街全体が博物館といわれるトレドの観光は歴史好きにはたまらない場所

さまざまな宗教が融合した古都トレドは、スペインに来たら外せない観光地です。街全体が博物館といわれるトレドには魅力満載。

首都マドリードからも日帰りで行けるため、アクセスもよく多くの観光客で賑わっています。

この記事ではトレドで必ず行ってもらいたい観光スポットを7選ご用意。トレド観光の参考にしてください。

世界遺産になっている古都トレドの観光は歴史を存分に味わおう

世界遺産とだけあって、トレドの街並みはタイムスリップしたかのように歴史を感じることができます。トレドでは歴史文化を十分堪能してください。

スペインカトリックの総本山:トレド大聖堂

instagram-image

rinco1023

大聖堂と呼ぶに相応しいトレド大聖堂。その巨大な教会は見る人を魅了するほど迫力があります。正式には「サンタ・マリア・デ・トレド大聖堂」という名称。建築までにかかった時間は約270年と長きにわたって作り上げられた大聖堂は、美術館にも匹敵するほど貴重な品々が展示してあります。

内部は見学が可能で、高い天井に驚かされます。またステンドグラスもふんだんに使われているため日光の光を浴びてとても綺麗です。主祭壇は近づけないよう柵がしてありますが、新約聖書が描かれており、策越しに見ることができます。

パイプオルガンや彫刻など、どれ一つとっても規模が違うため、いかに偉大な教会であったか肌で感じることもできます。

トレド大聖堂は主祭壇だけではなく、さまざまな部屋も見学できるため見ごたえは抜群。印象が強く残る教会です。

美しい廻廊は見ごたえあり:サンフアンデロスレイエス修道院 

instagram-image

katura.aliyah

トレド大聖堂とは違う堂々な建築のサンフアンデロスレイエス修道院は、教会も兼ねた修道院となっています。ポルトガルとの戦争に勝利した記念として1476年建立。アラブチックな装飾が目立つのもこの修道院の特徴です。

いちばんの目玉は美しい廻廊。綺麗に整頓されたアーチには、レースを思わすような装飾がされているのでぜひ見てください。また1階と2階では違う雰囲気が味わえる廻廊なので、そちらもおすすめです。

エル・グレコの最高傑作がみれる:サント・トメ教会

instagram-image

okuda_takuji

絵画好きにはぜひ行ってもらいたいのが、サント・トメ教会です。有名画家エル・グレコの最高傑作でもある「オルガス伯の埋葬」が展示してある貴重な教会。厳重警戒のもと、写真撮影も禁止されています。とても大きな絵画で迫力満点、かつここでしか見れない貴重な絵画となっています。

教会の規模はさほど大きくありませんが、エル・グレコの絵画目当てで多くの観光客で賑わっています。

ユダヤ人の悲劇の舞台:サンタマリア・ラ・ブランカ教会

instagram-image

yukina_87

ユダヤ人街区にあるサンタマリア・ラ・ブランカ教会。ここはかつてシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)でした。200年以上もユダヤ教の礼拝堂として使われていましたが、反ユダヤ人の反乱のもと、カトリック教会として生まれ変わり、現在の名称が付けられました。

内部は白を基調とした美しいアーチと八角柱が特徴的。かつてこの地にはユダヤ人を始め、イスラム教徒も居住を構えていました。その影響から、この教会はイスラム教徒によって建築されたこともあり、独特な雰囲気があります。このような建築は、異教徒が暮らしていたトレドならではです。

ユダヤ人は一時期追い出された悲しい過去もあるこの地区での教会は、とても深い意味を持っています。

異文化が融合:トランシト教会

instagram-image

katura.aliyah

こちらはれっきとしたユダヤ教の礼拝堂です。もともとは宮殿の一部として存在していたトランシト教会ですが、現在は宮殿を見ることはできず教会だけが残っています。

保存状態がいいトランシト教会には、異文化を感じることができます。アラビア語やヘブライ語の装飾があるので探してみてください。

トランシト教会は、教会のみならず博物館も併設されています。そのため見ごたえ満載。

教会というとどうしてもカトリックを思い浮かべますが、貴重なシナゴーグでユダヤ教の歴史を知るのも大切ですね。

またお隣は、有名なエル・グレコ美術館です。トランシト教会とセットで回ると効率がよくおすすめです。

四面が異なった様式で作られている:アルカサル

instagram-image

nerinemilleflore

まるでお城のような佇まいのアルカサルは、要塞として使われていました。アルカサルの歴史は古く3世紀に遡ります。もとは宮殿として利用、その後、塞へ変わり現在は16世紀に皇帝の邸宅として改築されました。そのため、長方形の形ながら、それぞれ違った様式で建築されている面白い建物です。

近代に入り、士官学校へ生まれ変わりました。現在は軍事博物館として開放しています。スペインで起こった戦争や内戦の展示物があり、歴史を知る上でも貴重な資料です。館内は広いので、時間をたっぷり取るのがおすすめ。

アルカサルはトレド中心部の小高い丘にあるため、どこからでも建物を確認することができます。

まとめ

さまざまな教徒が住んでいたトレドは、スペインだけではなく異文化も一緒に味わえる興味深い都市です。マドリードから日帰りで行けますが、せっかくの世界遺産です。1泊してゆっくり散策するのがベスト。

今回ご紹介していない中にも、おすすめスポットはたくさんあるので、ぜひトレドの街を堪能してください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/