ハワイと日本の電圧は違う!?旅行の際に気をつける家電をご紹介!

ハワイに旅行するなら水着や日焼け止め、サングラスやカメラなど、準備するものは意外に多くありますよね。その中で、スマートフォンやカメラ、ドライヤーやヘアアイロンなど持ち物に注意が必要なものがあるのをご存知でしょうか?そこで今回は、ハワイと日本の電圧の違いと旅行の際に必要な注意点をご紹介していきます。

電圧とプラグ形状は日本とハワイで何が違うの?

instagram-image

shilladfs_jp

ハワイと日本の電圧は少し違う

海外旅行をする際には電圧に注意が必要な場合があります。なぜなら、電圧の違いによって、日本の電気製品を海外で使用した際に故障したり電気製品の内部が燃えてあわや大惨事になったりするからです。

 

日本の電圧は100Vですが、ハワイの電圧は110/120Vです。若干の違いがありますね。これぐらいであれば問題ないのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この電圧に対応していない電気製品を長時間使用していると故障の原因になりかねません。

 

そうは言っても普段意識していないと使用している電気製品の電圧はわかりませんよね。大抵は電気製品の裏側、充電器の類はアダプターに表記があります。小さくて見づらいものが多いですが、旅行前にしっかりと確認しておきましょう。

 

電圧は違うがプラグ形状はハワイもAタイプ

ハワイで注意するのは電圧のみですが、実は他の国では電圧に加えてプラグの形状も注意しなければならないのです。プラグの形状と言われてもピンとこないかもしれませんが、コンセントの差し込み口の形のことを指します。

 

日本はこのプラグ形状のタイプが、Aタイプと呼ばれるもので、縦長の穴が2つのものとなります。ハワイも同じAタイプのため、電圧が問題なければどこのコンセントもそのまま使えます。

 

しかし、他の国ではCタイプなど日本の電気製品ではそのまま使えないコンセントが存在します。実は、世界各国で使用されているプラグ形状は約17種類もあります。そのため、他の国へ旅行する際にはプラグの形状を確認しておいてくださいね。

ハワイは電圧が異なるため変圧器が必要な家電も

さて、ハワイへ渡航前に電圧を確認したところ、対応していないものがあったという方もいることでしょう。基本的には、最近のスマートフォンやパソコン、デジタルカメラなどは100~240Vまで幅広く対応している電気製品が多くなっています。

 

特に、世界的に販売されているApple製品は100~240Vまで対応しているため変圧器を必要とせずどこの国でも問題なく使用できます。こうした場合は特に問題ありませんが、一方で電圧関係で指摘される電気製品にドライヤーやヘアアイロンがあります。

 

もちろん、海外仕様OKのドライヤーやヘアアイロンもありますが、自宅のものを確認してみたら100Vだったという場合が多いのです。今後の海外旅行に備えて新しいものを購入するのも良いですが、やはり使い慣れたものを使用したいですよね。

 

その場合は、ドライヤーなどに加えて変圧器も持ち物の中に入れておきましょう。ハワイなら電圧の違いも少しだしと横着すると、お気に入りの電気製品を故障させてしまう恐れもあります。

 

電圧に注意して、アダプターと変圧器は適切なものをハワイで使おう

instagram-image

travelabroad_matilda

ハワイでは正規品ではないアダプターは電圧表記に注意

上記の説明を聞くと、自分のiPhoneやスマートフォンは大丈夫だと思うでしょう。もちろんその認識で構わないのですが、現在使用しているアダプターが正規品かどうかで話は違ってきます。

 

よく、iPhone購入時に付属していたアダプターの調子が悪くなったため、通販サイトや100円均一などでお手軽なものを購入したという話を耳にします。その場合、電圧の対応が日本の100Vまでの可能性が高いのです。

 

そうすると、元々は電圧の問題がなかった電気製品でも変圧器が必要になってくることもあり得るため念のための確認はした方が良いでしょう。

ハワイ旅行の前に!電圧を変換する変圧器ってどこで売っているの?

いざ変圧器が必要となると、どれぐらいの価格でどこで売っているのかわからない人も中にはいらっしゃるでしょう。昔は変圧器というと、重くて持ち運びが大変なものでしたが、今では小型でお値段も手ごろなものが増えてきました。

 

3,000円以内で変換プラグも付いているものがAmazonなどの通販サイトで購入できます。世界各国どこでも使える変換プラグ付き変圧器もあるため、1つ持っていくと非常に便利です。

 

もちろん電気屋さんでも購入できるため、旅行ということでコンパクトさを考慮してスタッフの方に相談してみるのをおすすめします。

 

まとめ

instagram-image

teeda1969

今回は、ハワイのと日本の電圧の違いとプラグ形状、注意が必要な家電製品に関してご紹介しました。日本の電圧100Vでプラグ形状がAタイプに対し、ハワイは110/120VでAタイプです。

 

プラグ形状は同じのため問題ありませんが、電圧が少し異なるため家電によっては変圧器が必要です。旅先でお気に入り家電を故障させてしまうことがないように、電気屋さんや通販サイトで変圧器を購入してから出発しましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。