オスロ観光では美術館や博物館がおすすめ!観光名所5選をご紹介!

日本からオスロへの直行便はないためヨーロッパで乗り継ぐ必要があります。どの航空会社を使うかによってフライト時間や経由地は異なり、フィンランド航空を利用した場合はヘルシンキまで約10時間、オスロまで約1時間30分かかります。

スカンジナビア航空を利用した場合はコペンハーゲンまで約11時間、オスロまで約1時間かかります。利用しやすい空港や航空会社を選ぶと良いでしょう。

オスロの観光名所5選

instagram-image

chocolate_valentines_

オスロはノルウェーの首都で物価が高い都市の一つとして知られています。大陸性混合樹林気候に属しており7月の日平均気温は17.7度、1月の日平均気温は-2.9度となっています。

オスロには博物館や美術館が多く存在しています。有名な観光名所を5つピックアップしてご紹介します。

・ムンク美術館
・ノルウェー海洋博物館
・オスロ大聖堂
・ノーベル平和センター
・フラム号博物館

それぞれのスポットについて詳しく見ていきましょう。

オスロのおすすめ観光スポット①ムンク美術館

instagram-image

trav_maker

ムンク美術館は「叫び」が有名なエドヴァルド・ムンクの作品が展示されている美術館です。ムンクは1863年にノルウェーで誕生し、幼い頃に母や姉を亡くした経験から死への不安を作品に描くようになりました。家族の病気や死の影響でムンクは精神が不安定になり一時は入院をしています。

入院前に描いた主な作品は「叫び」、「思春期」、「マドンナ」のように不安や絶望を感じさせるものが多いですが退院後には明るい雰囲気の作品も描くようになりました。ムンクは80歳で亡くなり、自身で所有していた作品の多くはオスロ市へ遺贈されました。

美術館はムンクの生誕100周年を記念して1963年に開館しています。オスロ市に遺贈された作品や版画作品など2万点近くが所蔵されておりパフォーマンスアートの上演施設もあります。美術館はフィヨルドへの移転が決定していて新しいムンク美術館は2020年にオープンする予定となっています。

オスロのおすすめ観光スポット②ノルウェー海洋博物館

instagram-image

leolee_tw

ノルウェー海洋博物館は1914年に設立されたもので、海洋大国であるノルウェーの海での活動が紹介されています。帆船や客船などがタイプ別、時代別に展示されているので言葉が分からなくても時代ごとの変化を理解することができます。

模型や実物のボートを見ることができ、目玉は200年前に作られたとされる本物のオーク製の木造ボートです。

オスロのおすすめ観光スポット③オスロ大聖堂

オスロ大聖堂は1694~1697年にかけて建設された救世主教会で、現在は政府が主要行事を行う際に利用されています。初代の大聖堂は12世紀にシグル1世が建設しましたが1624年の火災により移転が決まり元の大聖堂は消滅しました。

2代目は1639年に建設されたもののわずか50年後には現在の大聖堂である3代目が建てられています。エマニュエル・ヴィーゲランが手がけたステンドグラスや6000本のパイプが立つパイプオルガンが有名で、他にもヒューゴ・モールの手がけた大天井画やミカエル・ラッシュが制作した、最後の晩餐をモチーフにした祭壇飾りなど見どころがたくさんあります。

外観が落ち着いている分、内部の豪華さが引き立っています。

オスロのおすすめ観光スポット④ノーベル平和センター

instagram-image

yumenononooo

ノーベル賞のうちノーベル平和賞だけはノルウェー政府が授与主体で、授賞式はオスロの市庁舎で行われています。ノーベル平和センターは市庁舎のすぐ裏にあり歴代の受賞者の顔写真や受賞理由が展示されています。

センター内のショップでは受賞者のポストカードなどさまざまなお土産が売られているので覗いてみましょう。また、カフェがあるため休憩することもできます。

オスロのおすすめ観光スポット⑤フラム号博物館

instagram-image

awesome__88

フラム号物館では、1892年にノルウェーの探検家フリチョフ・ナンセンのために建造された極地探検船のフラム号が展示されています。全長39mの船は氷の圧力に耐えられるよう船底が丸くなっていてナンセンの北極遠征やスヴェンドラップの海流調査、アムンゼンの南極探検などに使われてきました。

北極遠征時には3年もの期間氷に閉じ込められていましたが、氷の上に浮き上がる設計となっていたため無事に脱出することができました。1914年ノルウェーに戻ってきた後に修復され博物館に展示されていて、船以外にも海洋汚染に関する展示があります。館内にはショップもあるのでフラム号に関係するお土産を買うことができます。

ノルウェー海洋博物館の近くにあるため合わせて観光するとより海についての理解が深まるでしょう。

オスロ観光は芸術に触れられる

instagram-image

vactorian

オスロは美術館や博物館を中心にさまざまな観光名所があります。治安は良いので人通りの少ない道を避け、夜に出歩かないなど最低限のことに気を付ければ危険な目に逢うことはないでしょう。

ただしアーケル川の東側は川の西側ほど治安が良くないとされているので、注意しながらノルウェーの首都の旅を満喫してくださいね。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/