2019年最新版|ハワイに旅行するのに必要なANAのマイル数は?

「ハワイにマイルで行きたい!」マイルを貯める目的は様々ですが、海外旅行の特典航空券と交換することは多くのマイラーのモチベーションになります。
特に、ハワイは日本人に一番人気のリゾートアイランドです。
キャッシング化で支払える場所も増えて、クレジットカードを使う機会が更に増えています。

現金にはない特典があるキャッシュレスは、ポイントやマイルを貯めて使い道を考えるのが楽しみです。
特に航空会社のクレジットカードではマイルを貯めることができ、マイルを特典航空券に交換して世界中旅をすることができます。

本記事では、夢のハワイ行きの特典航空券が手に入れる最新マニュアルをご紹介します。
ANAを基本としてお伝えしますが、JALでもマイルの貯め方は同じなので参考になります。

ハワイに旅行するのに必要なANAのマイル数は?

基本的にANAのマイルの有効期限は3年間です。ですので最長でも、三年以内にハワイ行きの特典航空券に交換することを目標とするのがいいでしょう。

ANAの特典航空券のマイル数は、次の3点で必要なマイル数が異なります。

・目的地(出発地と目的地)
・シーズン
・クラス

マイルで特典航空券を使う場合は、まずは目的地を決めましょう。
この記事の「ハワイ」にします。それでは、もう少し詳しく見てみましょう。

ハワイに行くのに必要なANAのマイル数はシーズンによって違う

 

一般的な航空券の価格と同じで、シーズンによって必要なマイル数も変動します。
・ローシーズン/L
2020年:1/6~2/29、4/1~4/23

・レギュラーシーズン/R
2020年:3/1~3/31、5/11~7/22、8/20~12/17

・ハイシーズン/H
2020年:1/1~1/5、4/24~5/10、7/23~8/19、12/18~12/31

また、必要なマイル数は利用クラスによっても異なります。

(発着地:日本)
・エコノミークラス/Y: L/35,000 R/40,000 H/43,000
・プレミアムエコノミークラス/PY: L/53,000 R/58,000 H/61,000
・ビジネスクラス/C: L/60,000 R/65,000 H/68,000
・ファーストクラス/F: L/120,000 R/120,000 H/129,000

マイル数が一番必要としないローシーズンのエコノミークラスでは、マイル数が35,000あれば可能になります。

例えば、35,000マイルを3年で貯めるのは、35000マイル / 36ヵ月 =約973マイルが約1ヵ月

クレジットカードの種類によって獲得するマイルは違いますが、100円で1マイル獲得するとすれば、月に97,300円ほどのペースでクレジットカードを利用すれば、目標に達成するマイルを貯めることができます。

ANAマイルはハワイの特典航空券と交換しやしくなった

instagram-image

hiroe0111

ハワイへの特典航空券を狙っているマイラーには嬉しいニュースが、2019年にはたくさんありました。
今後ANAマイルを貯めると、ハワイに旅行しやすくなります。

プレミアムエコノミーも可能になった

ANAでは2019年4月から、特典航空券でもプレミアムエコノミーの利用が可能になりました。
エコノミーよりも足元や幅の広いシートで快適な旅が楽しめます。

その他にも空港ラウンジやエコノミーにはない飲み物、デザートなどプレミアムエコノミーには嬉しいサービスが付いています。

マイルの価値は海外線の特典航空券に交換してこそ最大限活かすことができますが、もう1つ「利用クラスを上げる」ことでマイルの価値は更に上がります。

新しく就航が始まったエアバスA380型機

プレミアムエコノミーの他にも2019年5月からエアバスA380型機の就航が始まったことで座席数が増えて、ハワイ行きの特典航空券できるチャンスが更に増えました。

マイルを使って特典航空券に交換する場合、1年先まで予約が可能なため早く埋まってしまい、人気のハワイ線はもっとも特典航空券が取りにくいと言われていました。
ですが、エアバスA380型機の就航で座席数も拡大しました。

ハワイでANAマイルを使うとお得

マイルは特典航空券に交換するだけでなく、マイルを商品券に交換してハワイのショッピングセンターで買い物や、、ホテルの予約なども可能です。
貯まったマイルを賢くお得に使って、ハワイを満喫しましょう。

まとめ

instagram-image

shu_ya112

この記事ではANAでハワイ行きの特典航空券の行くためには、どのくらいのマイルが必要なかをお伝えしました。全く飛行機に乗らなくても普段使いからクレジットカードを使って支払いをしたり、ポイントサイトを経由したり、ANAのサービスを利用することで、マイルは思ってる以上に早く貯めることができます。

またエアバスA380型機の就航開始で今後、ハワイ行きの特典航空券が更に入手できる可能性が高くなるのでマイル貯めてハワイを満喫しましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。