これを持って行けば安心!海外出張での持ち物チェックリスト

海外出張となると持ち物が心配になる方も多いかと思います。海外出張の場合、出張期間によって持ち物も少し変わってきます。

今回は海外出張の持ち物について、必需品編と、あると便利なもの編について、短期、長期に細分化した詳しいチェックリストをご紹介します。

海外出張が初めての方にも分かりやすく説明もつけており、男性、女性共に活用できるチェックリストとなっていますので、ぜひ参考にして下さい。

海外出張での持ち物チェックリスト:必需品編

・パスポート

instagram-image

dearimageryoco

コピーも準備しておくと安心です。

・ビザ

ビジネスの場合、観光とは違い、特に長期に渡る場合はビザが必要になるケースがあります
会社側が事前に手配をしてくれることがほとんどかと思いますが、小さな会社などで自分で準備をしなくてはならない場合、ビザが必要か否かを確認しましょう。

申請書類に不備があった場合など、発給に時間がかかることも考えられるので、余裕を持って申請するようにしましょう。

・航空券

eチケットの場合でも印刷したものとコピーを準備しておきましょう。入国審査の時の提示にも便利です。

・滞在先詳細/日程表

instagram-image

carin_rin.kkkk

海外出張先の国によりますが、入国カードを記入する必要がある場合は滞在先の住所の記入が必要です。また、ビジネスの場合、国や審査官によっては滞在中のスケジュールもしっかりチェックされるケースがあります

ホテルの予約確認書に加え、訪問先企業とのミーティングスケジュール等、全日程が網羅された日程表を準備しておきましょう。訪問先の会社からの招待レターがあると安心ですので、印刷したものを準備しておきましょう。

・名刺

instagram-image

_brush_brush_

ビジネスでの必須アイテムです。入国審査時に会社に在籍している証明としても使えます。

・出張先で必要な書類

instagram-image

legaro_works

プレゼン資料など、パッキング段階でしっかり準備しておきましょう。

・海外旅行保険証

会社の代表としての渡航となるため、海外旅行保険への加入は必須です。会社側が準備してくれることがほとんどかと思いますが、加入した海外旅行保険証とコピーを準備しておきましょう。

・クレジットカード

クレジットカードは海外での決済方法としてお得なだけでなく、忙しいビジネスパーソンの場合、クレジットカードを利用することで時間短縮にも繋がり、最もスマートな決済方法と言えます。会社によってはコーポレートカードの場合もあるかと思います。海外出張の場合、空港にてラウンジを使うメリットも大きいので、ラウンジが利用できるカードがあると出張がより快適になります。

おすすめクレカ1位

エポスカード

国内・海外問わずの旅行好きの人にとって最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 通常カード含めて海外旅行保険が無条件でついてくる
  2. ゴールドカード以上で国内外の空港ラウンジが使える
  3. プラチナカードは国内旅行保険が付帯する
  4. プラチナカードはプライオリティ・パスが付帯する

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

プラチナカードは年会費が高いイメージですが、通常のエポスカードを利用して実績に応じてエポスカード側から招待を受けられれば年会費2万円なので、その他の特典も含めると費用対効果が非常に高いカードです。

招待が得られるように利用実績を積むことが大切なので、直近旅行利用予定がない人もぜひ、コツコツ利用実績を積んで、プラチナカードの招待を目指してみてください。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


・パソコン、スマートフォン、カメラ、充電器

海外出張ではパソコンは必須アイテム。

・変換プラグ

出張先の国で使えるものを準備しておきましょう。機内や空港でもパソコンを使う方が多いかと思いますので、変換プラグは少なくとも2~3個は手荷物に入れておきましょう。

・下着

instagram-image

atfka22784

滞在日数によりますが、短期の場合は日数分、長期の場合は1週間分前後を目安に、現地で洗濯するのがおすすめです。

・スーツ、ビジネス用の靴

instagram-image

yeymecchaholiday

短期の場合は出発から着用いていくと荷物になりません。長期の場合で到着後すぐに必要でない場合は機内や移動時は動きやすい服装、靴にして荷物として持って行くのがおすすめです。

・歯ブラシ、歯磨き粉

instagram-image

ramuka4.18

海外では備え付けられていないことも多く、特に到着後すぐに訪問先向かう場合は機内で身だしなみを整える必要があるので手荷物に必須なアイテムです。

・常備薬

ビジネスでは体調管理も大切になってくるので、必ず準備しておきましょう。

・スキンケア用品

instagram-image

1009_miyu

普段利用しているものを機内持ち込み可能なボトルに詰め替えて持参するのがおすすめです。

海外出張での持ち物チェックリスト:あると便利なもの編 (短期・長期共通)

・石鹸

instagram-image

kuzu_moti_

海外では備え付けられていないこともあります。小さいサイズのものがおすすめです。ちょっとした洗濯にも使えて便利です。

・スリッパ

instagram-image

riko__home

海外のホテルでは備え付けられていないことも多いのと、機内、ホテル内でのリラックスに役立ちます。

・カミソリ

ホテルに備え付けられていないことがあるので、必要な場合は持って行きましょう。

・アイマスク、耳栓

instagram-image

takmatsuyoshi

時差のある国への海外出張となると、睡眠がより大事な鍵になってきます。機内、滞在先ホテルでしっかりと睡眠がとれる環境を整えるためにも、耳栓やアイマスクはとても便利なアイテムです。

海外出張での持ち物チェックリスト:あると便利なもの編 (長期)

・洗濯グッズ

instagram-image

k.youko.s.k

長期の場合、現地で洗濯をすることになることも多いと思います。洗濯洗剤は必要なら数回分持って行き、現地で調達するのがおすすめ。

洗濯物を干すときに使えるピンチ付きのハンガーは海外では手に入らないことが多いので、日本から持って行くことをお勧めします。洗濯ロープもあると便利です。

・インスタントの日本食

海外出張期間が長期に及ぶと、現地の料理に飽きたり、日本食が食べたくもなってくるものです。出張先の国によっては日本食を扱うスーパーもあるので、現地で調達するのがいいのですが、日本と同じ品質のものでなかったり、到着後すぐや、仕事で忙しく買い物に行けないという時に、すぐに食べられる日本食が手元にあるとリラックスにもなり、仕事も捗ります。チンして食べられるごはん、インスタントのお味噌汁など数食分持って行くと重宝します。

・日本の調味料

instagram-image

shiaro_meshi

最初から長期での海外出張が分かっている場合、ホテルではなく現地のアパートメントのようなキッチンがついている場所での生活になる場合もあります。もし料理をする場合は、日本の調味料を持って行くと役立ちます。

まとめ

instagram-image

shashintorubu

海外出張での持ち物チェックリストをご紹介しましたが、ビジネスとなると旅行とは違うものもあります。

異国の地で最高のパフォーマンスができるよう、決められたタイトなスケジュールの中、いかに快適に過ごせるかが、海外出張ではとても重要になってきます。

ご紹介したチェックリスト、アドバイスも参考にしながら、海外出張のパッキングにぜひ活用し、スマートな出張になるといいですね。

カテゴリー