してみましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。