ハワイの気候は?知っておくべき天気や気温!服装はどうする?

日本だけでなく世界中からもたくさんの人々が訪れる屈指のリゾート地、ハワイ。日本よりもずっと南の太平洋のど真ん中に位置し、「南の楽園」「常夏の島」「南国リゾート」などがよくイメージされます。どのイメージも、とても暑そうな響きです。では実際は本当に暑いのでしょうか?気になるハワイの気候について、また気候に合わせた服装や、ハリケーンについても詳しく紹介します。

ハワイの気候①乾季と雨

ハワイの気候は、亜熱帯気候という気候区分です。季節は乾季と雨季に分かれています。乾季は5月から10月で、湿度が低く天気も安定しています。雨季の11月から4月は、雨が多くなります。ただし雨季と言っても、日本の3分の1以下の降雨量です。また、1日中ずっと雨が降るということもほとんどありません。

ハワイの気候②気温

年間平均気温は24~25℃です。乾季(5月から10月)では、最高気温が29℃~32℃となっており、もっとも暑くなるのは8月と9月です。意外かもしれませんが、日本の夏の方が気温が高いのです。

また、貿易風という東風が常に吹くので、体感ではそれほど暑く感じません。湿度も低くいため、とても過ごしやすくなっています。汗でベタベタしたり、熱中症を起こしたりすることはありません。ただし、日差しが強いので、直射日光にあたるとじりじりと焼けるような暑さを感じるでしょう。乾季の最低気温は、20℃~23℃です。日没後や日の出前などに風にあたっていると、肌寒く感じることもあります。

また、雨季(11月から4月)の日中の平均気温は22℃~25℃です。最も寒くなるのは1月と2月ですが、最低気温でも18℃~21℃はあります。1年を通して、とても温暖で過ごしやすい気候と言えます。

ハワイの気候③地域別の特徴

 

ハワイにはいくつかの島があり、島の中央部には山があります。そして貿易風が山の東側にぶつかり、湿った空気が雨雲になります。そのため山の東側では雨が多く、西側では雨が少なく乾燥した気候が多くなります。山が低い場合は、西側に雨がもたらされることもあります。雨と言っても、朝や夕方の短い時間で止むことがほとんどです。そして、これらの時間帯には虹が多く見られます。

また、ハワイ諸島は南北に連なっていて、それぞれの島の気候にも特徴があります。

オアフ島

 

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)のあるオアフ島には、南北に伸びる二つの山脈があります。東海岸側は雨が多く、反対のホノルル側では、冬でも雨は少ないです。また、山脈の切れ目から貿易風が抜ける際に、強風になることがあります。

ハワイ島

instagram-image

minamina375_

 

標高4000m以上のマウナケア山を持つハワイ島では、東西の気候が全く違います。貿易風があたる山の東側では非常に雨が多くなります。反対に、西側では雨も少なく乾燥していて、天気の良い日が多いです。山間部は標高が高いため、冬には雪が降ります。

マウイ島

マウイ島のハレアカラ山は、標高3000m以上です。山の東側は雨が多く、西側は乾燥して好天が多いのが特徴です。また、ハレアカラ山は冬に雪が観測されることがあります。

カウアイ島

instagram-image

tabi_choss

カウアイ島は、ハワイ諸島で最北端にある島です。東海岸側では雨が多く、西海岸側は雨が少なく乾燥しています。島の中心部にあるワイアレアレ山は世界有数の降雨量を記録しており、高温多湿でジャングルが広がっています。

ラナイ島

instagram-image

naniwa7ookini

ラナイ島は、ハワイ諸島の中で最も雨が降らない島です。マウイ島で雨を降らせた後の乾燥した貿易風が、ラナイ島に届くからです。また、ラナイ島にある山の標高は1000m程しかありません。そのため東西の降雨量の差も少ないです。ただし、1日の気温差が大きく、平均の最低気温は17℃ほどになります。

ハワイの気候④ハリケーン

instagram-image

roy_0526_

6月から11月は、ハリケーンシーズンです。とはいえ、日本の台風に比べると数は圧倒的に少ないです。また、直撃しないことも多くあります。しかし、接近したり上陸するときには、飲み水の確保や気象情報の確認などが必要です。

ハリケーン発生時には外務省海外安全ホームページで情報を確認することができます。ハリケーンの強さは5段階のカテゴリーで表されます。1番弱いカテゴリー1で木の枝が折れる程度、最大のカテゴリー5で建物の屋根が壊れる程度、となります。ハリケーンの接近時には、むやみに外出することは控えましょう。

ハワイの気候⑤服装や持ち物

instagram-image

hitomisakamoto

ハワイで過ごすなら、必需品は主に紫外線対策グッズです。サングラス、日焼け止め、帽子、リップクリームなどがあると良いでしょう。環境保護のため、自然素材から作られた日焼け止めが推奨されています。

レインコートは、雨季(11月から4月)や雨の多い地区、トレッキングなどに行く場合には必需品です。しかし、傘が必要とは言い切れません。山間部を除いて街中では短時間で雨が止むので、現地の人でも傘を持ち歩く人は少ないです。必要に応じて用意しましょう。

亜熱帯気候で1年中過ごしやすいといっても、朝晩の冷え込みや建物の中は冷房が効いていることもあります。また、日没後や日の出前の海辺の風も肌寒く感じることがあるので、薄手の羽織り物があると良いでしょう。

まとめ

ハワイは、夏はそれほど気温は高くなく、冬もほとんど気温が下がらないため、1年を通してとても過ごしやすいです。また、雨が降っても短時間で止み、虹も多く見られるのが楽しみの一つになります。紫外線対策に気を付けておけば、気持ちのいい風と青い海、豊かな緑を存分に楽しめるでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。