ボリビアの観光名所5選!おすすめのスポットをご紹介!

日本からボリビアへの直行便は出ていないため、乗り継ぎは最低でも2回必要になります。まずは日本からアメリカの空港へ行き、そこから次にマイアミへ向かいようやくボリビアのラパスへ飛ぶ飛行機に乗ることができます。

他の行き方としてはアメリカの空港で乗り継いでブラジルのリマへ行きラパスへ向かうという方法もあります。

ボリビアの観光名所5選

ボリビアは南アメリカに位置する国で首都はスクレです。豊かな天然資源を有していますが貧しい国であり、黄金の玉座に座る乞食と形容されています。有名な観光地にはウユニ塩湖があり、他にも遺跡やアマゾンなど見どころが多くある国です。主な名所を5つご紹介します。

・ウユニ塩湖
・サマイパタの砦
・チチカカ湖
・チキトスのイエズス会伝道所群
・ポトシ市街

それぞれのスポットについて詳しく見ていきましょう。

ボリビアのおすすめ観光スポット①ウユニ塩湖

ウユニ塩湖はボリビア西部のウユニという都市にあり、標高3700mの地点に岐阜県ほどの大きさの塩の湖が広がっています。アンデス山脈が海底から隆起した際、海水が山上に残ったことで塩湖が形成したと言われています。

ウユニ塩湖は平らで雨が降っても流れることなく大地に水を張るため、空が湖面に映し出され鏡のように見える絶景が生まれるのです。鏡のような景色を見ることができるのは11~3月にかけての雨季です。乾季には水が干上がって塩の結晶が現れるので真っ白な景色を楽しむことができます。

近くには塩で作られたホテルがあるため、ウユニ塩湖に長く滞在したい場合には宿泊することをおすすめします。

ボリビアのおすすめ観光スポット②サマイパタの砦

instagram-image

kz.photo.travel

サマイパタの砦は中西部にある古代文明の遺跡で、1998年に世界遺産に登録されました。オリエンタル山脈の標高1950m地点に築かれている集落で山頂にあるため眺めの良い場所として知られています。

集落が作られたのは紀元前300年頃だと考えられていて、14世紀にはインカ帝国支配の元で発展を遂げましたがどのような民族が作ったのかなど詳しいことはわかっていません。

サマイパタの砦は主に2つの遺跡からできています。一つ目は宗教的な儀式が行われていたと見られている丘で、人間や動物の彫刻が施されている大きな一枚岩画特徴的です。二つ目は神殿跡や居住地が並ぶ政治と居住区の区域です。

監視塔や軍事訓練施設跡が残されていますが未だにわからないことも多く残されている不思議な場所と言えます。

ボリビアのおすすめ観光スポット③チチカカ湖

instagram-image

takuya.shakehands

チチカカ湖はペルーからボリビアにかけて広がる湖で、湖の中央は標高が3800mもあります。大きさは琵琶湖の10倍以上ありますがボリビア領の湖面は全体の40%です。湖にはいくつかある島のうち、太陽の島は初代インカ帝国の皇帝と妹が降り立ち旅を始めたという伝説が残されているため現在でも神聖な場所として扱われています。

また、ウロス島という人工の浮島が有名で、ウロス族という民族がトトスと呼ばれている葦を使って建物や島を作り生活しています。島には民宿があるので観光客は宿泊することができます。他にもタキーレ島には鮮やかな伝統衣装を身にまとったケチュア族が住んでいて織物を得意としています。

それぞれの島で独自の文化を築き上げているので色々な島を巡ると楽しいでしょう。

ボリビアのおすすめ観光スポット④チキトスのイエズス会伝道所群

チキトスのイエズス会伝道所群はサン・フランシスコ・ハビエル・コンセプシオン・サンタ・アナ・サン・ミゲル・サン・ラファエル・サン・ホセの6つの伝道所が1990年に世界遺産に登録されています。スペインの植民地時代に現地の人をキリスト教へ改宗させるために作られた施設で、教会や学校などもあります。

サンラファエル教会はキリスト教とボリビアの先住民族の文化が混ざっている建物で、1767年にスペインの王カルロス3世がイエズス会宣教師を追放した後も先住民族に大切にされてきました。改宗のための施設ではありますが元々の文化が消えたわけではなく、うまく混ざり合って現在に残っているのです。

ボリビアのおすすめ観光スポット⑤ポトシ市街

instagram-image

boliviahop

ポトシ市街は1987年に登録された世界遺産です。1545年に先住民族が銀の鉱脈を発見したことをきっかけに植民地として支配していたスペイン人が銀を求めて集まり、一時は人口が20万人近くにもなりました。採掘には先住民族や黒人奴隷が連れてこられて多くの人が犠牲となった過去があります。

銀が枯渇したため人々はポトシを去り、現在は古い町並みが残されているだけです。

ボリビア観光はスリに気を付けて

instagram-image

borivia.no.sekai

ボリビアは標高の高い地域ほど貧困層が多いという特徴があります。そのため、標高が高い場所を訪れる際には十分注意しましょう。特にスリには気を付ける必要があり、カメラやお財布を安易に取り出すのはお金を持っているのをアピールすることになるためやめた方が良いと言えます。

スリには気を付けて世界遺産を中心とした観光地巡りを楽しみましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/