2019年版|インド・デリー のおすすめ観光スポット8選

長い歴史の中でデリーは、インドの中心的役割をしてきました。
インダス文明に始まり小国分裂をしながら、民族・文化・宗教など様々なものが混ざりあい、現在のインドの多種多様な民族が暮らす基礎となっています。

そんな歴史あるインドの中でも、特に首都のデリーは観光の拠点にもなり、たくさんの観光スポットがあります。
この記事ではインド・デリーのおすすめの観光スポットをお伝えします。

インド・デリーのおすすめ観光スポット

インドは仏教の開祖のブッタが生まれた国でもありますが、様々な神様を取り入れたヒンズー教が最も信仰されています。バラモン教に始まり、仏教、ヒンズー教、イスラム教など様々な宗教が時代により台頭していき、現在の主な観光スポットを形成していきました。

またインドといえば人口が世界第二位で、これから中国を抜かす勢いで経済発展が期待されている国でもあります。それだけに首都のデリーには若者が多く、エネルギーに満ち溢れています。

そして多民族国家で様々な宗教・言葉が飛び交いますが、それでも何もかも受け入れる魅力がインドにはあります。

ヒンズー教からイスラム教へ!時代の代わりを告げるクトゥブ・ミナール

instagram-image

yossy_sdgs

クトゥブ・ミナールは1200年頃、奴隷王朝時代建造された世界で最も高いミナレットといわれています。
ミナレットとは宗教儀式の呼びかけ、イスラム教でいうアザーンなどが流される場所のことになります。

奴隷王朝になるとヒンズー教が追いやられれ、イスラム教勢力が強くなり、後にムガル帝国として栄えることになります。

タージマハルのモデルになったフマーユーン廟

instagram-image

retrip_global

フマーユーン廟は、ムガル帝国時代の第2代皇帝フマーユーンの墓標になります。
ムガル帝国時代のインドはイスラム勢力が台頭していて、フマーユーンの王妃は信仰心の強いイスラム教徒でした。

フマーユーンの死後、王妃は彼の墓標を建設することを命令します。
赤砂岩と大理石を使用してイスラム様式とペルシャ様式を取り込んだフマーユーン廟は、その後に建てられるタージマハルに大きな影響を与えることになりました。

ムガル帝国時代の城レッドフォート

赤い砂石で建造されたことで城全体が赤く見えるレッドフォートは、デリーでも人気の観光地になります。
ここはムガル帝国時代の第5代皇帝「シャー・ジャハーン」が都をアーグラから移す際に、デリーに建造された居城になります。

レッドフォートに隣接してサリームガル城とともに「赤い城の建造物群」として世界遺産にも登録されています。

インドの観光スポットといえばタージマハル

instagram-image

ana.japan

タージマハルはインドデリーの郊外になりますが、インドでも一番有名な観光スポットといってもいいでしょう。
こちらはムガル帝国第5代皇帝「シャー・ジャハーン」の墓標、そうあのレッドフォードを住んでいた皇帝のものなのです。

タージマハルはジャージャハーンが1631年し死去して、1632に着工、完成したのは1653年になります。
フマーユーン廟の影響が大きく、モスクのようなドーム型になっています。

ジャーマーマスジッド(マスジデ・ジャハーン・ヌマー)

instagram-image

momota_blog

世界を見渡せるほど大きなモスクと意味のジャーマーマスジッド、インドで最大級のモスクになります。
こちらもムガル帝国時代の第5代皇帝「シャー・ジャハーン」に命令によって建設が開始されたモスクです。

インドはヒンズー教を信仰する人が多いですが、長い歴史の中でイスラム、仏教など影響を強く受けているのが見どころです。

幻想的なロータステンプル

instagram-image

globalwifi_official

蓮の花をイメージした「ロータステンプル」は、バハーイー教の礼拝堂になります。
イランで発症した宗教であり、日本にも支部があります。

特徴は9つ蓮の花びらが鮮やで、夜になるとライトアップされてとても幻想的になります。
インドデリーにはこのように様々な宗教施設があり、すべてを受け入れているのがわかります。

世界最大のヒンズー教寺院スワミナラヤン アクシャルダム

instagram-image

ryuni180524

アクシャルダムには「最高神の住まい」とういう意味があり、世界最大のヒンズー教寺院としてギネス認定されています。

特徴は砂岩と大理石が使われ建設されたといわれる寺院で、細かなリリーフなどが施されていてとても鮮やかです。

カオスを味わいたいならチャンドニー・チョーク

instagram-image

toshiya_komatsu

インドのイメージといえば、混沌としたマーケットではないでしょうか。車・バイク・犬・豚・猿などすべてがごちゃまぜになっているストリートを体験したいなら、チャンドニー・チョークに足を運ぶのがおすすめです。

デリーの中でも一二を争う活気のあるストリート、インドらしさを感じることができるでしょう。

まとめ

今回は、インド・デリーのおすすめ観光スポットをご紹介しました。
日本とは全く違うデリーは、ただ街を散策するだけでも様々な文化の違いを感じることができて楽しいです。

特にデリーにはたくさんの観光スポットがあるので、時間があれば是非とも色んな場所に訪れてみましょう。
タージマハルはデリーから少し遠いですが、是非とも訪れたいインドの代表する観光スポットです。

インドの魅力は一言では語れませんが、きっと後悔しない旅を楽しむことができることはできるでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/