【目的別】初心者からリピーターまで満足できるハワイの海を見に行こう!

日本人が観光に訪れる国として人気がある常夏の国、ハワイ。海に囲まれているうえに、一年中海で遊ぶことができる気候だけに、海をたっぷりと堪能したいい!という人も多いはずです。

そんな人のために、今回は定番から穴場までハワイの海を満喫するため、目的別におすすめの場所をご紹介していきます。

おすすめのハワイの海を目的別にご紹介!

instagram-image

hawaiiviptour

ハワイの海で、あなたは何がしたいですか?海水浴やサーフィンなどマリンアクティビティを楽しみたい人もいれば、海が見える素敵な場所で食事を楽しみたい人など、目的はそれぞれではないでしょうか。

ハワイの海へ行ったはいいけれど、自分のティストにマッチしていなかったとならないように目的別におすすめな海・ビーチをご紹介します。

【目的1:サーフスポット】サーフィンにぴったりなハワイの海

・ペアヒ

ハワイのマウイ島ノースショアにあるペアヒは、地元の人が昔から愛しているサーフィンのスポットです。名作映画「ジョーズ」のあと、地元の人以外にもしられるようになった場所で、「ビッグウェーブ」が特徴です。

ペアヒの「ビッグウェーブ」に挑戦するペアヒチャレンジなる大会も開催されています。波が大きくとても危険なので初心者むけではないですが、18mにも達する大波にプロサーファーが果敢にチャレンジするのを見に行くのもおすすめです。

住所:アメリカ合衆国 〒96708 ハワイ州 ハイク=パウウェラ

【目的2:洞窟・ケーブ探検】穴場なハワイの海

・ワイアフアクア洞窟

最近ではハワイの洞窟・ケーブなどでマーメイドのような姿で写真を撮影してSNSなどにアップするのが流行しています。今回ご紹介するのは、ハワイ・カウアイ島にあるワイアフアクア洞窟です。

この洞窟がある場所は、ハワイの言葉で絶壁を意味する「ナ・パリコースト」。訪れた人々が口々にその絶景に「世界一」という、美しい洞窟を見に行きましょう。

「セイクリッド・ウォーター・ケーブ」もしくは「ダブル・ドア・ケーブ」とも呼ばれる洞窟で、穴が二つ開いてあり1つの穴からは滝のように水が上からあがれ落ちています。ほどよい光がそこから降り注ぎ風光明媚な景色を堪能できます。

マーメイドケーブの探索が済んでいる人に、特におすすめです。

住所:ワイアフアクア アメリカ合衆国 〒96746 ハワイ州

【目的3:BBQ】ハワイの海で豪快にアメリカンスタイルグルメを

・カフクビーチ

すぐそばにカフクビーチがあり場所でアメリカンスタイルのBBQをたのしむことができるのが、Hi BBQです。トラックで販売してくれるスタイルだから、購入した後はビーチ沿いに移動して、自分のお気に入りのスポットから海を見ながら食事が楽しめます。

ビーフ、ポークなども肉の種類も選べるほか、ハワイらしいパイナップルがソーセージに入っているパイナップルソーセージも。BBQはいろんな店で食べることができますが、おいしいという評判のフードトラックのBBQは、自由度が高くおすすめです。

住所56-565 Kamehameha Hwy, Kahuku, HI 96731 アメリカ合衆国

【目的4:ウミガメに会う】生き物好きにおすすめなハワイの海

instagram-image

hawaii_ayuko

・カウェラ・ベイ
カウェラ・ベイは、ハワイ・オアフ島にあるビーチで、すぐそばにサンセットビーチ、ラニアケアビーチなど観光スポットがあります。このビーチは、ウミガメに会える場所として人気です。もしもカメに会えなくてもきれいな海に癒されるおすすめスポットです。

住所:57-091 Kamehameha Hwy, Kahuku, HI 96731 アメリカ合衆国

定番!初心者におすすめなハワイの海

・ワイキキビーチ

初心者からリピーターまで、ハワイの海といったらやはりワイキキビーチ。滞在するホテルによっては、目の前がホテルのプライベートビーチになっていたりもします。

ハワイの伝統食を食べることができるレストランから、日本でもおなじみのハンバーガーチェーン店まで揃っているので食事に困りません。商業施設も充実しているからショッピングもOK。トロリーやバスなど公共機関のアクセスもしやすく、ハワイの海と、それ以外をたっぷり楽しめます。

住所:57-091 Kamehameha Hwy, Kahuku, HI 96731 アメリカ合衆国

ハワイの海へ行くならおすすめの時期

instagram-image

hawaiiviptour

どうせ、ハワイの海を満喫しに旅行に行くのなら、ハワイのベストシーズンに行きたいものです。ハワイのベストシーズンとはいつなのでしょうか。

ハワイには乾季に行こう!

一年中夏とはいえ、ハワイには雨季と乾季があります。同じ旅するなら、天気が安定している時期に行きましょう。おすすめなのは、5~10月でハワイの乾季にあたります。日本と違った湿気の少ないハワイらしい気候を楽しめます。

まとめ

初心者からリピーターまで参考にできるように、目的別におすすめのビーチをご紹介しました。ハワイの旅を計画する時に参考にしてみましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー