ワインの産地でもあるモルドバの観光で悩んだらここに行こう

モルドバは1991年に旧ソ連から独立した新しい国です。過去にはさまざまな帝国の支配に置かれたこの地域には、歴史的にも貴重な建造物がたくさんあります。
大きさは九州と同じくらいととても小さな国ですが、観光は目白押し。そしてモルドバはワインも有名なんです。

魅力あふれるモルドバのおすすめ観光スポットとワイナリーについてご紹介します。

小国だけどモルドバにも観光スポットはある!おすすめ5選

モルドバに来たらどうしても見てもらいたいおすすめスポットを厳選しました。どれもモルドバのことがよく知れるスポットなので、あまり知らないという方にもピッタリです。

立派な凱旋門がモルドバにも!別名「勝利の門」

instagram-image

yuhkawasaki

モルドバの首都キシナウにある凱旋門。規模はパリの凱旋門ほどではありませんが、美しい彫刻で見ごたえもあります。ずっしりとした柱は勝利を物語っているかのように重みを感じます。
名前の通り、戦に勝ったことを記念して建てられた勝利の門。1840年、トルコとの戦争でみごと勝利しました。

この門にはオシャレな時計もかざってあり、夜にはライトアップされるので写真撮影にもおすすめな場所です。

ロシアの詩人プーシキンの家博物館

instagram-image

_one___iii

ロシアを代表する詩人アレクサンドル・プーシキンの実際に住んだ家が博物館になっています。キシナウではたった3年間の滞在でしたが、ここで彼の代表作の作品が多く書かれました。

この博物館、決して大きくはありませんがプーシキンの生い立ちがよくわかる造りになっています。直筆の作品や下絵など数多くが展示。英語のガイドブックがあるので、プーシキンの生活を噛みしめながら回ってください。

花のじゅうたんが美しいキシナウ大聖堂

instagram-image

traveler.matsu

勝利の門のすぐそばにあるキシナウ大聖堂。正式には「ナステレア大聖堂」といいます。第二次世界大戦後に復興された教会のため比較的新しいです。

モルドバ正教ということで、普段目にする教会と違い、屋根が黒いのが特徴。外観は洗練されており落ち着いた雰囲気ですが、内部は装飾や天井画も豪華で、外観と相反しています。

勝利の門と一緒にカメラに収めることもできるのもポイント。
モルドバ正教は見る機会も少ないと思うので、モルドバ観光ではぜひおすすめしたいスポットです。

モルドバの歴史がわかる国立歴史博物館

instagram-image

yuyukon621

モルドバは旧ソ連から独立したとお伝えしましたが、実は複雑な国。過去には多くの占領されていた時代もあるため、一口では語れません。

そのためで、モルドバの歴史を確認してみてください。とても大きな博物館で見ごたえはあります。展示してあるものは石器時代から現代まで。決して言葉がわからなくとも、展示品を見ているだけで当時の様子が伺えます。

東ヨーロッパ最大級のティポヴァ岩窟修道院

instagram-image

nambunotabi

10~12世紀頃に作られたとされる岩窟の中にある貴重な修道院です。とても広く東ヨーロッパで最大級といわれるほど。当時は教会の他にも多くの部屋もあり大変賑わいを見せていました。

旧ソ連時代は閉鎖されていたこの修道院、1994年に再開され今に至ります。

モルドバはワインの宝庫!観光にはワイナリーもおすすめ

フランスやイタリア産のワインが有名ですが、モルドバもれっきとしたワインの産地。この地ではなんと紀元前3000年にはワインが作られていました。
モルドバのワインは、ヨーロッパ王室にも愛飲されているほど。ワインの本場、モルドバのワイナリーを見学してみませんか。

ミレスチ・ミーチ・ワイナリー

instagram-image

yamingdachuan

ギネスにも指定されているミレスチ・ミーチ・ワイナリー。ワイン好きな方はご存知かもしれませんが、ワイン保有が150万本と世界最大ともいわれる地下ワイン貯蔵庫です。
ワイナリー入り口から、ワインの泉といわれるモニュメントが一層テンションあがります。

地下貯蔵庫は見学可能ですが、そこはまるで迷路のようで年代物の貴重なワインも保管されています。
かつては英国王室御用達だったこのワイナリーは、白ワインが有名なので試飲でも白ワインを楽しんでください。

クリコバ・ワイナリー

instagram-image

yuyukon621

このワイナリーはモルドバの国営として誕生しました。ワインが有名なモルドバは、その製法を生かし初めてシャンパンを製造したのがこのワイナリーです。巨大な地下貯蔵庫はなんと120㎞。想像を絶する広さです。

ミレスチとは違い、クリコバは赤ワインが有名となっています。
ワイナリーツアーも開催されているので、こちらはツアーで行くことをおすすめします。

プルカリ・ワイナリー

instagram-image

elurednic

現在も英国王室が贈答品として利用しているワイナリーです。歴史は古く1878年にはパリ万博で金賞を受賞したワインが2006年まで作られていました。
現在も不動の人気で多くのファンが世界中にいます。今は宿泊施設も兼ねており、ワイン樽のユニークな客室が話題に。

ワイン好きな方は、ここでゆっくり宿泊もおすすめです。

まとめ

instagram-image

megumi221b

日本ではまだマイナーともいえるモルドバですが、国民性もとっても親しみやすく行けばモルドバのトリコになります。またモルドバのワインは、日本での流通はまだまだです。せっかくモルドバに行ったなら、ワイナリーの観光は外せません。ヨーロッパを魅了しているワインを堪能ください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/