ハワイでウエディングフォトを撮る!費用・おすすめの場所・注意点は?

特別な日の忘れられない瞬間を残すために、ウェディングフォトにも万全の状態で臨みたいものですよね。

特別な日の記念に、美しい写真を撮れるように費用やおすすめのロケーション、注意点をご紹介します。

ハワイのウエディングフォトにおすすめのビーチ

instagram-image

__aya.wed0611__

ハワイでのウェディングフォトと聞いてまず頭に浮かぶのが、ビーチサイドでの写真ではないでしょうか?

特に写真映えが素晴らしいことで有名なビーチを3か所紹介します。

ラニアケアビーチ

instagram-image

forest_house55

オアフ島のノースショア(ワイキキからわずか1時間)にあるラニアケアビーチでは、空と海の美しさだけではなく、藻の鮮やかな緑色が写真の差し色の役割を果たします。

また、このビーチではカメが多く生息しており、午後には20頭ものカメが砂の上や浅瀬で日光浴をしていることでも有名です。

春から秋にかけてカメは多く現れ、カメが南国感に拍車をかける事請け合いです。

サンセットビーチ

instagram-image

m_hykwaaa0824

サンセットビーチは、波が高く、泳ぐには危険なビーチですが、写真撮影には最適なスポットです。

日の出や日の入りのタイミングを狙えば、光が岩々に反射し、神々しいウェディングフォトが撮れるでしょう。

ハナウマ湾

instagram-image

mikiokada0225

ハナウマ湾は、ハワイの中でも最高のシュノーケリングの場所として知られています。水の流れはとても穏やかで、サンゴ礁が多く、きれいなエメラルドグリーンの海をしています。

ビーチだけではなく、丘の上でも写真撮影をすることで、パターンの異なるウェディングフォトを撮影できます。

観光客が多い人気スポットなため、朝早めに撮影を始めるのがおすすめです。

ハワイでウエディングフォトを撮ると費用はどのくらいかかる?

instagram-image

firstwedding

ハワイでのウェディングフォトの相場は、場所を移動するのか、服を着替えるのか、アルバムを作るのか…等、多様なオプションや条件で上下するので、明確な相場観はありません。

よくあるケースでは、大体10万円から30万円程度の枠に収まる場合が多いようです。

予算はあるかと思いますが、ウェディングフォトは撮り直しが簡単にはできないため、費用の高低だけで判断せず、フォトグラファーの過去の作品を見せてもらい、しっかり吟味しましょう。

ハワイでのウエディングフォトの注意点とは?

instagram-image

firstwedding

ハワイでウェディングフォトを撮る際に、ロケーション以外にもいくつか検討したい項目があります。

下記にいくつか検討項目を挙げますので、二人の理想どおりのウェディングフォトの参考にしてください。

データパッケージを選ぶべき?

紙のアルバムだけでなく、ウェディングフォトではデータのパッケージを追加するのが人気です。

撮影したショットすべてをデータで受け取れば、アルバム以外にも気に入った写真をいつでもプリントできます。

美しさを追究した写真だけでなく、ユーモアにあふれた和やかな写真を撮影するなど、多様なパターンの撮影を楽しみたい場合には、全データ付きのパッケージがおすすめです。

ウエディングフォトは2人だけでいいの?家族や友人との写真もおすすめ!

ハワイに行く際には、新郎新婦2人だけで行くのでしょうか?

仮に家族や友人も招待する場合には、家族や友人との写真撮影もしておくと良いでしょう。

グループ写真を撮る場合には、カップルだけの場合に比べて想像以上に写真の撮影時間が長引くものです。

グループ写真を検討する場合には、フォトグラファーを想定よりも長めに予約し、契約しておく必要があります。

グループ写真を撮る場合には、グループ全体の写真と、それぞれの参加者との写真等、いろいろなパターンで撮影しておくと、後に見返す際に思い出も蘇りやすいですよ。

ウエディングフォトを何か所で撮る?2か所以上でもOK!

ハワイには景観の良いスポットが多く、ウェディングフォトの撮影場所を1か所に絞れない場合には、2か所で撮影しても良いでしょう。

追加料金はかかっても、一生に一度の思い出は120%満足できるものを追究するほうが、長い目で見た場合に後悔が残らないのでおすすめです。

撮影したウエディングフォトはいつ出来上がる?

ウェディングフォトは完成までに通常2週間程度要するケースが多いようです。

ウェディングフォトを帰国後すぐに見せたい人がいる場合などは、短納期で仕上げられるか、あるいはデータを事前に受け取れるかなどをしっかり相談するようにしましょう。

一番大事なのは、リラックスすること

ハワイというロケーションでのウェディングフォトでは、開放的な場所に合うリラックスした気持ちが重要です。

最高の思い出を形に残すために、事前にフォトグラファーと会話をするなど、リラックスした状態で臨むようにしましょう。

まとめ

ウェディングフォトは、一生の内に何度も経験できるものではありません。

それが、撮影や写真の費用だけでなく、渡航費もかかるハワイでの撮影であれば尚更です。

写真を撮りすぎて後悔することはなく、多くの場合には「もっと撮っておけば良かった…」と後悔するものです。

このような後悔をしないためにも、撮影スポットや、カット割り、どのようなパッケージを選択するか等を事前によく吟味してください。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー