南仏の港町!はじめてのマルセイユ観光おすすめスポット

南仏にあるマルセイユ。フランス最大の港町のこの街は、映画「TAXI」の舞台ともなっていました。フランスと言えばパリやニース、モンサンミッシェルなどが観光地として有名ですが、マルセイユはなんだか活気あふれる現地の生活が垣間見えます。そんなマルセイユ観光が気になったらぜひ一読してみて下さいね。

 

観光の前に!マルセイユってどんなとこ?

instagram-image

pilicaphotography

フランスのプロヴァンス地域の港湾都市のマルセイユ。人口は、パリ、リヨンに続き3番目。商業都市として発展しており、人口は約85万人です。名物料理にはブイヤベースなどがあります。他にもオマール海老などの魚介類の盛り合わせはぜひ味わいたい一品です。

 

マルセイユの気候は?

地中海性気候のマルセイユ。温暖で降水量が少ないのが特徴です。夏は、最高気温は30度前後。日差しが強く乾燥しています。夏の観光の際は日差し対策をしておくといいでしょう。冬は平均気温が約11度でフランスの中では温暖な気候と言えます。

 

マルセイユ観光!おさえておきたいスポットは?

ここからはマルセイユ観光の名所をご紹介していきます。

 

旧港

マルセイユの旧港はフランス最古の歴史ある港です。ヨットや遊覧船などが停泊していて趣のある景色です。近くにはカフェやレストランなどがあるので、新鮮な魚料理やブイヤベースを味わえます。また他にもこの旧港の近くには、マルセイユの観光スポットが密集しているので、コンパクトに観光ができますよ。

旧港にはサン・ジャン要塞もあります。ルイ14世によって建てられたこの要塞は、中世の趣を感じられるスポットです。

 

ノートル ダムドラガルド寺院

instagram-image

mandarin_org

マルセイユの丘の上に建つノートルダムドラガルド寺院。マルセイユの街が見渡せるこの寺院はビザンチン様式の聖堂で、尖塔には金色の聖母像が建っています。

 

マルセイユ大聖堂

instagram-image

tv5mondeapac

フランスでも最大規模の大聖堂。マルセイユの青い空と青い海に映え、現地の方にも人気の大聖堂です。

 

イフ城塞

instagram-image

chateauif

アレクサンドル・デュマの小説、モンテクリスト伯の「岩窟王」の舞台となったマルセイユのイフ城壁。要塞として建てられたお城なので、寂しい雰囲気がまた情緒がありますね。

 

カランク

instagram-image

villa_montrose

カランクとは、独特の地形で深く入り組んだ入り江のこと。マルセイユからの海岸線はこのカランクとなっていて、断崖絶壁と澄んだ海の色がまさに絶景です。このカランク周辺は国立公園となっていて、多くの観光客が訪れる観光名所となっています。旧港からボートツアーがおすすめですよ。

 

マルセイユ旧港の大観覧車

instagram-image

tabichajikan

旧港にある大観覧車。日本の観覧車とはちょっと違った、ゴンドラ式ではなく手すりがついているだけなのでちょっと不安定な観覧車です。高い場所からのマルセイユもフォトジェニックですよ。夜の夜景時もおすすめです。

 

ボレリー公園

instagram-image

kakudaisuke

ボレリー公園は、フランスでも最大規模の公園。ジョギングをする人やスポーツをする人、現地の方にも観光客にも人気の公園です。公園内には、植物園や競馬場もあり巨大な憩いの場です。

 

ポワント・ルージュ

instagram-image

villarose13

マルセイユは港町ですが、ビーチもあります。このポワント・ルージュはマルセイユ最大のビーチです。夏は海水浴やマリンスポーツをする人で賑わっています。美しい海を前に日光浴を楽しむ旅行も素敵ですね。

 

フリウル島

マルセイユ旧港か船で行けるところにはフリウル島もあります。イフ島とフリウル島の2つの島は対照的な印象で、フリウル島は最後の楽園と呼ばれ、自然をそのまま残している島です。観光地としてはあまり知られていませんが、美味しいレストランなど多くあるので、マルセイユに行くなら絶対に寄りたい島です。

 

マルセイユ観光の有名なお土産といえば?

マルセイユ観光に行ったらお土産も忘れてはいけませんね。買って帰りたいお土産を挙げてみましょう。

 

マルセイユ石鹸

マルセイユと言えば石鹸!と言われるほど有名なマルセイユ石鹸。本物のマルセイユ石鹸とは、ルイ14世が定めた厳しい基準をクリアしているもののことを言います。本物のマルセイユ石鹸には、「72%」という刻印があります。100%天然の素材で作られているこのマルセイユ石鹸にもいろいろなブランドがあるので、お店を覗いてみるのも楽しいですよ。

 

ワイン

instagram-image

be.organic

フランスと言えばワインですが、プロヴァンス地方でも多くのワイン産地が存在します。レストランで味わうワインもそうですが、日本に比べてその価格は非常に安いです。持ち帰れる数に限りはありますが、お気に入りのワインを見つけてお土産にしましょう。

 

プロヴァンス陶器

instagram-image

bleulunettes

マルセイユ陶器やプロヴァンス陶器と言われる陶器もお土産におすすめです。日本にはないデザインや変わった形のものも多いので、飾っているだけで可愛いですよ。

 

まとめ

さてここまでマルセイユ観光についてご紹介してきましたがいかがでしょうか。南仏の中でも観光地としてはあまり知られていないマルセイユですが、食べ物から要塞まで面白いものが盛りだくさんです。ぜひマルセイユも次回の旅行先に加えてみてはいかがでしょうか。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/