ハワイ観光はトロリーが便利!トロリーの種類や賢い使い方を解説!

ワイキキでの観光におすすめなのがトロリーでの移動です。窓が無いためハワイの風を全身に感じながら目的地まで連れて行ってくれます。

オプショナルツアーではいけない場所や、レンタカーを運転できなくても大丈夫。ワイキキ観光の強い味方、トロリーを賢く使って楽しく観光しましょう。

ハワイ観光におすすめのワイキキトロリーとは?

instagram-image

masumiyogatedd

ワイキキやホノルル市内をはじめ、カメハメハ大王像やイオラニ宮殿などの観光名所にも連れて行ってくれます。

そんなワイキキトロリーについて、6つあるラインの特徴や料金について見ていきましょう。

ハワイ・ワイキキトロリーの路線について

ワイキキトロリーには、ブルーやピンクなど色の名前が付いた6つの路線があります。

  • ブルーライン・・・パノラマコースト観光コース
  • グリーンライン・・・ダイヤモンドヘッド観光コース
  • パープルライン・・・パールハーバー歴史観光コース
  • レッドライン・・・ハワイ文化観光コース
  • ピンクライン・・・ワイキキ/アラモアナショッピングコース
  • イエローライン・・・ホノルル・ダイニング・エクスプレス

それぞれ運行本数や一周あたりの所要時間は異なります。

コース名が付いているので、どんな観光名所を見たいかによってラインを選んでみても良いでしょう。

ハワイ・ワイキキトロリーの料金

それでは料金についても見ていきましょう。ワイキキトロリーには1ライン分の片道券、乗り放題券の二種類があります。

  • 片道券(イエローライン/ピンクラインのどちらか) 大人$2.00 小人$2.00
  • 1日券(ピンクライン+その他の1ライン) 大人$25.00 小人$15.00
  • 1日券(6ラインすべて) 大人$45.00 小人$25.00
  • 4日券(6ラインすべて) 大人$65.00 小人$40.00
  • 7日券(6ラインすべて) 大人$75.00 小人$49.00

トロリーチケットはトロリー乗り場内のTギャラリアハワイにて販売。他にもホテルやツアーデスクでも販売しています。

またインターネットから予約すると、お得なウェブ価格になります。

ハワイ・ワイキキトロリーを無料で利用する方法

実はワイキキトロリーには、お金がかからず乗れる方法が一つだけあります。

ピンクラインに限ってですが、JCBカードを提示するだけで、大人2名と小人1名の運賃が無料になります。

JCBが付いたカードならどんなカードでもOKなので、家族でハワイに行く際には忘れずにお持ちください。

ハワイ・ワイキキトロリーの乗り方

ハワイで最も有名なトロリー・ワイキキトロリーの乗り方はとても簡単。

  1. インターネットや窓口でワイキキトロリーの乗車券を購入
  2. インターネット購入時は、Tギャラリアハワイ(DFS)で乗車券をもらう
  3. トロリーを利用する際に、トロリードライバーに乗車券を見せる

ワイキキトロリー以外のハワイのトロリーとは?

 

実はホノルルでは上に挙げたワイキキトロリー以外に、4種類のトロリーが走っています。それぞれのトロリーについて簡単にご紹介していきますね。

ハワイのトロリー②HIS LeaLeaトロリー

instagram-image

lealeahawaiianvillage

旅行代理店HISの旅行ツアーでワイキキに来ると、もれなく無料で乗車できるトロリーです。他にもダイナーズカードを持っているだけで、ロイヤルハワイアンセンターのLeaLeaラウンジで無料の乗車券をもらえます。

またHISツアーでハワイに来られた方以外でも購入できます。

  • 7日間乗り放題のレギュラーパス $45.00
  • ゴールドパス(イースト・コースト・ライン+ワイケレ・モアナルア・ライン) $72.00
  • プラチナパス(ゴールドパス+ウエスト・オアフ・ライン) $99.00

また日本で購入できるハワイのガイドブック・LeaLeaマガジンにはLeaLeaトロリーの1日無料クーポンがついています。

ハワイのトロリー③JTB ’OLI’OLIトロリー

こちらはJTB主催のツアー参加者だけがチケットを買える独自のトロリーです。

5種類の経路が7日間乗り放題で$50という価格。こちらは4か所のホテル内にある`OLI`OLIラウンジで購入できます。

環境に優しい電気バスには無料Wi-fiが付いていて便利。総運行時間も長いので、短い旅行でも充実して過ごせます。

また期間限定である条件に該当すると、トロリー乗車券が無料で購入できるキャンペーンもあるようです。

ハワイのトロリー④JAL レインボートロリー

instagram-image

mangohawaii_

JALのツアー参加者か、個人でJALの航空券を手配した方のみが使えるトロリーです。

さらにJALパックには、無料トロリーで行くオプショナルツアーもあるようです。JALでハワイに旅行した際には利用してみて下さい。

ハワイのトロリー⑤ANA エキスプレスバス

ワイキキにあるTギャラリアからアラモアナショッピングセンターへ直行する無料電気バスの運転が、2019年4月より開始しました。

15~20分間隔で、約12分の乗車時間。利用可能な期間は10日間です。

東京発ホノルル行の航空券が発券済みか、もしくはANAマイレージクラブ番号が登録済みの方が対象です。

まとめ

ハワイのワイキキ周辺にはワイキキトロリーだけでなく、様々な旅行会社が運営するトロリーが走っているんですね。

特定の旅行会社のツアーに参加しなくても、特定のカードを持っていれば利用できるトロリーもあるようです。

このようなハワイのトロリーを賢く使って、快適で有意義な旅にしましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。