世界遺産の街!ストラスブールのおすすめ観光スポットを知ろう

フランスのアルザス地方にあるストラスブールという街。フランス旅行の中ではあまり知られていないこの街ですが、実は現地でも人気の観光地です。アルザス地方はドイツとの国境に近いので、ドイツとフランスの文化が融合したものが多く見られるとても興味深い街です。さて、そんなストラスブールに興味を持ったら、ぜひ観光地やグルメ情報などを一度チェックしてみて下さいね。本当に美しい街並みのストラスブールはもう一度訪れたくなる街です。

 

観光したい!ストラスブールの基本情報

アルザス地方の中心都市のストラスブールは、独特の建築文化などの美しい街並みは、1988年にユネスコ世界遺産に旧市街(グランド・イル)が登録されています。また、パリからTGVで2時間20分と交通の便もよくなり、ますます観光地としても発展しています。他にもヨーロッパの行政機関などが集まる国際的な街でもあり、近代都市としての一面もあります。

 

ストラスブールの天候

ストラスブールの天候は、夏は穏やかな暑さ、冬は厳しい寒さとなります。夏は最高気温が26度程度と過ごしやすいので避暑地としても快適な街です。冬は最低気温が約マイナス1度と寒くなります。また、寒い時期も長いので防寒対策をしっかりとして出かけるといいでしょう。ただし、建物の中は暖かい場所が多いので、クリスマスシーズンでも十分に楽しめますよ。

 

ストラスブールの観光イベント

ストラスブールで最も有名なイベントは、クリスマスマーケット。クリスマスマーケットはドイツが有名ですが、さすがは国境の地域のアルザス地方。フランスの中でも最大のクリスマスマーケットは寒くても訪れる価値があります。辺りのイルミネーションと街並みは幻想的な喧噪を生み出しています。他にもクリスマスの音楽が流れたり、現地のクリスマスを肌で感じることができる厳かな旅行になるでしょう。

 

はじめてのストラスブール観光スポット

それでは、ストラスブールの主な観光名所をみていきましょう。街歩きだけでも様になる街、ストラスブール。フォトジェニックな場所がたくさんありますよ。

 

プティット・フランス

instagram-image

japanese.secret.service

ストラスブールの小さなベニスとも言われるプティット・フランス。旧市街の中にあり、運河があるこの地域は、本当に絵葉書の中から飛び出してきたような風景が広がっています。木組み建築の家が有名です。

 

グランド・イル

instagram-image

yukichan_pf0302

旧市街(グランド・イル)は全体が世界遺産に登録されています。この旧市街の中には4つの古い教会や大聖堂美術館、ロアン宮があり歴史とその荘厳さに驚くでしょう。旧市街ごと世界遺産に登録されたのは、このストラスブールが初めてです。

 

ブログリ広場

instagram-image

momablast

クリスマスマーケットで有名なブログリ広場。東西に伸びる広場では、クリスマスマーケット以外にも、マーケットが行われていたり、市民の大事な広場となっています。近くにはオペラ座や市庁舎などもあるので、街歩きの際にはぜひ通ってみて下さいね。

 

ノートルダム大聖堂

instagram-image

la_fleur.fr

旧市街(グラン・イル)の中でも、最も有名とも言える見どころはこのノートルダム大聖堂。全長146mの高さを誇る大聖堂は、世界で6番目に高い教会です。特徴的な外壁に天文時計、ステンドグラスなどみどころもたくさん。堂々としたたたずまいはまさに圧巻です。

 

アルザス地方博物館

instagram-image

piejkomaciej

ドイツの影響を強く受けて独自の文化を確立したアルザス地方。この博物館ではアルザス地方の伝統的な生活を紹介しているので、この地方を知る大事なスポットと言えるでしょう。

 

ストラスブール観光で味わいたいグルメ

独自の文化が面白いアルザス地方。そんなストラスブールでは、グルメも特徴的で、味わってみたいものがたくさんありますよ。そしてどれも日本人の口に合いやすいのでぜひ挑戦して下さいね。

 

シュークルート

シュークルートとは、キャベツを自然発酵させて白ワインと香辛料などをあわせたものです。付け合わせにはジャガイモやソーセージ、ベーコンの塊と一緒に頂きます。アルザス地方のワインやビールと合う一品で、多くのレストランにあるメニューです。

 

フラムクーシュ

instagram-image

m.n.o.g.u

フランス語でタルト・フランベとも言われるこの料理。見た目はピザのような感じですが、ピザよりも生地は薄く軽いのが特徴です。ベーコンに玉ねぎにチーズが定番のトッピングです。メインでも前菜としても頂けます。

 

ベッコフ

ベッコフとは、ワインで長時間煮込む、煮込み料理のことです。羊肉や豚肉、牛肉にセロリや人参などが入っています。昔、ベッコフという陶器にいれて、パン屋の窯に放置しておいてできたことが始まりとされています。寒い時期には熱々の料理が嬉しいですね。

 

パンデピス

instagram-image

pansta_takako

パンデピスは香辛料をつかったパンのこと。クリスマスマーケットでもよく見られるケーキやクッキーです。日持ちがするのでお土産にも可愛いものが多いですよ。

 

まとめ

さてここまでストラスブール観光についてご紹介してきましたがいかがでしょうか。アルザス地方の中心のこの街は、美しい街並みが忘れられないものになるでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/