日本とハワイの時差はどれくらい?時差ボケ対策を忘れずに

新婚旅行や卒業旅行にハワイを選ぶ人は多いでしょう。そんな時に注意したいのが時差です。初めてハワイに行く人は慣れない時差で体調を崩しがちです。「日本とハワイの時差は何時間?」「時差ボケにならない為には?」等、皆さんの質問にお答えします。

日本とハワイの時差は何時間?

instagram-image

takemayo1107

日本とハワイの時差は19時間あり、ハワイは日本よりも19時間遅れています。例えば日本が1月1日24時にカウントダウンが始まった時、ハワイは12月31日のAM5時です。これから1日が始まる時間です。アメリカによってはサマータイムが導入されている地域もありますが、ハワイは導入されていないので、計算はしやすいです。

日本とハワイの時差の計算方法

現地についてもwi-fiルーター等を使えば日本とLINEも可能です。ハワイから日本の友人や家族に連絡をしたい場合に、日本の時間帯を知りたい事もあるでしょう。あまり真夜中になると相手も大変です。
ハワイで日本の時刻を知りたい時は、現地時間から5時間巻き戻して、日付を翌日にしましょう。19時間で計算するより分かりやすいです。

反対に日本からハワイの時間を知りたい場合は日本時間から5時間追加して、日付を前日に戻します。
日本にいる友人や家族に連絡がつきやすいのは、仕事が終わり就寝する18時から22時頃でしょうか。ハワイからその時間帯に連絡するには、23時からAM3時です。大分遅い時間になりますね。あまり連絡を取る事は考えず、リゾートを満喫した方が良いかもしれません。

日本からハワイに行く事で時差ボケが起こる

instagram-image

ms_toyama

日本からハワイへ出発する場合は、殆どが夕方が夜に出発し、6時間半から〜7時間半かけて到着します。つまり成田空港を1月1日の20時に出発してホノルル空港に到着するのは1月1日の朝7時となります。
20時の7時間後は夜中の3時なので、本来は皆さんは寝ている時間ですが、ハワイに到着した段階で1日がスタートします。つまり4時間分、時間がずれます。

人間の体には体内リズムがあり、24時間を基準としています。本来眠る時間に起きる事になるので、身体にかかる負担は大きいのです。時差ボケは個人差はありますが、4〜5時間程の時差で7〜8割の人に起こるとされます。

日本からハワイに行くのは殆どが東回りとなり、1日の周期が短くなります。ヨーロッパ等に行く際は西回りとなり、1日の周期が長くなります。時差は時間の周期が短くなる東回りで症状が出やすいです。時差と行路から考えても日本からハワイに行く際は最も時差ボケが起こりやすいと言えます。

時差ボケの症状

具体的な症状は睡眠障害、食欲不振等の消化器系の異常、倦怠感やイライラ等多岐に渡ります。ハワイには美味しい食べ物が沢山あるので、食欲不振になると勿体ないです。

日本〜ハワイの時差ボケ対策

生活リズムを慣らしておく

結婚式の翌日や卒業式の翌日等、大きな行事の後にハワイに行くと、前日の疲れの影響が時差ボケとなって現れます。これからハワイ旅行を計画するなら、これらの行事と出発の日は遠ざけるのが無難です。

また出発する1週間程前から早寝早起きの習慣をつけましょう。いくら飛行機の中で入眠出来ても、睡眠時間の絶対量は少なく、起きる時間も早まります。普段から早く起きる習慣をつけ、生活リズムを少しでもハワイに近づけておきましょう。

飛行機内で早めに入眠する

飛行機の中ですぐに寝る事が出来れば、時差ボケはあまり起こりません。しかし寝ようと思うと案外眠れませんし、慣れない旅行で緊張してしまうかもしれません。また機内食を食べたり、機体が揺れて目が覚める事もあります。飛行機の中で入眠をしっかり行えるかが重要です。

大抵日本を出発するのは夕方から夜なので、その間は空港で待つ事になります。その間にシャワーを浴びたり、リラックスして過ごす等、飛行機の中で入眠しやすい状態を作ります。アルコールは控えておきましょう。

靴やズボンが窮屈だと、スリッパやゴムのないズボンを着用するのがオススメです。

機内食も事前に空港で食べていれば必要ありません。飛行機の中でアイマスクやネックピローを使用して、機内が暗くなる前から入眠を意識した行動をしましょう。時々起きてしまう場合は伸びや足踏み等をして適度に身体を動かすのオススメです。

到着した日はのんびり過ごす

ついついスケジュールを詰め込みがちですが、当日はまだ身体が慣れていないので、あまり無理はせずにホテルに戻り、少し散歩をする程度に留めましょう。きっとホテル周年を回るだけでも楽しいです。

この時に眠たいからとつい寝てしまうと、ぐっすりと寝てしまい、昼夜逆転のリスクがあります。夜になるまではなるべく起きて過ごして、夜にぐっすり寝ると時差ボケを解消出来ます。

まとめ

ハワイと日本の時差は19時間あります。東回りの行路と、4〜5時間の時差がある事から時差ボケになりやすいので注意が必要です。事前の生活リズムの調整を行い、飛行機の中でもしっかりと眠れるよう、時差ボケ対策を忘れないようにして下さいね。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。