エポスカードでマイルは貯まる?具体的な貯め方をご紹介!

クレジットカードの一つであるエポスカードは、年会費無料でポイント還元率が0.5%のカードです。さまざまなお店で優待を受けることができたり、海外旅行傷害保険が自動付帯したりする便利さがあるため人気を集めています。

便利な点の多いエポスカードですが、クレジットカードの利点でもあるマイルを貯めることはできるのでしょうか。マイルに交換できる場合、JALにもANAにも対応しているのかご紹介します。

エポスカードでマイルは貯められる!

エポスカードでマイルを貯めることは可能です。エポスポイントとして貯めたポイントをマイルに交換する形で利用でき、1エポスポイントが0.5マイルとなります。

エポスカードのポイントをJALマイルに交換

エポスポイントを1000ポイント貯めた場合、500マイルに交換することができます。しかし交換を申請してからマイルに移行されるまでには期間が1か月ほどかかります。早い段階から予定していた旅行であればポイントをマイルとして利用できますが、急遽決まった旅行には使えないでしょう。

エポスカードのポイントをANAマイルに交換

JALマイルと同様に1000ポイントを500マイルに交換できます。ただしプラチナカードとゴールドカードを利用している場合は1エポスポイントが0.6マイルになるのでお得です。

JALマイルと違い、交換を申請してから2~3日でマイルに移行されるので急な旅行にもマイルを使うことができて便利です。

エポスカードのポイントとマイルの有効期限

instagram-image

hideq.money

 

便利なポイントとマイルですが、2つにはそれぞれ有効期限があります。エポスポイントは発行してから24か月、マイルは発行してから36か月です。ポイントが貯まっていることを忘れていると、せっかく貯めたものが失効してしまうので注意しましょう。

エポスポイントはマイル以外に商品券や食事券に交換することができるので、ポイントの期限が近いけれど旅行の予定がしばらくないのであればマイル以外に交換した方が有効活用できます。

エポスカードからマイルに交換した後の注意点

instagram-image

coco_hono_sg

マイルを利用する際にはマイレージプログラムを利用することをおすすめします。JALマイルやANAマイルなど航空会社ごとに名前がつけられており、頻繁に利用してくれる人が優遇されるサービスです。そのため、航空会社をなるべく絞って利用した方がマイルが貯まりやすくなります。

マイレージプログラムは路線により加算率が異なり、ビジネスクラスやファーストクラスなど利用するクラスによっても貯まるポイントが変わるのです。

エポスカードでマイルに交換するためのポイントを貯める方法とは

instagram-image

tmm_h_o_m_e

エポスカードのポイントは還元率が0.5%なので、1万円分の買い物をしても貯まるのは50ポイントです。普通に買い物をするときだけ利用する方法では中々貯まりづらいですが、使い方を工夫すると効率よく貯めることができます。

一つ目はエポスカードから電子マネーにチャージする方法です。モバイルSuicaなどの電子マネーにチャージした分もポイントが加算される対象となるため、エポスカードでも電子マネーでもポイントを貯められることになります。

二つ目はエポスカードのネットサービスを利用する方法です。エポスカードが運営しているエポスNETに登録すると、さまざまなサービスを使うことができます。サービスの一つである「たまるマーケット」で紹介されている店舗を利用すると、最大で通常の30倍ポイントがつくこともあるので定期的に確認することをおすすめします。

エポスカードがゴールドの場合はさらにポイントが貯まりやすくなります。エポスNETのサービス「選べるポイントアップショップ」では自分がよく行くお店を登録しておくと、登録したお店でエポスカードを利用するだけでポイントが通常の3倍貯まるようになるのです。

また、ゴールドカードを所有している人は年間の利用金額に応じてボーナスポイントを手に入れられます。年間の利用金額が50万円100万円以下の場合は2500ポイント、年間の利用金額が100万円以上の場合は10000ポイントのボーナスがもらえます。

とてもお得なのでゴールドカードを所有しているのなら他のクレジットカードより優先した使った方が良いといえます。ゴールドカードではなくても、エポスカードは頻繁にキャンペーンを実施しているので意外とポイントは貯まります。

まとめ

instagram-image

bestsports_shiki

エポスカードで貯めたポイントはJALマイルとANAマイルに交換できることがわかりました。どちらも基本的に還元率は同じですが、カードがプラチナかゴールドの場合はANAマイルに交換した方がお得になります。ポイントにもマイルにも有効期限があるので、よく確認しながら上手に使分けていきましょう。

エポスポイントを貯めるためにはキャンペーンやネットサービスを利用したり、電子マネーにチャージしたりといった方法が良いです。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。