本場の味を楽しもう!バレンシア観光中に食べるべきはコレ!

バレンシアは、マドリッド、バルセロナに次ぐ「スペインの第3の都市」と言われています。スペインは古い街並みや美味しい料理、スペインならではの革製品やタイルなどのお土産など、魅力がたくさんあるのです!今回は「食べる」に注目して、バレンシアの魅力をお伝えしようと思います。

 

バレンシア観光で食べる!

instagram-image

haha_tabi

バレンシアのあるスペインでは「1日5食食べる」と言われているのをご存知ですか?それは言われているだけでなく、実際に文化として根付いています。日本は1日3食で1食をしっかり食べていますが、スペインでは1日5食で1食ずつが軽めなのが特徴です。また、日本でいう「朝食・昼食・夕食」のように、スペインでも5食に名前が付いています。それが「Desayunno(デサジューノ)・Almuerzo(アルムエルソ)・Comida(コミダ)・Merienda(メリエンダ)・Cena(セナ)」です。意味は「朝食・朝食と昼食の間の軽食・昼食・昼食と夕食の間の軽食・夕食」となっています。AlmuerzoやMeriendaが日本にない文化なのです。

これだけ食べる文化が根付いていると、美味しいものがたくさんありそうですよね。今回は、バレンシア観光中に食べるべきもの3つとご紹介します。

 

チュロス

instagram-image

cafetalk_macha

まずは、チュロスです。日本でチュロスを食べられる場所といえば、ディズニーランドや映画館を思い浮かべる方が多いと思います。実は、チュロスはスペインが発祥地なのです!チュロスはスペインで伝統的な朝食とされており、ホットチョコレートにつけて食べるのが主流です。「朝から甘いものはちょっと…」と思う方がいらっしゃると思いますが、スペインのチュロスやホットチョコレートは甘さが控えめで、朝でも食べやすい味になっています。

また、日本のチュロスとは外見も食感も少し違います。スペインではチュロスを販売しているお店が多くありますが、お店によって渦巻き状になっていたり、小さいものから大きいもの、カーブしたものまで様々です。食感はサクッとエアリーで重さはありません。

日本で食べられているチュロスを想像して注文すると、全く違うものが出てくるので少しびっくりするかもしれません。しかし、味は絶品なので、ぜひ食べてくださいね!

 

パエリア

instagram-image

lapanza.arroceria

スペインの代名詞とも言える「パエリア」は、スペイン発祥の食べ物として有名ですよね。「スペイン=パエリア」というイメージがありますが、本当の本場は「バレンシア」なのです!バルセロナでもマドリッドでもなく、バレンシアがパエリア発祥の地であることは実はあまり知られていません。バレンシアに行った際は、本当の本場のパエリアを食べてみてください。

日本で「パエリア」といえば、エビやムール貝などが乗ったパエリアが一般的ですよね。しかし、パエリアの本場であるバレンシアでは、多くの種類のパエリアがあるのです!例えば、魚介類の他に鶏肉が入っている「パエリア・ミスタ」や、野菜がメインの「パエリア・デ・ベルドゥラ」、イカ墨が入っている黒いパエリアの「アロス・ネグロ」、ソーセージが入ったパエリアを卵とじにした「アロス・コン・コストラ」などがあります。バレンシアでよく食べられているパエリアには、魚介類が入っておらず、鶏肉をメインにインゲンやパプリカなどがトッピングされています。

このように、パエリアの本場であるバレンシアでしか食べられないパエリアもあります。バレンシア観光の際は、魚介類のパエリアではなく、日本にはないようなパエリアに挑戦してみてください!

 

オレンジ

instagram-image

cohicatravel

「バレンシア」と聞くと、あるフルーツを思い浮かべると思います。「バレンシア・オレンジ」です。フルーツの名前に「バレンシア」と地名が入っているため、バレンシアの特産品のように思いますよね。しかし、実はバレンシア・オレンジはバレンシアでは作られていないのです。バレンシア・オレンジが作られているのは、アメリカはカリフォルニア州とスペイン内でもないのです。この事実は衝撃ですよね。

しかし、バレンシアは地中海に面した地域で、オレンジを育てるには最適な気候であるため、オレンジが特産品であることは確かです。しかし、バレンシアで育ったオレンジはバレンシア・オレンジではなく、「バレンシア産オレンジ」です。バレンシアでは高品質なオレンジが安く手に入るため、観光中に一度は食べてみましょう。また、バレンシアにあるスーパーにはオレンジの生搾り機が置いてある場合があり、スーパー内で絞ったオレンジジュースを購入することができます。旅のお供として、オレンジジュースを持ち歩いても良いですね。

 

まとめ

バレンシア観光中に食べるべきものを3種類、ご紹介しました。

どの食べ物もバレンシアと深い繋がりがあるものなので、観光中に食べることをオススメします。スペインと日本は調味方法が似ているようで、海外旅行特有の現地の食事が合わないこともほとんどありません。日本人でも、スペイン本場の料理を美味しく食べることができますよ。チュロス・パエリア・オレンジの3種類は、ぜひ食べてみてください!

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/