美しい海に囲まれたバヌアツの観光名所4選!おすすめスポットをご紹介

日本からバヌアツへの直行便は出ていないので、ニューカレドニアのヌメア国際空港で乗り継がなくてはなりません。日本からニューカレドニアまでは約8時間30分、ニューカレドニアからバヌアツまでは約1時間30分です。乗り継ぎ時間等を含めると到着までには19時間ほどかかります。

バヌアツの観光名所4選

instagram-image

vanuatu_channel

バヌアツは南太平洋のシェパード諸島にある島国で83の島々からなり、首都はエファテ島のポートビラです。熱帯雨林気候に属していて、ポートビラでは冬でも最高気温が25度に達します。

バヌアツには元々メラネシア人が暮らしていましたが1700年頃からヨーロッパ人の入植が始まり、原住民はオーストラリアなどの農園に強制連行されるようになりました。1906年にはイギリスとフランスの共同統治領となりメラネシア人は市民権を失いました。

第二次世界大戦中、アメリカ軍にバヌアツのサント島が占領されたことをきっかけにしてナショナリズム運動が始まり1980年にようやく独立を果たしています。長い植民地時代を経験したバヌアツでは美しい海と豊かな自然を楽しむことができます。観光客がよく訪れるスポットを4つご紹介します。

・ヤスール火山
・ブルーホール
・ミレニアムケーブ
・シャンパンビーチ

それぞれのスポットについて詳しく見ていきましょう。

バヌアツのおすすめ観光スポット①ヤスール火山

instagram-image

fivestarclub_official

ヤスール火山はタンナ島にある、世界一火口に近づける火山です。火山に行くためにはツアーに参加しなければなりませんが、事前予約はなく当日受付で手続きを済ませるだけなので特別意識しなくても良いでしょう。ツアーは1日に日の出・日中・日の入りの3回行われています。

ツアーではお祈りの儀式を見た後に車で山頂まで向かい、車を降りた後10分ほど歩くと火口に到着します。噴火の様子を間近で見ることができますがガイドに言われた距離以上に近づくのは非常に危険なので気を付けましょう。

タンナ島には火山以外にもバンヤンツリーを見ることをお勧めします。バンヤンツリーとはインドから東南アジアに広く分布している樹木で、枝から伸びる気根が特徴的です。気根は地面につくと太く成長して幹のようになるので1本の木でも何本も集まっているように見え、ロッジがついているため上まで登ることも可能です。

バヌアツのおすすめ観光スポット

②ブルーホール

instagram-image

_rihoribon

ブルーホールとは洞窟や鍾乳洞だった場所が海中に水没して穴が開いているように見える地形のことをいい、エスピリトゥサント島には6つのブルーホールが確認されています。

・スランダ
・ジャブリ―
・リリ
・マテブル
・ジャッキーズ
・ブルーラグーン

透き通るような青さが特徴ですが、青く見えるのはバヌアツのブルーホールが湧き水でできており、大地に青い宝石ラピスラズリの成分が含まれているためです。

それぞれの池には伝説が残されていて、スランダブルーホールでは海岸近くに住んでいた老婆が新月になるといなくなることを不審に思った村人が、老婆を魔女だと考え家を焼き払ってしまいました。住む家がなくなったことを悲しんだ老婆は海蛇となり海と家があった場所を行き来するようになります。

家があった場所というのが現在のスランダブルーホールで、ここで海蛇を見た人は命を落とすと言われています。

バヌアツのおすすめ観光スポット③ミレニアムケーブ

instagram-image

seetheworld_sc

ミレニアムケーブはサント島で2000年頃に発見された全長3kmほどの洞窟です。ツアーに参加すると川に浸かりながら洞窟の中を歩いたり崖を登ったりします。道のりは険しいですがかなり達成感を感じることができるでしょう。長時間水に浸かるため防寒対策が必要です。

バヌアツのおすすめ観光スポット④シャンパンビーチ

instagram-image

qoota_head_for_resort

シャンパンビーチは南太平洋で一番美しいと言われているビーチでサント島にあります。名前の由来は海の中から泡が出ているためという説や上空から見たときにシャンパングラスのような曲線のあるビーチだからという説があります。

白い砂浜や青く透き通った海が広がっていて、シュノーケリングではカラフルな魚を見ることができます。現地の人はあまり訪れないので貸し切り状態できれいなビーチを楽しめるでしょう。近くには売店があるので便利です。

バヌアツ観光のまとめ

instagram-image

gz.tomoya

バヌアツは治安が良い国だと言われていますが、首都のポートビラではひったくりや空き巣が増加傾向にあります。また、性犯罪も増えているので露出度の高い服を着ることは控えて夜に女性一人で歩くのは避けましょう。

美しい自然を堪能できるバヌアツですが、海抜が低いため地球温暖化の影響を多大に受けると言われています。このままいくと2050年までに海面が20cm上昇して国土のほとんどが水没する可能性があるのです。近年ではサイクロンが起きるたびに集落まで海水が入るようになっていて、この世の楽園と言われるバヌアツがこれ以上温暖化の被害に遭わないよう対応が急がれます。

現地を訪れてバヌアツの魅力を感じながら自分にできることを考えてみるというのはいかがでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/